大正モダンガールと、分水嶺のお別れ【2017隠岐島流れ旅‐16 上下町並み】

 2017-07-20
前編「日本一の天空の駅から銀河鉄道へ


次駅の朝、午前5時30分。

P5064220 (640x480)


GWも後半に差しかかるし、特に観光地でもない三次だったらのホテルも空いてるだろう。
となめてかかっていたら、意外と混んでいて(というかそもそもホテルの件数も少なかったんですが)、かろうじて三次で見つかったホテルはカプセルなのか個室なのかよくわからない新型タイプ。

カプセルというか押入れの中みたいなベッドスペースがあって横に小さなデスクが1つ。広さはベッドスペース合わせて2畳くらい。
完全な個室でもないのですが、遮音カーテンみたいなものがついていて一応プライベートスペースにはなっていますが、女の子と一緒にしけこんでニャンニャン的なことは・・・

・・・まあできなくもないか、そういうスリルが好みなら。。。


ま、とにかくそんな部屋に泊まったのはいいのですが、温度調整ができずに困りました。
室内が暑いんです、これが。

そんなわけで普段から旅行中は「早寝・早起き・朝ごはん」的な僕ですが、この日はひときわちょー早く起きてしまったので、始発の列車でもう一度三江線に乗ってみることにしました。

昨日、宇都井駅から三次まではすっかり日が暮れたあとの乗車で、窓の外も見えなかったこともあり、今日このあと予定している三次発7時40分の福塩線の列車までに戻って来られるよう、三江線で行けるところまで行ってみよう、ということでふらっと降りたのがここ。

P5064239 (640x480)


作木口という、口羽の駅の二つ手前の無人駅。

P5064242 (640x480)


上り列車が来るまでの20分程度の時間、周辺をブラブラしてみようと駅を出るとすぐに江の川を渡る橋があり、僕が乗っていた列車が江津方面に去っていくのが見えました。

P5064247 (640x480)


この日はあいにくの曇り空だったのですが、始発列車だったので乗客も少なく、車窓のVTRも撮れましたので載せておきますね。

[広告] VPS




さて、いったん三次駅に戻り、広島の福山駅と三次駅のすぐ手前にある塩町駅を結ぶ「福塩線」というかなり地味なローカル線に乗車します。
この福塩線、福山から途中の府中までは福山近郊の住宅地を走る通勤通学路線として、そこそこの列車本数もあるのですが、府中からこの三次までは列車の本数もぐぐっと減って、準三江線的な雰囲気の漂う区間。
この7時40分の列車を逃すと、次は午後まで列車はありません。

P5064294 (640x480)


なんでまたそんな地味なところに行くかというと、この町に行ってみたかったから。

P5064300 (640x480)


「白壁のにあうロマンのまち」

いいじゃないか上下町。
大正モダンガール的な装いの白壁マドンナに、平成の暴れん坊のテクニックが通用するかチャレンジしてみたいぞ!


というわけでいきなりじゃじゃーん。

P5064367 (640x480)


おおお、町並みは確かにロマンだけど、大正ふうモダンガールどころか、大正生まれのジジババさえいないじゃないか!!

まだGWなんだけど、雨まじりの午前中じゃ観光客も来ないんですかね。


この町並みの中心でひときわ目立つドーム状の建物が上下町のシンボル『上下キリスト教会』

P5064331 (640x480)

アンガールズの田中くんがこの上下町出身で、このあたりも最近テレビで時々紹介されているので見たことのある方も多いんじゃないでしょうか。


ちょうどこの時期は「天領上下端午の節句まつり」の期間中で、白壁の街並みのいたるところに大きなこいのぼりが飾られています。

P5064327 (640x480)


この上下町は、かつて石見銀山からの銀の集積中継地として栄え、代官所も置かれた幕府直轄の天領で、このあたりの政治経済の中心地だったこともあり、現在でもそのころの威容を偲ばせる土蔵や町屋が並び、また、白壁やなまこ壁、格子窓といった歴史的建物が残されています。


P5064333 (640x480)


これは明治時代の警察署あと。

P5064343 (640x480)


またここは「上下人形」と呼ばれる伝統工芸品が有名で、明治から昭和にかけて「でこ」と呼ばれるひな人形を買うお客で賑わったのだそうです。

P5064341 (640x480)


白壁マロンガール、もといロマンガールを求めて、メインストリートを外れ、さらに奥へ。

P5064362 (640x480)

