ホントにテキトーに完歩しちゃったよ!いよいよ涙の完結編!【東海道テキトー完歩 大津~三条大橋】

 2017-03-12
 
 前編「いよいよゴールへカウントダウン


都三条大橋に向かう最後の山越えは、日ノ岡峠と呼ばれていますが、最初に急な勾配が少し続くだけで、あとはなだらか。
細い旧道をしばらく歩くと、三条通に合流する手前に立派な古民家風の建物が。

PC261102 (640x480)


ここは栄花山荘と言って、築150年の古民家を改修した庭・裏山付シェアハウス兼イベントスペースなのだそうですよ。

PC261104 (640x480)


そのまま三条通に合流すると、九条山の上りが続きます。
山頂近くにあった、なんかすごい豪邸?
2階部分をぐるっと取り囲む回廊みたいなのがいい感じですね。

PC261106 (640x480)

このあたりもかつては京阪電車が走ってたようですが、今は地下鉄東西線に変わっちゃってるようです。
この峠を電車が通ってたら迫力あったでしょうけどね。


おおお、とうとう三条大橋の文字を発見!
いよいよゴールが現実的になってきますね。

PC261112 (640x480)


九条山の坂道を下り終えると「蹴上(けあげ)」の交差点。
蹴上とはかなり変わった名前で、その由来は源義経由来だとか、粟田口刑場由来だとか諸説あるようですが、僕にとってわりとなじみの地名なんですね。

PC261118 (640x480)


その理由は、これ。

PC261139 (640x480)

この、ザ・ウェスティン都ホテルが、この蹴上の交差点前にあるからなのです。
ミヤコホテルの時から、なぜかこのホテルでイベントをする機会が多く、ここには結構な回数来てるような気がするんですが、仕事モードなので全然周辺散歩もしてなかったんですよね。


その証拠に、ホテルの目の前にこんなレンガ造りのトンネルがあったことに初めて気づきました。

PC261117 (640x480)


このトンネルの先をしばらく行けば南禅寺方面に続くはずなのですが、今日はそこまで行く時間はなさそうです。
というのは、なんとなくお昼の12時にゴールしたかったからです(単なる気分)。

そんなわけで南禅寺方面ではなく、山の上のほうにちょっと歩いてみます。
歩いてきた道を振り返ると、これ。

PC261131 1

これは蹴上のインクラインと呼ばれる全長582mの世界最長の傾斜鉄道の跡。
さっきのレンガのトンネルの上を、このレールが走っていたのです。


大津から京都を経由して宇治まで続いていた琵琶湖疏水は舟運でも利用されていましたが、落差の大きい場所は船が運行できないので、こんなふうに台車に船を載せてレールで運ぶために作られたのがこのインクライン。

PC261137 1

もちろん今はもうインクラインは運行されていませんが、その線路や台車、運搬船が産業遺産として残されていました。
桜の季節は素晴らしい景色みたいです。その時にまた来てみたいですね。


このインクラインの頂上あたりから蹴上の浄水場がよく見えます。

PC261138 (640x480)


ここはつつじで名高いところですね。
花がなくてももこもこしてなかなかの眺めですが、春はもっとすごいんでしょうね。

PC261110 (640x480)


蹴上から三条大橋方面に向かうと、にわかにザ・京都、という感じになります。
右手に平安神宮の大鳥居。

PC261145 (640x480)


町家風の路地。

PC261147 (640x480)


そして三条白川橋。

PC261149 1


予報では朝から雨模様だったわりには、ここまで降られていなかったのですが、ゴール直前になってぱらぱらとまばらな雨が降りだしてきます。
晴れ男も涙雨と女の涙にはかなわないんですね。


そして、ゴールは意外とあっさり。
京阪三条の駅が見えてくると、その先に三条大橋の看板が。

PC261166 (640x480)


普段となにひとつ変わらない、午後0時01分の三条大橋の姿がそこにありました。

PC261162 (640x480)


僕が旧東海道五十三次、512㎞を完歩しただなんて、誰も思ってないでしょう。
一応小さく指でガッツポーズしてみますが、涙は雨が代わりに流してくれているので出てきません。

PC261165 (640x480)


三条大橋には、東海道五十三次、ゴォォォォォォォォール的な大々的な看板とか何かがあるのかと思っていましたが、意外にそういうものはなく、この弥次さん喜多さんの銅像がそれなんでしょうね。

PC261163 (640x480)


むしろこの「駅伝発祥の地」のモニュメントの方が目立ってる感じでした。

PC261164 (640x480)


写真を撮ってしまうとほかにやることもないので、そのまま三条大橋を渡り、河原町方面に向かいます。
ちょうどお昼の時間だし、たまたま気を許せる知人の女子が、うちの会社の京都支店に来ていたので、四条まで行ってゴールのお祝いに焼肉でもおごってもらうことにします。

