傷つけど、なお威風堂々、熊本城 【2016秋‐熊本】

 2016-11-03
本と大分、特に阿蘇・くじゅう地域は、僕の中では日本で3番目に好きな場所です。
3番目というとなんで3番なの?とムッとする関係者もいるのですが、僕としてはこれは最大級のほめ言葉だと思っています。

日本全国すべての場所に行ったとまでは言えないものの、僕が今まで平均換算すれは日本を7周、8周するくらい旅して来た中で、あまたある魅力的な場所の中での3番目なんです。
1番目は北海道、2番目が瀬戸内。
そして3番目が阿蘇・くじゅう。
1番目の北海道や2番目の瀬戸内が、かなり広域な範囲の地域であることにくらべて、阿蘇・くじゅうはかなり限定されています。
阿蘇・くじゅうというギュッと絞られた地域が、瀬戸内や北海道といった広大な地域と張り合うくらいの、それだけ魅力的な地域なんだともいえます。

そんなわけで熊本の震災後、できる限り早く九州に行きたいと思っていました。
本当は6月に行く予定があったのですが、諸事情があり9月に延期となり、今回の訪問に至った、ということになります。


今回の九州入りは、僕の苦手な飛行機です。
なぜかというと、会社の行事として来ているからなのです。

P9098100 (640x480)


僕の勤務する会社は観光業ですから、こうして震災で被害を受けた地域、特に復旧後も続く心理的な風評被害を世の中から払拭し、旅で復興を支援するということが大きなミッションです。
実は震災後の6月の会議を東京ではなく九州で行い、実際に自分たちで現地を見て、世の中に正確な情報を普及させようと計画していたのでした。ところがやむを得ない社内の事情があり、6月の実施がどうしても難しくなってしまい、ちょっと遅くなってしまったのですが、今回こうしてやってきたのです。
時期がずれたとはいえ、思いは同じです、


機上からは僕の好きな阿蘇が見えます。
いつも陸路なので、もちろん飛行機から見るのは初めてです。
こんなにきれいに見えるなら、飛行機も悪くないな、と思うくらい、草千里もはっきりと。

P9098093 (640x480)


噴火前の阿蘇中岳火口。
噴煙は少し上がっていますが、この1か月後に爆発的噴火がありました。

P9098091 (640x480)


熊本湾の手前で大きく旋回して、熊本市街の上空を通過すると、熊本城が見えました。
ただこの時はどんな状態になっているかはよくわからなかったのですが。

P9098104 (640x480)



熊本に着き、まず何よりも、ということで熊本城へ。
現在はまだ熊本城の中には入れないので、ボランティアガイドさんの案内で二の丸広場や加藤神社、その周辺から天守閣や櫓などを見学することになります。

P9098109 (640x480)


立ち入り禁止の看板の先で、大きな石垣が崩れているような姿がいきなり目に飛び込んで来ます。

P9098111 (640x480)


遠くから天守閣パッと見る限りでは、以前とあまり変わらないように見えました。
(よく見ると手前の塀が全部倒れていますが・・・)

P9098114 (640x480)


が、カメラで近接して見ると天守の瓦もこの状態。

P9098118 (640x480)


この熊本城には何度も来ていますし、つい去年の夏にも来たばかりだったので、やはり衝撃でした。
  →熊本城のスゴすぎる武者返し
僕でさえこんな衝撃なので、熊本の市民、県民の皆さんの思いはこれとはくらべものにならないのでしょう。
おそらくもう何度もこの姿を目にしているはずの地元のバスガイドさんが、そっと涙をぬぐっています。

P9098120 (640x480)


これは戌亥櫓(いぬいやぐら)。
よく見るとまわりの石垣が崩れ落ちる中、隅石だけで辛うじて櫓を載せてなんとか耐えているのです。

P9098131 (640x480)


同じ熊本城の飯田丸五階櫓が櫓の崩壊を一本足で支えているようにみえる、ということで「奇跡の一本足」として話題になりましたが、あちらはすでに補強工事が完成していて、今はこちらが「もう一つの一本足」として話題になっているのだそうです。

P9098133 (640x480)



「今しか見られない熊本城ですよ」

そんな光景を唖然として眺めている僕たちにガイドさんが言いました。

観光なんて不謹慎、ということはありません。
深刻な被害を受けてまだ復旧もままならない場所を興味本位で回るのはもちろんよくないことですが、少なくとも、こうして復興に向けて必死に頑張っている地域の方々は、まずとにかく一度来てみてほしい、と思っています。
そしてこうした「お城」や「人」の姿は、僕たちの心に必ず「何か」を伝えてくれるはずです。


