岐阜のマチュピチュ「天空の茶畑」 後編【2017隠岐島流れ旅‐18 揖斐川町 上ヶ流茶園】

 2017-08-01
 前編「岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑 前編



阜のマチュピチュと呼ばれる「天空の茶畑」があるのは、揖斐川町春日の上ヶ流(かみがれ)地区と呼ばれるところ。

古くて立派な家が並ぶ小さな集落がありました。

P5074481 (640x480)


標高が高いため寒暖の差が大きく、雲上で霧が出ることも多いため、この天空の里はお茶の栽培に適した土地なのだそうです。
古くは安政の時代からこの地でお茶の栽培が始まり、近年では農薬不使用、 有機栽培の良質のお茶として高い評価を得ているようです。

P5074471 (640x480)


集落の中心部にお茶屋さんがありました。
ここでは挽きたての新鮮なお茶を飲んだり、なかなか豪華なお茶のスイーツが楽しめたりするほか、茶摘み体験とかバーベキューとか日本文化体験とかできるみたいです。

P5074484 (640x480)

ん?なんでマチュピチュで日本文化体験?

日本文化と言っても外国人向けの簡単な書道体験のようですが、ここまでインバウンドの波は押し寄せているのでしょうか?
この日はGWということもあり、日本人ばかりでしたが。


さて、岐阜のマチュピチュ風景に出会うためには、この上ヶ流地区から「天空の遊歩道」と呼ばれる道を登ることになります。

P5074464 (640x480)


一面の茶畑の中を歩き始めてしばらくすると「さざれ石」が。

P5074432 (640x480)

これは君が代発祥のやつじゃないみたいですが。


やがて山肌をはうような急な坂道が現れて、それを10分ほど登り詰めると、絶景ポイントと書かれた地点に到着。

P5074453 (640x480)


振り返ると、そこには岐阜のマチュピチュが!

P5074438 (640x480)

おおおおお、山はちょっとマチュピチュっぽいくないけど、まあなんとか雰囲気はわかるぞ!
まあホンモノのマチュピチュには行ったことないので、偉そうなことは言えませんが。。。


おそらくこの岐阜のマチュピチュも、SNSでの拡散でここ最近急に人気になったんでしょうね。
この遊歩道ができたのも去年のことで、地元の方々がボランティアで山道を切り開いて整備したのだそうです。

P5074449 (640x480)

だから看板類も全部手書き&手作りだったんですね。

この日はGW最終日とはいえ、やはりかなりの人で賑わっていましたが、駐車場の誘導や受付をしているのも地元のお父さん、お母さんふうでした。

P5074445 (640x480)


お父さんもお母さんも、びっくりしてるでしょうね。
今まで誰も知らないような山上の秘境だったのに、急にどっと人が押し寄せてきて。しかも海外からも。



でもこれからはそんなのがもっと当たり前に、さらに激しくなっていくんでしょうね。
わかりやすいキャッチとSNS映えするワンショット。

それを見て日本中、そして世界中の人々がどんどん日本の今まで知られていなかった魅力的な場所にやってくる。
このこと自体は喜ばしいことです。

けれどもブームが去ってしまったら、荒らすだけ荒らされて、知られざる静かな秘境にも戻れず、人気の観光地にもなれず。。。
そんなふうになってしまうのも悲しいことです。


細くても、いつまでも長く生きてほしいと思います。
隠岐が毎年少しずつ島っ子をつくりだしているように、たくさんでなくてもいい、また行きたい、とか子供が大きくなったら行かせたい、とか、そんなのでもいいんだと思います。


大ブレイクした後に、そのほとんどは絶滅してしまう一発屋芸人の中でいうと、ダンディ坂野あたりでしょうかね、目指すべきところは。




<2017年5月7日 訪問 このシリーズ終わり>



ブログランキングに参加しています!
行きたくなったら1票お願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  
スポンサーサイト
タグ :