おおお、これもいい通りだなあ。


旅館福万さんの瓦には、ちゃんと福万さんがいますなあ。

P5064353 (640x480)


この通りの一番奥にあるのが、大正時代に建てられた芝居小屋『翁座』。

P5064356 (640x480)

この上下もそうですが、かつて裕福だった町には立派な芝居小屋が残ってますよね。
ここは現存する木造芝居小屋としては、中国地方唯一のものだそう。普段は外観のみ見学可能で、ひな祭りや端午の節句には中を見ることができるようですが、この日はまだ朝早かったせいか閉まっていました。


誰もいない上下の町並みを歩いていると、突然の激しい雨。
傘も持たずに出てきた僕が、町中の古くて大きな建物の下でいつ止むとも知れない雨の通りすぎるのを待っていると、突然真っ赤な和傘が差し出されます。

見ると、そこには大正モダンガール。

「どちらまで行かれますか?お困りでしたらご一緒しますけど」


ここから先、列車は午後1時過ぎまで来ないので府中まで行くバスに乗る、というと、ではこちらへ、と僕の右の二の腕に左肩をぴったりと寄せて駅とは反対方向へと歩き始めます。

古い町並みが終わるころには雨はずいぶん小降りになって、体を寄せ合わなくても濡れそぼつことはなくなり、僕は彼女の肩から発する(あるいは僕自身の肩から発していた)熱に耐えられず、少しずつ体を離します。

国道に出て少し歩くと彼女はそこで突然立ち止まります。

「ここがちょうど分水嶺なの。こっちに流れる雨は江の川になって日本海へ、そしてあっちに流れる雨は芦田川になって瀬戸内海へ」

2013013108324253f (2)



分水嶺というのは、降ってきた雨の方向が別れる山脈の上の境目のこと。上下という町の名前は、水が上(日本海)と下(瀬戸内海)に分かれるところから付いたのだといいます。

僕がそう言われて水の流れを確認しようとした時には、いつの間にかすでに雨は上がっていたようでした。



残念、雨、上がっちゃいましたね。
私、この分水嶺で水が分かれて流れるのを見るのが好きで、雨が降るといつまでもここにいるんですけど、今日は晴れ男と来ちゃったかな。

バス停はこの先にあります。雨も止んだからもう大丈夫ですね。
またいつか、雨の日にここに来てくださいね。



そう言って分水嶺の向こう側に去って行ってしまう彼女の背中を見送りながら、僕は分水嶺を南へと歩き始めたのでした。






<2017年5月6日 訪問>



ブログランキングに参加しています!
行きたくなったら1票お願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  


よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :

広島 おりづる物語-後編 【広島・おりづるタワー】

 2017-02-28
 前編「広島 おりづる物語 前編


りづるタワーの12階は、おりづる広場という名前のフロア。

PC230303 (640x480)


ここには大画面のデジタルコンテンツを使ったおりがみ体験や広島の戦後の復興を表現したCG映像などが楽しめるコーナー、原爆の爆心地を目の前に見下ろす展望スポットなどがありますが、メインはなんといっても「おりづる」。

PC230311 (640x480)


このおりづるコーナーで専用のおりがみを購入して、おりづるを折るのです。

PC230323 (640x480)


おりづるの折り方は、おりがみセットの中に書いてあるほか、卓上のモバイルでも詳しい説明映像を見ることができます。
でも、なかなかうまく折れません。
僕だって昔は鶴くらいは何度か折ったことあるはずなんですが、途中でわからなくなってしまいます。

PC230317 (640x480)


僕の隣りで器用にすいすいと鶴を折っていく彼女を意識するたびに、どんどん焦って何度もやり直しして。

PC230318 (640x480)


彼女は最初、ひとつひとつの折り方を丁寧に説明してくれたんだけど、結局途中で僕が混乱しちゃうので、最後は彼女が自分で折って完成させてくれました。
まだ初めて出会ってから30分も経たないのに、手取り足取りはできないよね。

PC230321 (640x480)


僕と彼女、それぞれ1つずつのおりづるを手にすると、この「おりづるの壁」へと案内されます。

PC230324 (640x480)


このおりづるタワーのシンボルともいえる「おりづるの壁」。
おりづる広場で折った鶴を、平和への想いや祈りを込めながら、この壁際の隙間に入れるのです。
たくさんの人々により投げ入れられたおりづるは、タワーの壁面に積み重なっていきます。
そしてそれは外から見えるようになっていて、いつの日かそれが全面を覆い尽くせば「おりづるの壁」は完成するのだそうです。