PC261156 (640x480)



これでとうとう
「あ、次の3連休ヒマだなー、どこ行こうかな」とか、
「青春18きっぷで九州まで行くのに、途中でちょっと気分転換に観光できねーかなー」とか、
「東海道歩くついでに甲子園見に行っちゃうか!」とか、
テキトーな旅ができなくなるのは寂しくなります。

次はどうしようかな。
東海道終わったら、中山道でしょ?って言われるけど、そんなに単純な感じでもないかなあ。
中山道も悪くはないけど。

少し充電期間をおいて、また考えます。
バンド解散直後のロックスターみたいだけど・・・(笑)




『東海道テキトー完歩』 まとめ

ちょうどとある漫画家の東海道放浪本に触発されていたときに、台風での旅行日程の変更が生じたため、たまたま滞在していた静岡で歩き始めたことがきっかけで、旧東海道に沿って五十三次、約500㎞をテキトーに、しかし完歩しようという試み。
時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。歩く順番もランダム。しかし結果は意外と早く、約2年半で完歩。
名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味のも、ときどき含んでしまった・・・)、B級スポットなどを、ときどき妄想なんかを入れながら紹介するつもりだったが、かなり妄想も多い滑稽本になったと思う。

あまたある東海道五十三次ガイドの中でも「最もテキトーな東海道散策記」としていつか出版して、現代の十返舎一九と呼ばれたい。



今日の結果:大津宿~京都・三条大橋 9.8kmを制覇!
現在の合計 512㎞/512km
東海道テキトー完歩達成! 


<2017年12月26日訪問 /このシリーズ完 お疲れさまでした!>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :

たびねすに新着記事掲載!日本で一番風流な大人への通過儀礼【京都法輪寺・十三まいり】

 2016-03-18

 門家が教える旅先ガイド「たびねす」に新着記事掲載しました!


嵐山・法輪寺の十三まいり。

ずっとこれをやりたくて、娘が13になるのを待って去年行きました!
日本で一番風流な大人への通過儀礼だと思います。



  入口⇒  渡月橋を振り返らずに渡り終えよ!


P5051977 (640x480)

P5052035 (640x480)

P5052052 (640x480)






ぜひ読んでみてください!



共感したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →

タグ :

R-15の源氏物語ミュージアムとか伊右衛門に入門とか【京都宇治】

 2015-06-18
見の稲荷山を下山したあと、今回のGW旅の最後に向かったのは、宇治。

京都に来たからには抹茶が飲みたい、と娘が言い出したので、伏見からそのまま南下して、宇治茶の本場に行ってみることにしたのでした。

考えてみると、僕は宇治には高校の修学旅行で一度来ただけで(たぶん。平等院に来たと思いますが、確信はありません。。。)、個人的にこうやって駅に降り立って町を歩くのは今回が初めてでした。

P5062204 (640x480)



宇治といえば、①宇治橋

P5062206 (640x480)


伊勢神宮にも五十鈴川にかかる宇治橋があって、あっちのほうが有名な気がしますが、宇治の宇治橋は日本三古橋のひとつだそうです。
宇治橋から東側の眺望。

P5062208 (640x480)

宇治川と新緑と、遠くに見える橋の赤い欄干がきれいですね。



宇治といえば、②紫式部

P5062212 (640x480)

紫式部といえば源氏物語。
源氏物語といえば京の宮中で男と女があーなっちゃったり、こーなっちゃたりする平安王朝貴族ど真ん中のお話しなのですが、全54帖のうちの最後の10帖はこの宇治が舞台になっているのです。
おー、宇治10帖か、懐かしいなー。
文学部国文学科卒なので、家族の手前、一応そんなことを言ってみたりします。まったく無反応でしたが。

そんなわけで、宇治橋の先にある源氏物語ミュージアムに行ってみます。
ここは文字通り、世界で唯一の源氏物語に関する博物館。1998年に開館して「源氏物語」に関する資料の展示やシアターでの映像ゾーンなどがあります。

wpb_640.jpg
(館内写真NGっぽかったので、イメージですが)

入ってみると、夕霧とか紫の上とか葵の上とか、光源氏と懇ろな関係にあった女性たちの名前が思い出されてなんとも懐かしい。
なんだ俺、それなりに勉強してたじゃん。女の人の名前しか覚えてないけど。。。
(文学部時代、源氏物語のゼミを1年間受けてました)

見ているうちに娘も「源氏物語」に興味を持ったらしく、
「ねぇねぇ、源氏物語って簡単に言うとどんな話?」と質問してくるのですが、これがまた年頃の娘には答えにくい。

光源氏っつーイケメンのヤリ○○が、目につく好みの女を片っ端から手籠めにしていく話なんだよーとは、いと答えにくし。

しかも館内のシアターでみたオリジナルの映像の中には、男の女の過ちを想起させるシーンとかがバンバンあったりして、おーいこれR-15くらいにしたほーがいいんじゃねーの?という感じです。