岐阜のマチピチュ「天空の茶畑」 前編【2017隠岐島流れ旅‐17 揖斐川町上ヶ流茶園】

 2017-07-29
前編「大正モダンガールと分水嶺でのお別れ



近、日本もマチュピチュばやりなのか、いろんなところで日本のマチュピチュが発見されているみたいです。

僕はまだ大分にある「宇佐のマチュピチュ」くらいしか行ったことがないのですが、今回の帰りにちょっと寄ってみたいマチュピチュがあったのでした。

それは人呼んで「岐阜のマチュピチュ」。
そこは別名「天空の茶畑」と呼ばれているらしいのです。

いいじゃないか、岐阜のマチュピチュ。
GWはまさに夏も近づく八十八夜、今が一番茶畑が美しい時期。
「茜たすきに菅の笠」すがたの無垢な茶娘が、せっせと新茶を積みながら僕を待ってるに違いない!

そう、僕は意外と茶畑マニア(だと一昨年あたりから気付きはじめたの)です。


岐阜のマチュピチュは、岐阜県の揖斐川町と呼ばれるところにあります。
大垣から出ている養老鉄道というローカル私鉄の終点、揖斐駅がその最寄駅。
そんなわけで、大垣から養老鉄道で揖斐駅へ向かいます。

P5074379 (640x480)


大垣から30分で揖斐に到着。
天空の茶畑は、ここからまだずっと奥のほうにあります。
なんてたってマチュピチュですから。。。

P5074384 (640x480)


ということで、ここから先はレンタサイクル「養老くん」

P5074511 (640x480)


好きだねーレンタサイクル。
隠岐のおねーさんに褒められて調子に乗ってんじゃないの?
とお思いの貴兄に私はお伝えしたい!
いやいやいやいや、ここはサイクリングのメッカなんですよ、と。


この養老鉄道沿線には揖斐川沿いのサイクリングロードが整備されているので、電車に自転車もめっちゃ積めちゃうほど。

P5074382.jpg

・・・めっちゃというほど積まれてませんでしたが。。。


ま、とにかくこの養老鉄道には「養鉄トレクル(たぶんトレイン&サイクルの略)」といって、沿線の数か所にレンタサイクルの貸し出し場所があって乗り捨ても自由、とレンタサイクラーにとっては便利な地域なのです。


そんなわけで揖斐駅で予約していた電動レンタサイクル「養老くん」を借り、いざ出発!と思ったのですが、背中の荷物が重い。。。
レンタサイクルポートがあるくらいだから、揖斐駅には当然コインロッカーくらいあると思っていたのですが、そんな気配はまったくなし。もちろん近くにも荷物が預けられそうなところはありません。

コインロッカーくらい用意しとこうぜ、養鉄トレクル!
5泊6日の今回の旅の荷物とか想い出とか煩悩とか女の子の連絡先とかがぜーんぶ詰まったリュックを背負ったまま、これからマチュピチュに向け命をかけて困難な道のりを進むのは不安この上ありません。

こんなことなら大垣駅で預けてくればよかったぜ、どこかにショッピングモールでもないかな、と途方に暮れて自転車を漕いでいると、揖斐駅からずいぶん南に下ったところにありました、ロードサイドのパチンコ屋さんが。
最近の大型パチンコ店には無料のロッカーがあるので、それを半日ほど使わせてもらうことにしたのですが、まあタダじゃ申し訳ないので、ここは一発ロッカーも借りて、なおかつこの千円を10倍にして僕に還元してこそパチンコ屋さんも本望だろう、と勝負を挑んでみたのですが、あっという間に3千円が消えてしまいました。

市価の10倍でしたな、ここのコインロッカーは。

さて、ロッカーを探してずいぶんに南の方へ下ってきてしまったので、ここから本来進むべき方向だった西へと向かいます。

P5074391 (2) (640x480)

揖斐茶の産地らしく、途中でところどころに茶畑が出てきますが、ここはまだマチュピチュではありません。

この岐阜のマチュピチュでは、電動サイクルを借りた人向けに「マチュピチュクーポン」というオトクなクーポンブックがあります。
有料で1部500円ですが、道中のオアシスポイントと呼ばれるお店で2回、いび茶・コーヒーなどのドリンクもしくは地域のスイーツなどが楽しめる、ということなので僕も購入してみました。