PC230325 (640x480)



さん、にい、いち・・・・・

PC230326 (640x480)


二人同時に手を離すと、僕と彼女のおりづるはゆっくりと円を描くように、時々交わりあいながら落下していきます。

PC230333 (640x480)


やがてそれは遠く見えなくなって、たくさんの祈りの中のひとつになりました。

PC230387 (640x480)



再びひろしまの丘に登ってみると、ちょうど夕暮れが深まり、広島の街は幻想的な紺と紫のグラデーションに包まれていました。

PC230390 (640x480)


広島の夜景も、こんなにきれいだったんですね。
彼女は黙ってこの景色を眺め続けているだけでしたが、なんとなくそう言っているように思えました。

PC230399 (640x480)


このおりづるタワーの入場料は大人1700円。
地方の観光施設としては、この金額は高すぎるのではないか、という意見もあるのだそうです。
価格と価値とのバランスは、個人によって異なるので、いいとも悪いとも言えないのですが、世界遺産・広島の象徴として恥ずかしくないものを作りたい、というオーナーの思い通り、このおりづるタワー、ハード、ソフトともかなり完成度の高いつくりになっています。
僕の好きなセトゲーの犬島精練所美術館を建築した三分一博志さんのデザイン、館内のスタッフの数、ホスピタリティ(やや多すぎる感もありましたが)など相当なレベルにあるのは間違いありません。

あとはそれぞれがここで感じた思いに、いくらの価格をつけるかの問題だと思います。

PC230393 (640x480)



さっきはあんなに近く見えた彼女のマンションは、広島城の向こうの闇に染まって見えなくなっていました。
これからどうする?そんなに近いんだったら、アンデルセンでザッハトルテでも買って、1日早いけどクリスマスパーティーしようか?

いつもの調子で、そんな冗談を言おうとしましたが、家でこれから夕食の準備をしなければならない彼女が、なぜだか「くす。」と答えてしまうような気がして、僕はこの圧倒的な広島の夜景を見ながら、何も言えずに彼女の横に立ち尽くしていたのでした。



<2016年 12月23日訪問>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

広島 おりづる物語-前編 【広島・おりづるタワー】

 2017-02-25
島のおりづるタワーというところに、どうやら僕の友達がいるようでした。

彼は山口県出身の、僕の会社の同僚だったのですが、2年ほど前に地元に近い広島に戻っていたのでした。
その後連絡を取っていなかったのですが、どうやら彼をおりづるタワーで見かけた、という話を何人かから聞いたので、ホントかどうかちょっと確かめに行ってみよう、と思ったのです。


呉から広島に移動し、まずは前から行ってみたかった、美しすぎるゴミ処理場、「エコリアム」へ。

PC230245 (640x480)

ここはたびねすに詳しい記事を書いているので、まだお読みでない方はこちらをぜひ。
 ⇒美しすぎるゴミ処理場!広島・エコリアムがクールで参った!



実はここ、広島にいる知人の女性からの情報で知った場所なのです。
彼女は僕と同じ会社の広島の支店にいて、あるSNSを通じて繋がっているのですが、ある建築家の先生をこの「エコリアム」に案内した、という話を聞いて、ここに来てみたいと思ったのでした。
ちなみに彼女は僕の妄想小説ファンクラブ会員番号2番という輝かしい称号を持っているにもかかわらず、まだ一度もあったことがないという、まさに妄想つながりの女性なのでした。

せっかく広島に来て、エコリアムに行くことになったので、それを教えてくれた彼女に報告しようとメッセージを送ったところ、

「いらっしゃってるの?」
「うん、これからエコリアムに行くところ」
「あらっ!」
「エコリアムのあとはおりづるタワーに行こうと思ってます」
「まあ!そこは私の家から歩いてすぐ!」
「…じゃあ、あとでデートに誘います」
「くす。」


というわけで、この「くす。」はYESに違いない、と判断した僕は、エコリアムを見終わったあと、彼女を誘っておりづるタワーの前で待ち合わせをすることにしたのでした。


夕暮れの原爆ドーム。

PC230281 (640x480)



原爆ドームのすぐ左にある茶色い建物が、おりづるタワーです。

PC230283 (640x480)



ここは広島マツダ(マツダ本体ではなく、ディーラー)が建設・運営に携わった地上14階、高さ51.5mのビルディング。
この付近で創業した広島マツダさんは、原爆で全社屋、全社員を失うという悲劇に見舞われたのですが、戦後、見事に復活。
「創業の地に、原爆の悲惨さだけではなく、広島の復興や未来、希望を感じてもらえる場所を作りたい。そして広島から受けた恩を返していきたい」 といった思いが込められた建物、それがこの「おりづるタワー」なのです。