P9098117 (640x480)


熊本城を復元するのにかかる時間は10年とも20年とも言われています。
しばらくはこうした「今しか見られない」熊本城の姿であり続けます。


傷つけど、なお威風堂々、熊本城。

自然とそんな言葉が出てきました。。



<2016年9月9日訪問>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :

たびねすに新着記事掲載!山鹿灯籠祭りで「あなたもお酔いよ」

 2016-07-06
門家が教える旅先ガイド「たびねす」に新着記事掲載しました!


艶やかで日本情緒あふれる素晴らしいお祭りです。


ぜひ読んでみてください!


  入口⇒  千の灯りが妖しく誘う。山鹿灯籠祭りで、あなたもお酔いよ



P8153875 (640x480)

P8153993 (640x480)

P8154027 (640x480)






共感したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

熊本城のすごすぎる武者返し【熊本】2015夏九州-16 

 2015-10-10
根城にはひこにゃんがいるので、熊本城にはくまもんがいるはずだ!

と思っていたわけじゃないのですが、熊本に来たからには熊本城に行かないと天罰があたるだろう、ということでやってきました熊本城。

別府から乗ってきたレンタカーを熊本駅前で返し、ここからはまた公共交通機関を使ったのんきな旅に戻ります。寝たいときに寝て、本読みたいときに本読んで、妄想したいときに妄想する。そんな旅ですな。



熊本駅、九州新幹線開業を機に、ずいぶんイメージ変わりましたよね。

P8205004 (640x480)


わざと古めかしく作っているのか、昔の熊本駅をちょちょちょいと増築してリニューアルしたのかわかりませんが、なかなかいいですよね、地中海ふうで。あくまでも僕の感じるイメージですが。

P8205008 (640x480)


駅前から熊本城には市電に乗って行くことになります。
お城の御堀端には清正くんが。清宮くんではありませんよ!

P8205010 (640x480)

秀吉の子飼いだったくせに関ヶ原では東軍だったので、僕はあんまり好きじゃないんですが、まあ熊本城といえば加藤清正なので仕方なく写真撮っといてやりました。


城内に入ると見えてきました熊本城天守閣。

P8205016 (640x480)


「うーん、素晴らしい武者返しだなー。敵が城の中に入れないように石垣が垂直になってるんだ。すごいだろー」
なーんて娘にそんな説明をして、インテリジェンス&博識ある父を演じてみたのですが、ほんとに武者返しでよかったんだっけ・・・

P8205014 (640x480)

あとで調べたら武者返しでよかったみたいでした。。。よかった(笑)


熊本城は日本三名城の一つと言われているだけあって、3層6階の大天守を中心に威風堂々の姿。

P8205025 (640x480)



熊本城は復元された本丸御殿が公開されているので、中に入ってみます。
ここが昭君之間(しょうくんのま)とよばれる対面所(藩主の会見の場)で、本丸御殿の中で最も格式の高い部屋だそうです。

P8205029 (640x480)

その天井。

P8205032 (640x480)

熊本城には2回くらい来たこともあったのですが、ここに入ったのは初めてだと思います。その時は公開されてなかったのかなあ。


天守の上にはたくさんの人がいますので登ってみました。
高いところは苦手ですが、このくらいならギリギリ大丈夫です。

P8205028 (640x480)


熊本市街から阿蘇方面。

P8205034 (640x480)


よく見ると、外輪山の尾根に沿って巨大風車が並んでいます。
カルデラの中と外を吹き抜ける風の通り道なんでしょうかね。

P8205035 (640x480)

ここは九州最大級の風力発電施設、阿蘇にしはらウインドファームという場所で、10基の風車があるそうです。
このあと高千穂へ向かうバスに乗っているときに、このすぐ横を通ったので知ったのでした。


熊本でちょうど昼食時だったので、熊本ラーメンだろう、と話していたのですが、街なかで偶然、博多とんこつラーメンの「一蘭」を発見した娘が、どーしても一蘭がいい、と言い出して結局熊本で博多とんこつを食べる羽目に。
前に博多に行ったときに食べた一蘭のラーメンが忘れられないのだそう。
一蘭なんか東京にだってあるのに、とは思いつつも、まあ同じ九州のとんこつベースだからいいか、と。
まあ実際はちょっと違うと思うんだけどね。