P5074493 (640x480)


コインロッカーを探して南へ下ったこともあり、岐阜のマチュピチュに向かうメインの道からはちょっと反れてしまったので、途中で唯一見つかったお店でまずは一回目のチャージ。

P5074389 (2) (640x480)


まずはお店で特製のタンブラーと交換して(これもクーポンでもらえます)、その中に1回目のドリンク、「揖斐名産 精力満点!おとーさん夜も頑張ってジュース」を入れてもらいます(ウソ)。

P5074390 (2) (640x480)


ちなみに2回目は帰りにレンタサイクル返却場所近くの池田町の商店街で「肉桂餅(にっきもち)」という地元の銘菓と交換しました。

P5074496 (640x480)


肉桂とはシナモンのことで、ニッキ(シナモン)を練りこんだ生地でこしあんを包んだ餅菓子。大阪の堺の名物として有名なようですが、この西美濃・揖斐地方でも昔から銘菓とされているようです。

P5074510 (640x480)

この右奥の茶色っぽいお餅がそうですね。
タンブラーもドリンクもスイーツもぜーんぶ合わせて500円ならば、コストパフォーマンスとしてはまずまずではないでしょうか。


やがて粕川という揖斐川の支流が現れ、その流れに沿って渓谷沿いの道を進みます。

P5074393 (2) (640x480)


岐阜のマチュピチュがあるのはかつての春日村(現在は合併して揖斐川町)。

P5074394 (2) (640x480)

君が代発祥の地とな?
そんなの全然知らなかったのですが、どうやらこの春日に「さざれ石公園」という公園があり、そこにある大きなさざれ石が君が代の元になったものなんだそうです。
が、ここからまだ相当先のようなので、今回はマチュピチュが優先なので割愛しました。

やがて樫村というバス停のあたりに分かれ道があって「天空の里 上ヶ流 車で10分」と書かれた看板が出てきます。

P5074396 (2) (640x480)


この道を曲がると、いよいよマチュピチュへの天空ロード。

P5074406 (640x480)

ま、こーゆー感じの道ですわ。
でももうびっくりなんかしません。
あの、島のおねーさんうっとりの(かなりしつこい。。。)隠岐の赤尾展望台への道にくらべたら楽なもんです。

途中の少し開けたところでなんか見えてきたぞ。

P5074409 (640x480)


おおお、天空の茶畑っぽいけど、これが岐阜のマチュピチュか???

P5074411 (640x480)

いやいや、まだまだここは違うみたいです。

山襞の向こうに遠く濃尾平野が見渡せるあたりまで登ってくると・・・

P5074414 (640x480)


小高い山の上に出たのか、いきなり視界が開けて一面の茶畑が出現します。

P5074421 (640x480)


ここが岐阜のマチュピチュと言われる「天空の茶畑」。

P5074423 (640x480)


おおお、とうとう着いたぞ岐阜のマチュピチュ!

P5074472 (640x480)

とか言って「養老くん」と記念撮影なんかしてたのですが、どうやら本当の「岐阜のマチュピチュ」と言われる風景を楽しむには、ここからもっと上に行かなければならなかったのです。



<2017年5月7日 訪問つづく>   ⇒岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑 後編



ブログランキングに参加しています!
行きたくなったら1票お願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  


よかったら、また来てください! →
タグ :

幽玄な飛騨川とか、女湯展望車窓とか【青春18たび 1982春‐3】

 2015-03-25
前編  サヨナラ模様とか、夜汽車とか 



陸本線の長いトンネルを抜けるたびに薄日がさしたり横殴りの雪だったりと、クルクル変わる早春の不安定な空の下、8時58分富山駅到着。
もちろん富山に足を踏み入れるのは初めてでした。