PC230278 (640x480)



入口前で待ち合わせていたら、プロフィール写真で見覚えのある、しかし写真よりずっと小さくて、色白で、きりっとした顔がそこにありました。

「恥ずかしいんだけど、私、広島にいながらこのおりづるタワー、初めてなんです」

SNSでずっとやり取りをしていたからでしょうか、彼女とは全然初対面って気がしません。声だって初めて聴くのに、ずっと前からこういう声だったよね、と思っちゃう感じ。

「大丈夫、大丈夫、ここ、友達いるから」
何が大丈夫なのかよくわかりませんが、なぜかそんなことを言いながら受付で友達を呼び出したら、今日はお休みです、とのこと。

ダメじゃん!クリスマス前の土曜日のかき入れ時に、なに休んでんだよ!

というわけで、2人分のチケットを買って、一般客人として入場することになっちゃいましたが、ドンマイ!


PC230286 (640x480)


このおりづるタワー、タワーといっても14階建ての複合ビルで、途中のフロアは一般のオフィスが入っています。
観光施設は1階のショップとカフェ、12階の「おりづる広場」、屋上部分の展望台「ひろしまの丘」のみ。
上層階まではエレベーターもあるのですが、散歩坂とよばれるスロープであがることもできます。

PC230288 (640x480)


まずは展望台に行ってみよう!ということで屋上階の「ひろしまの丘」へ。

PC230291 (640x480)


この「ひろしまの丘」は、ウッドデッキの展望スペースから平和記念公園・原爆ドームや広島城、晴れた日には宮島の弥山まで見ることができるスポット。地上14階相当の高さなので、すごく高所なわけではないのですが、なかなかの眺望です。

PC230293 (640x480)


原爆ドームも真上から、すぐ目の前に見下ろすことができます。
この角度から原爆ドームを見たことはなかったので、これだけでもちょっと感動です。

PC230296 (640x480)


「広島人もこの角度からみたことはないと思います」
僕の右側で、彼女がポツリとそういいます。
ドームの敷地に残されている、崩れた壁の破片もはっきりと見えます。

PC230295 (640x480)

あまり高すぎないから、いいのかもしれませんね。


ひろしまの丘から北方面の眺め。
手前の空き地は昔の広島市民球場跡。少し先に広島城のお堀が見えます。

PC230294 (640x480)

「私のマンションは、あのあたり・・・」
彼女が指差して教えてくれます。

うん、確かに近いね。


もう少し遅く、夜景の時間になってからもう一度ここに来てみたいので、12階のおりづる広場へと降りてみます。





<2016年 12月23日訪問 つづく>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

たびねすに新着記事掲載!原爆ドームの夜景もスゴイ!おりづるタワーは夕暮れがイイ!

 2017-02-22
門家が教える旅先ガイド「たびねす」に新着記事掲載しました!



原爆ドームを望む夕景は、幻想的な紺と紫のグラデーションでした!


 入口 ⇒ 原爆ドームの夜景もスゴイ!おりづるタワーは夕暮れがイイ!


PC230399 (640x480)


PC230390 (640x480)


PC230326 (640x480)



ぜひ、読んでみてください!



共感したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

このセカ聖地巡礼&呉B級スポット弾丸たび番外編 Everfilterで巡る「この世界の片隅に」

 2017-02-19
Everfilterという、写真をアニメ画像風に変換できるアプリがあります。
発表当初は、そのあまりの出来のよさに大きな人気となったのですが、その後すぐに著作権の問題やら個人情報が盗まれるんじゃないか、といったうわさも広がり、一時配信停止となっていたのでした。

僕も当初の人気を聞いてDLしてあったものの、あまりよくないうわさを聞いたのでしばらく使わずにいたのですが、その後、問題を修正しアップデートする形で再配信されたので、今回の「このセカ」の聖地の写真にEverfilterを使ってみたところ・・・

IMG_1776 (640x480)

どーですか、これ?
ホントにアニメの中みたいじゃないですか?