年頃のお子様と行かれるお父様、お母様、そのあたりを覚悟の上、お越しください(笑)



宇治といえば、③平等院

ですがGWなので、ここもやはり人・人・人。

P5062219 (640x480)


鳳凰堂内部の拝観も中に入るまでにずいぶん時間がかかりそうだったので、残念ながら今回は、パス。
極楽浄土の世界に到達するまでには、まだまだ修行が足りないっす。

P5062215 (640x480)



宇治といえば、④福寿園

・・・まあ、宇治にはお茶の名店がたくさんあるので、福寿園じゃなくってもよかったんですけど、なんとな僕の高校時代のヘアスタイルリーダーのモックン、もとい、伊右衛門に敬意を表してここにしてみました(というより福寿園以外よく知らなかったので)。

P5062238 (640x480)


何軒か店舗があるようですが、宇治川のほとりにある店舗は平等院から出て川沿いに進むとすぐ。
風光明美な場所に建ってます。

P5062236 (640x480)


ここでは自分でお茶をたてて飲めるセットもある、ということだったのでチャレンジ。

P5062228 (640x480)


ティーセレモニーセット、1000円税別でした。

P5062230 (640x480)


まあ、それなりに、こんな色に仕上がりました。

P5062235 (640x480)


そのほかにも町をブラブラしながら抹茶ソフトを食べたり、なかなか飽きない町でしたよ、宇治。

P5062241 (640x480)


<2015年5月6日訪問>





行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

鳥居のち鳥居、一時鳥居、ときどき鳥居【京都・伏見稲荷‐2】

 2015-06-16
前編 外国人人気No.1 千本鳥居のち赤い悪魔



つづき

間も早いので、どうせなら伏見稲荷の一番奥まで行ってみようか、とその時は軽ーい気持ちで思ったのでしたが。。。

P5062123 (640x480)


案内図をよく見ると、現在地がまだこーんなに低く手前の位置にあることにも気づかずに。
(いや、気づいてたんですけど、どうせこういう地図はテキトーにデフォルメされて描いてあるんだろう、と思い込んでたのでした)

でもまあ、こんなに地図いっぱいに鳥居を書かれたら、やっぱり確かめに行きたくなっちゃうじゃないですか。
そんなわけで、僕たちは稲荷山山頂に向けてズンズンと鳥居をくぐって進みはじめたのでした。



最初はなだらかだった鳥居の道も

P5062133 (640x480)


だんだん傾斜がわかるようになってきて

P5062138 (640x480)


いつの間にか延々と階段が続く道に。。。
しかしこの景観も、なかなかですね。

P5062147 (640x480)


途中途中にも、小さな鳥居と社が見えます。

P5062140 (640x480)


途中の四ツ辻からみた京都市街。
かなり登ってきた感がありますが、まだまだこのあと三の峰、間の峰、二の峰、一の峰(頂上)と先は長いのです。

P5062161 (640x480)


四ツ辻にある茶屋、仁志むら亭。

P5062162 (640x480)


近くで散歩していた地元のおじいさんが、ここは俳優の西村和彦さんの実家だよ、と教えてくれました。

ほー、そうですか。
と答えてみたものの、どうやらその時僕の頭の中に浮かんでいたのは「西村雅彦」さんのほうで、あとで調べてみたら「西村和彦」さんの顔はあまりよく知りませんでした。


途中で鳥居の初穂料金表を発見。
この鳥居一本一本、こんな金額で奉納されてるのねん。

P5062166 (640x480)

号数によって料金が違うし、奉納場所によっても料金が違うのねん。
伏見稲荷全体では1万本の鳥居がある、と言われているので計算すると・・・・・(以下略)

まだまだ登りますよ。

P5062163 (640x480)


三の峰(下ノ社)

P5062165 (640x480)


二の峰(中ノ社)

P5062167 (640x480)


そしてとうとう、一の峰(上の社)

P5062175 (640x480)


ココが稲荷山の頂上です。
標高は233mと決して高くないのですが、なんだかめちゃめちゃ高い山まで登ってきた気分になります。
階段がずっと続いたからでしょうか。
ちなみに家族交代で階段数を数えていたら、だいたい片道1000段でした(テキトーですが)

P5062172 (640x480)


山頂の社付近には祈願が書かれた小さな鳥居がたくさん奉納されています。

P5062180 (640x480)


上りあれば、下りあり。
ま、帰りは行きに比べれば楽なもんですが。

P5062182 (640x480)

P5062189 (640x480)


6時半から上り始めて、戻ったのが8時半ちょっと前。
すでにたくさん観光客が来てますねー
こうなるともう無人の千本鳥居の写真は難しくなっちゃうでしょうね。

P5062200 (640x480)