なぜかここから高山本線の急行「のりくら6号」に乗って飛騨高山に向かっています。

青春18きっぷですから、もちろん急行列車は利用できません。急行券、乗車券ともに別途買わなければならないのに敢えて急行に乗ったのは、きっと高山での観光時間を確保するためだったのでしょう。
のりくら6号で行くと、後続の各駅停車よりも1時間40分ほど早く飛騨高山に着くダイヤになっていました。

初めての高山本線ですが、ここは今でも印象に残っています。
富山を出て越中八尾に停まり、岐阜との県境駅、猪谷を出ると山また山。降り続く雪の中を、飛騨川の幽玄な渓谷に沿って走るのですが、こんな景色は今まで見たことがなくて、なんだか別の世界に足を踏み入れたような気がしたのでした。

飛騨高山には11時11分着。
高山盆地に入ると雪は止み、いつの間にか晴れ間が出ていました。

飛騨高山駅のスタンプ。

P3210747 (640x480)

なんだかこの頃はスタンプを集めていたらしく、スタンプ帳にたくさんの駅スタンプが残っていました(笑)


高山では上三之町の街並みを見たり、朝市を覗いたりしたあと、郊外の飛騨民俗村というところに行った覚えがあります。

P3210767 (640x480)
(上三之町イメージ  ※写真がなかったので、絵はがきから)

P3210762 (640x480)


飛騨民俗村はこんな感じのところです。

P3210761 (640x480)
(絵はがきから)

晴れていましたが、雪がところどころに残っていて、めちゃくちゃ寒かった覚えがあります(メモ帳にも書いてありました)。



16時10分発の各駅停車で飛騨高山を出発します。
下呂駅の手前だったと思うのですが、トンネルを出た途端、下呂温泉の旅館の女湯露天風呂が眼下に現れ、しかも結構若い女性の人影を複数発見したため、この区間3往復くらいしちゃおうか、と思ったのでした。
ちなみにこれはメモ帳には書いてなかったのですが、僕の脳みその中のメモリーには今も強く刻印されております。。。
今はもう、この高山本線随一の絶景スポットはなくなってしまったのでしょうか・・・(笑)


白川口駅スタンプ。
降りたわけではないので停車時間中に押したのでしょう。

P3210748 (640x480)


19時41分着の終点、岐阜で乗り換えて、名古屋に向かいます。
メモ帳を読むと、どうやら名古屋駅構内に早川浴場という銭湯があったらしく、そこに行くつもりだったのが、夜は20時で終わりになっていて入れず残念云々の記述があります。

そうそう、旅はそんなにうまくいかないんだよ。

そのあとは、21時26分発の上り東京行きの夜行列車に乗り、今日も車中泊。
しかも今宵は深夜の富士駅で降りて、下りの夜行に乗り換えて折り返しまた早朝の名古屋に戻ってくる、という荒業!

よくやったなー、こんなこと。信じられんわ。

案の定、名古屋からの上りは途中で通勤客が降りたところにかろうじて座れたようですが、富士からの下りは超満員で座れずに(通路に新聞紙を敷いて座っている人もいたような記憶あり)、デッキの空きスペースに陣取ったのはいいものの、ドアが開くたびに寒くて目を覚ます、というありさまでした。


それでもちゃんと夜中にスタンプ押してるところがスゴイ!
若いっていいですよね(笑)

P3210749 (640x480)

P3210750 (640x480)



