チームラボ@福岡城とか博多のカップルとか【2017‐8九州‐2】

 2018-02-16
 前編「おりづるタワーのキャンドルとか



多駅前の冬のイルミネーションはいつもきれいですね。

DSC05478 (640x480)


冬に九州に来るときは青春18きっぷを使って丸2日かけて夜に博多に着くことが多いせいか、最近はこのイルミネーションを見ると、ようやく九州ついたどー、という実感が湧いてくる私です。

DSC05476 (640x480)



♪今日は吉原・堀之内~中洲・ススキノ・ニューヨーク~♪

博多の夜と聞けば、そんなタケちゃんマンの歌のような想像しかできないバブル世代の貴女に私は言いたい!
めくるめくような博多の夜を目の前にしても、あえてアートの道へと進む、清く正しく美しい男もいるのだ、と。

そんなわけでこの日、ホテルに荷物を置いてすぐに向かったのはここ。

DSC07666 (640x480)

ライトアップされた福岡城址ですな。

この冬、ここで行われているチームラボのこのデジタルアートが見たかったのです。

DSC07669 (640x480)


「チームラボ」とは、プログラマ・エンジニア、数学者、建築家、デザイナー、アニメーター、絵師など、様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団.。

最近は全国津々浦々のこうしたデジタルアートイベントに引っ張りだこですね。


福岡城は城の規模としては九州一の巨城で、本丸・二の丸・三の丸などの中心部は総石垣造りで、別名、石城とも呼ばれています。その美しい石垣を中心に、福岡城が壮大な光のデジタルアート空間として演出されているのがこのイベントなのです。

DSC07670 (640x480)


本丸に入ると、出た!タマゴアート。

DSC07671 (640x480)


このタマゴみたいな柔らかい物体、子どもたちにバンバンキックされたり、地元の大学生くらいのカップルが、
「これ押してみてよかとね?(女子)」
「よかよか!(男子)」
「(ぼよ~ん・・・押し倒す音)」
「きゃあああー!起き上がっとっとー!あんたみたいに元気ビンビンとねー(女子)」
「そりゃ、あんたが美しかけん(男子)」 ※博多弁テキトー
みたいな感じでかなり手荒に扱われています。

おいおい大丈夫かよー、これアートだぜ。
と思っていたのですが、よかなんだそうですとー。

DSC07677 (640x480)


これは「呼応する、たちつづけるものたちと木々」というタイトルのアートで、このタマゴくんが人に押されて倒れかけたり、人々が木々に近づいたりすることで、それぞれの光の色が変化したり、その色特有の音色が響くようになっているんだそうです。


僕も押し倒してよかですかー?
と闇夜につぶやいてみると
「よかよ、ウチ、あんたんこつ、すいとーと」と誰かが答えたような気がして、やっぱり中洲の夜に消えようか、それとも親不孝通りで福岡の港の女を探そうかと一瞬揺れましたが、今宵は清く正しく美しい夜なので、そのままアートの世界に没頭することにしました。

これも「呼吸し呼応する石垣」。

DSC07679 (640x480)

本丸跡の「呼応する、たちつづけるものたちと木々」に呼応して、まるで呼吸するかのように光ったり色を変えたりしています。


天守台の上に上ると、本丸跡の向こうに博多の夜景が。

DSC07686 (640x480)


何千、何万もの光が呼応し、呼吸するように次々に変化しています。

DSC07687 (640x480)

これは圧巻でした!
インスタ映え、しそうですな。

DSC07693 (640x480)

ただ、この自撮り、大丈夫か?
ちと顔のシェアが大きすぎでないかい?


城内には別名、石垣城と呼ばれる福岡城の特徴を活かしたアートも。

これは「石垣の空書」

DSC07685 (640x480)

大天守台跡の石垣に、空書(空間に書く書)を永遠に書き続けています。


そしてこれが「大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達」。

DSC07704 (640x480)

花々でできた動物が、全長60m、高さ約8.5mの大天守台跡の石垣に住んでいるかのように描き出され、そして散っていきます。
すごい迫力なんだけど、あー、うまく写真に残せなかったな。。。


チームラボ@福岡城、素晴らしかったですよ。
これはこの1月で終わってしまいましたが、今後も全国津々浦々で同様のイベントはあると思うので、ぜひおすすめです。



<2017年12月29日 訪問>   続き⇒祐徳稲荷の左馬並みとか、肥前浜のうなぎ屋さんとか



ブログランキングに参加しています!
行きたくなったら1票お願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  
スポンサーサイト
タグ :