そんなわけで番外編。
Everfilterで巡る、「この世界の片隅に」聖地巡礼、スタートです。



これはてつのくじら館。
大和ミュージアムの隣りにある、海上自衛隊呉史料館ですが、この巨大な潜水艦もアニメで見ると、なんだか間違って地上に出てきちゃった潜水艦みたいでかわいいですよね。

IMG_1955 (640x480)


呉のマンホールもアニメにするとこのとおり!
もともとこのマンホールのデザイン、ちょーカッコいいんですけどね。

IMG_1956 (640x598)


中心部を流れる堺川にかかる「小春橋」。ここは映画の中で夫の周作に呼び出されたすずが、めったにない二人っきりのデートの際に語り合っていた場所。

IMG_1773 (640x480)

堺川の上流方面に見えるのは呉のシンボルである標高737mの灰ヶ峰。この灰ヶ峰も防空砲台がある場所として映画の中でたびたび登場しています。
センパイとすずさんが言うには「灰が峰は怖かとこじゃけのー」ということですが。。。


呉港の海上自衛隊の敷地近く、呉市立美術館の横を通る通称「美術館通り」。
この通りの入り口にある赤い色の建物、現在の海上自衛隊の集会所が、すずの夫・北條周作が勤務していた、日本海軍呉鎮守府の跡となっていて、この通りも何度か登場しています。

IMG_1781 (640x480)


美術館通りの突きあたりに、見覚えのある階段が目の前に現れます。
これはすずが義父、円太郎の見舞いのため海軍病院へ行った際に上った階段。この階段の上には現在でも国立病院の呉医療センターがあり、映画の中とかなり近い雰囲気のまま残っている場所です。

IMG_1953 (640x480)


高台に登るとかつての海軍呉鎮守府、現在の海上自衛隊の呉地方総監部が。

IMG_1954 (640x480)


そしてこの道路は、このセカの中で一番悲しいシーンが起きた、海を見下ろす道。
主人公のすずと姪っ子の晴美ちゃんが、米軍の落した時限爆弾に遭遇してしまい、小さな命と右手を失ってしまうところ。

IMG_1784 (640x480)


センパイとすずさんによると、その場所は呉宮原高校から宮原小学校方面に向かう、この高台の道路に違いない!ということです。

IMG_1782 (640x480)


宮原小学校の一帯は「歴史の見える丘」と呼ばれ、ここから海側を望むと、ちょうど真下にかつて「大和」を建造した造船所のドックがあり、現在もジャパンマリンユナイテッドの造船ドックとして、大型船が建造されている様子を見ることができます。

IMG_1787 (640x480)


そしてこれが、すずが高台にある家から呉の中心部へと歩くシーンで何度も登場する印象的な建物「三ツ蔵」。
ここは澤田屋という屋号で代々庄屋などの要職を務めた商家、旧澤原家の住宅。

IMG_1774 (640x480)

その黄土色の特徴的な外観は、映画の中でもほぼ現在の姿と変わらず描かれているので、こんなふうにアニメ仕立てにすると、思わず「おおっ!」と声をあげてしまいそうなくらい。


三ツ蔵から先、さらに高台にずっと上まで登り、狭くて急な坂道を両側に、海を見下ろす家が並ぶあたりが、すずが嫁いだ北条家があった場所。
映画の中の北条家は、裏の段々畑から呉の港とその先に広がる美しい瀬戸内の海が見渡せる、とても美しい眺めの家として描かれていたので、どうしてもその場所を探したい、と思っていたのでした。

そんなわけでセンパイやすずさんと弾丸たびで巡った翌日、僕はひとりでその場所を探しに呉の高台へと向かったのですが、そこから先の写真は残念ながらお見せできません。

僕が東京に戻って年が明けたころ、「この世界の片隅に」の片桐カントクと制作チームからの公式発表として、北条家を探して住宅地をめぐる聖地巡礼はしないでほしい、またネット上でそうした場所をアップするのは控えてほしい、という声明が出たからです。
なぜなら、その付近は今でも一般の民家が並ぶ住宅地のため、私有地に入り込むなどのトラブルが起きるリスクがあること、また、付近は急坂で、車1台がやっと通れるような路地が続き、慣れない運転で訪問すると非常に危険だったりするからだ、とのことです。

僕もこの素晴らしい映画の制作チームに異を唱えるつもりはありません。

そんなわけで高台から撮った呉の港を望む写真を1枚だけ載せておきます。もちろんこの場所は北条家の場所ではありません。

IMG_1780 (640x480)


映画の中で戦艦大和が悠々と航海している姿があんなに広くはっきりと見えていた呉の海と港は、今はもう呉の市街に立ち並ぶビルに隠れて、少ししか見えませんでした。



<2016年 12月24日訪問>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