名古屋には翌6時07分到着。
このあと木曽路から松本、長野へと向かいます。


<1982年3月26日訪問 つづく>






行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

青春18 五島列島への旅 2 【岐阜県・美濃赤坂】

 2014-07-15
1日目 東京🚝(東海道線)🚝大垣🚝美濃赤坂🚝守山🚝新大阪(泊)
②新大阪🚝京都🚝亀岡🚝園部🚍美山🚍園部🚝福知山(泊)
③福知山🚝(北近畿タンゴ鉄道)🚝宮津🚍伊根🚍網野🚝豊岡🚝浜坂🚝鳥取🚝出雲市(泊)
④出雲市🚝米子🚝新見🚝備後落合🚝三次🚝広島🚝小倉(泊)
⑤小倉🚝甘木🚍秋月🚍甘木🚝博多港🚢(船中泊)
⑥青方港🚍上五島教会群めぐり🚍奈良尾港🚢福江港(泊)
⑦バイクで福江島一周🚢長崎🚍(夜行バス車中泊)
⑧阿部野橋🚝和歌山🚝(和歌山電鐵)🚝貴志🚝和歌山🚝白浜🚝紀伊田辺(泊)
⑨紀伊田辺🚝湯浅🚝岸和田🚝大阪(泊)
⑩大阪🚝奈良🚝関🚝亀山🚝四日市🚝名古屋🚅東京

IMG_1157 (640x480)


濃赤坂。
青春18きっぷ派の皆様なら、聞いたことのある地名ですよね。
岐阜県の大垣駅からちょこんと出ている東海道線の支線の終点駅です。

大垣駅は西へ向かう青春18トラベラーが必ず越えなければならない、現代の関ヶ原、東西分け目の関所のような駅。
8両の東海道線新快速から、4両の米原行各駅停車に乗り換えるため、小走りにホームを駆けながら発車掲示板で、あるいはホームの乗り換えアナウンスで、美濃赤坂という名前は一度ならず、何度も目にし、耳にしているはずです。

そんな僕も、美濃赤坂のことはなんとなく気になってはいたものの、いつも先(西)へ先(西)へと目が行ってしまい、今まで訪問する機会はありませんでした。

今回行ってみたのも、実はほんの気まぐれです。
あとで書きますが、この日は滋賀県のとある場所を夜、訪れる目的があったので、まだ時間が余っていたのです。
東京駅を出て、東海道線の各駅停車を適当に乗り継ぎながら大垣に着いたのが、夕方16時くらい。
ここから各駅停車に乗って、米原で新快速に乗り換えれば、1時間ちょっとで目的地には着いてしまいそうでした。
さて、どうしようか、と大垣駅のコーヒーショップで休んでいるときに、ふと美濃赤坂のことを思いついたのでした。


美濃赤坂行きの2両編成の電車は、大垣駅の長いホームの米原側の先端を一部削ってできたような、3番線に停まっていました。美濃赤坂までの距離は5.0km、途中に荒尾という駅が一つだけあります。
1日20往復弱の列車は、1編成がずっとピストン輸送していても十分やっていけそうなコンパクトな支線です。

大垣を出るとしばらくは東海道本線の線路の上を走り、ちょっと右にそれたと思ったらそこが荒尾の駅。
そのまま北に方向を変えて1キロちょっと走ると、もう終点の美濃赤坂駅についてしまうのでした。
この間わずか7,8分です。

美濃赤坂には金生山という石灰岩がとれる山があるため、その貨物輸送でもにぎわっていた駅のようでした。
今でも西濃鉄道という貨物専門の路線が美濃赤坂の駅から先にも伸びているそうです。
構内も貨物専用のホーム(写真左側)があったりして広々としています。

IMG_1149 (640x480)


美濃赤坂から先の、貨物専用線。踏切もなく、かなりユルイ感じがします。
奥に見える山から石灰岩が産出されるようです。

IMG_1134 (640x480)


美濃赤坂は中山道の宿場町でもありました。

IMG_1135 (640x480)

駅からちょっと歩くと、多少そんな感じの町並みも垣間見ることができます。

IMG_1138 (640x480)

IMG_1136 (640x480)


美濃赤坂駅は無人駅ですが、なかなか立派な木造の駅舎が残っていたのですが、写真ブレブレですね、スミマセン。。。

IMG_1150 (640x480)


駅舎からホームを望む。

IMG_1152 (640x480)


折り返しの電車を1本見送ると次の電車は約1時間後でしたが、それまでにひととおりのものは見終わってしまう、コンパクトな町でした。

IMG_1156 (640x480)


このあと、いよいよ今日のメインイベント、滋賀県のある夜の街へと向かいます。



行きたくなったら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