進め!卒業式新幹線 【青春18 対馬への旅‐番外編】

 2014-12-19

A列車で行こう!とフェリーを乗り継いで天草松島を統一したあとは、すぐにバスで三角まで戻り、再び三角線で熊本へ。
久しぶりに降り立った熊本駅は、新幹線開業で新しくなってました。

IMG_3929 (640x480)



今日は、そのあと博多に戻る普通列車の中で見たJR九州の中吊り広告から。

IMG_3931 (640x480)

九州新幹線開業10周年を記念して、新幹線を貸し切って卒業式をさせてくれるそうです。
やりますね、JR九州。


新幹線の中で、高校生たちが笑ったり、泣いたり、
飛び跳ねたり、抱き合ったり、
先生の話をしんみり聞いたり、
遠い都会に出て行く友達が、ホームに降りても別れ際にずっと手を振りつづけていたり。

そんな姿が思い浮かんで、想像するだけでジーンと来ちゃうじゃないですか。


ユニークな列車や、ななつ星みたいなイノベーティブな風土を持っているだけじゃなく、この会社は人の心の琴線に触れる武器を、本当にたくさん持っていると思うのです。

たとえば九州新幹線全線開業の時のCM。
エキストラでもなんでもない、九州新幹線の沿線に住む普通の人々が、ただ新幹線に向かって手を振ったり飛び上ったり笑っていたり。
そんなシンプルな映像なんですが、妙に心を動かされるんです。



思えば、九州新幹線全線開業の日は、東日本大震災があった翌日だったんですね。
そんなこともあって、人々のつながりだの絆だのが心に沁みる時期だったせいか、ネット上でもすごく話題になっていたCMでした。


もうひとつ、昔コピーライティングを学んでいたときに知った、JR九州の素晴らしいCMコピーがこれ。




 愛とか、勇気とか、見えないものも乗せている。


ですよ。
シビレますよ。



この中吊りを見てたら、そんなことを思い出したりしたので、番外編でちょっと書いてみました。


このあと、博多に向かい、いよいよ対馬に向けて出発です。


<2013年12月28日訪問>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

青春18 五島列島への旅 10  名前に魅かれて、秋月へ 【福岡県・秋月】

 2014-07-27
<はじめから読みたい方>
 青春18 五島列島への旅 1 【出発前】
 青春18 五島列島への旅 2 【岐阜県・美濃赤坂】
 青春18 五島列島への旅 3 浮気町【滋賀県・守山市】
 青春18 五島列島への旅 4 H商店街 【京都府・亀岡市】
 青春18 五島列島への旅 5  美山かやぶきの里【京都府・南丹市
 青春18 五島列島への旅 6 北近畿タンゴ鉄道 【京都府・宮津市】
 青春18 五島列島への旅 7 伊根の舟屋【京都府・伊根町】
 青春18 五島列島への旅 8  鉄子の部屋 【兵庫県・浜坂町】
 青春18 五島列島への旅 9  山陰素通り編 【島根県】


①東京🚝(東海道線)🚝大垣🚝美濃赤坂🚝守山🚝新大阪(泊)
②新大阪🚝京都🚝亀岡🚝園部🚍美山🚍園部🚝福知山(泊)
③福知山🚝(北近畿タンゴ鉄道)🚝宮津🚍伊根🚍網野🚝豊岡🚝浜坂🚝鳥取🚝出雲市(泊)
④出雲市🚝米子🚝新見🚝備後落合🚝三次🚝広島🚝小倉(泊)
5日目 小倉🚝甘木🚍秋月🚍甘木🚝博多港🚢(船中泊)
⑥青方港🚍上五島教会群めぐり🚍奈良尾港🚢福江港(泊)
⑦バイクで福江島一周🚢長崎🚍(夜行バス車中泊)
⑧阿部野橋🚝和歌山🚝(和歌山電鐵)🚝貴志🚝和歌山🚝白浜🚝紀伊田辺(泊)
⑨紀伊田辺🚝湯浅🚝岸和田🚝大阪(泊)
⑩大阪🚝奈良🚝関🚝亀山🚝四日市🚝名古屋🚅東京



IMG_1334 (640x480)