結論!
伏見稲荷は千本鳥居から先が凄かった!
最初はいちいちカンドーしてた鳥居も、最後はもう見飽きてお腹いっぱいになっちゃうくらい通ることができます。
なんてったって、ここで通った鳥居の数が多ければ多いほど幸せが訪れるんですから(想像)。

ま、とにかく稲荷山山頂を極めないで伏見稲荷に行ったなんて言っちゃだめですよーみなさん。
往復で2時間、階段2000段、ビル68階分くらい、行ってみると意外とちょろいもんですから。。。


 <2015年5月6日訪問>





行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

外国人人気No.1、千本鳥居のち赤い悪魔 【京都・伏見稲荷-1】

 2015-06-13
P5062164 (640x480)


リップアドバイザーの調査によると、日本を訪れた外国人が行ってよかったと思ったNo.1の観光スポットは、京都の伏見稲荷なんだそうです。

確かに、このどこまでも続く赤い鳥居の写真、最近よく見かけます。
基本、有名どころよりも、ひっそりと日蔭に佇むようなB級スポット巡りを好む天邪鬼な僕ですが、ここにはちょっと来てみたかったのです。

しかししかししかし、この伏見稲荷、実際に来てみると、この美しい鳥居だけじゃなかったんです。
ガイコクジンが「WoW!」とか言って称賛するこの千本鳥居だけを見て伏見稲荷を語るんじゃねーぞー!っていう感じです。
この鳥居の写真の右側の大雑把な地図にご注目ください。
「稲荷山参拝図」なーんてさらっと書いてありますが、これがクセモノ。。。

夢世のごとき美しい鳥居のあとには、悪夢のような鳥居あり。
今回はそんな物語です。



伏見稲荷大社は、京都駅からJR奈良線で2駅、その名もずばり「稲荷」駅で下車するともうすぐ目の前にあります。

P5062203 (640x480)


駅舎もやや、稲荷ふう。

P5062090 (640x480)


駅前からすぐにまっすぐ続く参道。

P5062093 (640x480)


誰もいない千本鳥居の写真が撮りたかったので、早朝からやってきたのでした。

P5062097 (640x480)


お稲荷さん(稲荷大神)のお使いといえば、キツネ(狛狐)。だから稲荷大社にはたくさんのキツネがいるのですが、最初に目についたのが第一鳥居の前にいたやや逆立ち気味のキツネ。
この金色の物は、稲穂なんだそうです。
なぜか色っぽい格好です。。。

P5062092 (640x480)


全国約30,000のお稲荷さんの総本宮がここ、伏見稲荷大社。
金色に光ってますよ。さすがに立派です。

P5062199 (640x480)


1589年、秀吉の造営とされている、桜門をくぐり、正面の本殿に向かいます。

P5062099 (640x480)


さすが伏見稲荷。
ここは絵馬ではなく鳥居に願い事を書いて祈願するんですね。

P5062107 (640x480)


願いが通る。なるほどー

P5062196 (640x480)


有名な千本鳥居はこの先、奥社奉拝所までの間にあります。

P5062108 (640x480)



じゃーん!来ました!これが千本鳥居入口です。
一方通行になっていて、右側が行き、左側が帰り道になっています。

P5062115 (640x480)


さっそく中を歩いて奥社に向かいます。
狙い通り、まだ人も少なかったので、無人の千本鳥居、撮り放題です。

P5062120 (640x480)


ちなみに、反対側(帰り道)はこんなふうになっています。
鳥居を奉納した人の名前が裏側に掘られているんですね。

P5062121 (640x480)


奥社に到着すると、また伏見稲荷オリジナル発見!
絵馬じゃなくて絵キツネなんですね、ここは。

P5062122 (640x480)

表情も自分で書けるところがなかなかいいですね。



奥社の奉拝所の右側後に、一対の石灯篭があります。

P5062124 (640x480)


これが、おもかる石。

P5062126 (640x480)


この灯篭の前で願いごとをしてから石を持ち上げるのですが、そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願いっごとが叶い、重ければ叶いにくいとする試し石です。

P5062127 (640x480)


持ち上げるのは、この石。

P5062128 (640x480)

・・・結果。
めちゃめちゃ重いよこの石。
これで願い事が叶う人いるのかよー、というレベルの重さでした。
これからおもかる石を持ち上げる方、そーとーな重さを想像して臨みましょう。



さて、千本鳥居も通って、奥社まで来たのですが、伏見稲荷大社はまだまだ奥があるようです。

P5062123 (640x480)


まだ時間も早いので、どうせなら一番奥まで行ってみようか、とその時は軽ーい気持ちで思ったのでした。



<2015年5月6日訪問 つづく>





行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