島列島へ行く方法は、言うまでもなく航空機か船になりますが、僕は飛行機が苦手なので船しか選択肢はありません。
船で行くとなると、長崎や佐世保から高速船かフェリーで行く方法と、博多港から夜行フェリーで行く方法がありますが、僕は博多港からの夜行フェリーを利用することにしました。

時間的には長崎や佐世保から高速船に乗ってしまえば1時間半から2時間前後でほとんどの島には着いてしまうのですが、そんなにすぐに着いてしまうのはなんとなくもったいないような気がして、一番時間のかかる方法にしてみました。
(そしてこれは一番お金がかからない方法でもあります。夜行便なのでホテル代も1泊浮くことになります)



小倉に泊まった翌日、博多港をその日の深夜に出るフェリーに乗ればよかったので、ほぼ丸一日、時間はあるのですが、事前には特に何も予定を決めていませんでした。なんとなくその日の気分で、博多周辺の行ったことのない場所をぶらぶらすればいいや、と思っていたのです。

秋月、八女、筑後吉井あたりの、ちょっと幹線から外れていて、その気にならないとなかなか訪れるチャンスのない渋い町が気になっていたので、今回は秋月に行ってみることにしました。


秋月は「筑前の小京都」といわれ、秋月氏、黒田氏の城下町として「秋月千軒の賑わい」と謳われるほど栄えたようです。『信長の野望』でも、比較的早い年代の設定だと、秋月城とか秋月氏とか出てきていたので、僕も知っていたのだと思います。
明治に入って「秋月の乱」なんてのもあったようですが、歴史の授業で聞いたことがあるような、ないような・・・
どちらにしてもその詳細は覚えていませんが。

地理的に、道路も鉄道も主要幹線から外れた場所にある、ということもあり、明治以降は急速に寂れていき、今は人口1000人程度が暮らす、静かな山の中の一集落になっていますが、その分さまざまな史跡や景観が比較的壊されずに残っているのが小京都、と呼ばれる所以のようです。


秋月、という名前にも魅かれますね。
名前の通り、秋の満月の夜に来て、青白い光で静かに照らされた城下を歩いてみたい気もします。

IMG_1340 (640x480)

城下町の入り口にある目鏡橋(眼鏡橋ではありません)。
秋月のランドマークのようです。

IMG_1335 (640x480)


秋月の町並み

IMG_1343 (640x480)

IMG_1342 (640x480)


城下の町並みをちょっと外れると、いつかどこかで見たことがあるような里山と、豊かな日本の秋がありました。

IMG_1344 (640x480)


懐かしいといえば、この秋月中学校。

IMG_1353 (640x480)

この木造校舎。

僕の卒業した小学校は、当時、明治時代から続く歴史がある、といわれた木造校舎(これより数倍ボロかったけど)だったので、なんだか本当に懐かしくて、Facebookにアップしたら、たくさんの反応がありました。

「父の母校です。 私は行ったことがないんですよー。なーんにもない田舎だよ。といつも言ってました。私のかわりにお墓参りお願いします」という同じ会社の女の子。
「母親の地元にようこそ♪ちなみに東京に異動してくる前迄は、営業でときどき行っていました(^^)v」という友人。

今はこんな小さな集落ですが、秋月は確かに歴史を作っていた場所だったんですね。


秋月はJR鹿児島本線の基山駅から分岐する甘木鉄道(基山~甘木 13.7km)の終点甘木からさらにバスで20分のところにありますので、今回、初めて甘木鉄道にも乗りました。

IMG_1355 (640x480)


そして、途中にある、この駅

IMG_1357 (640x480)


「おお」と「いたい」の間に「、」でも打って「おお、いたい」とでもなっていればもっとわかりやすいのでしょうが、一応珍名駅として知られる駅です。
漢字で書いちゃうとどうってことはないんですが。

IMG_1356 (640x480)




そのあと、博多の街でちょっとゆっくりしてから、博多港フェリーターミナルに向かいます。
中州や天神から歩いても30分もかからないくらいなので、町なかで食事をしたあと、那珂川沿いをぶらぶらと歩いて行ったりします。

IMG_1359 (640x480)

いつ来ても「壱岐・対馬・五島」という文字に見とれてしまいます。
僕は夜の博多港フェリーターミナルの雰囲気、とても好きです。

五島行きのフェリーは、23時30分発です。




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