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

これぞ天空の絶景!阿蘇ラピュタの道 【阿蘇】2015夏九州‐15 

 2015-10-08
  前編  噴火より怖い、五里霧中の草千里


回の九州で、一番来てみたかった場所、それがこの阿蘇ラピュタの道。

P8204953 (640x480)

ご覧のように、阿蘇外輪山の頂上から谷底の町に向かって、尾根の断崖に沿って切り拓かれたわずかなスペースを全速力で一気に駆け抜けてダイブするようなダイナミックな道です。
この天空に浮き上がってる感が「天空の道」、「ラピュタの道」と呼ばれるゆえんなのでしょう。


前夜、阿蘇の内牧温泉に泊まったので、翌朝再び昨日下りた外輪山への道を上り、外輪山の頂上の尾根をしばらく走ったあと、ミルクロードと呼ばれる県道339号に入ります。

P8204944 (640x480)


かぶと岩展望所を過ぎるとやがて左側にお地蔵さんがあって、その横に車が数台止められるスペースがありました。どうやらここがラピュタの道の入り口のようです。内牧温泉を出て20キロ弱、30分はかからないくらいで到着します。

実はこの道、「阿蘇市道狩尾幹線」と呼ばれる6キロほどの農道です。もともとは外輪山の上にある牧場へ阿蘇の町から牧草などを運ぶために使われる田舎の小さな農道だったのですが、この道からの景観があまりにも素晴らしいため、いつの間にか脚光をあびるようになってしまったのです。

なので入口にはこんな看板が。

P8204945 (640x480)


というかその横にはもっと大変な看板が。

P8204946 (640x480)


ガーン!全面通行止めじゃん。


とかなんとか言いましたが、実はこの道、おそろしく悪路かつ乗用車でもすれ違い困難な場所だらけだということで、もともと通るつもりはなかったんですけど。

P8204957 (640x480)


この道、崖っぷちを急カーブでぐるぐる回ったり、かなりハードな道のりなので、大雨などで地盤が弱くなるとすぐ通行止めになっちゃうんです。ちょっと前までもしばらく通行止めになっていて、ようやく開通したとかなんとか聞いていたんですけど。。。

P8204959 (640x480)


それでも強行突破してきたんでしょうか、それとも下の方は通行止めになってないのでしょうか、ときどき車とかバイクが上がってくるんですよね。なんでだろ?
でもまあこの道、登るより下る方が危ないらしいのです。でかい穴とかが、カーブの先に急に現れたりするので、バイクとか自転車は特に。だから登りはいいのかなあ。

P8204996 (640x480)



サイクリストは多かったですね。

P8204950 (640x480)

この道はサイクリングコースとしても有名で、標高479mの山麓から標高940mの山頂まで、461mの高低差を一度も下ることなく登りつづける地獄のコースとして有名なんだそうです。もちろんこんなところから見る景色も最高なんでしょうね。




さて、車を降りると駐車場の横あたりから草原の中を進む脇道があるので、ラピュタの道は下らずに、その脇道をすすみます。

P8204986 (640x480)


すると5分ほどで目の前に雄大な阿蘇五岳と青々とした阿蘇谷を見下ろす展望スペースにたどり着き、眼下にはラピュタの道がまさに「天空の道」の如くのびているのです!

P8204954 (640x480)


浮かび上がってますよね、天空に。

P8204956 (640x480)

すーばーらーしー。

僕、決めました。
僕的に、日本で3番目にいいところは阿蘇に決定です。
なんとなく、今まで1番は北海道、2番は瀬戸内の島々、までは決めていたんですが3番目以降はなかったんですよ。
僕の中の3番になるって、結構すごいことだと思いますよ。
おめでとう、阿蘇!(自己満)。。。


ちなみに、一部、皆様のクリックのおかげかもしれませんが、たびねすに掲載した「阿蘇ラピュタの道」の記事が、人気ランキング総合1位を3日間、ベスト5以内に8日間もランキングし、10日間で20,000近いクリックをいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。ウヒッ。




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

噴火より怖い?「五里霧中」の草千里 【阿蘇】2015夏九州-14 

 2015-10-06
  前編  雨のやまなみハイウェイと植木の動物園


つの間にか雨も上がり、なんとなく空も明るくなりかけているような気がしたので、とりあえずやまなみハイウェイに別れを告げて、阿蘇外輪山頂上からの展望所として有名な大観峰に向かってみました。

阿蘇のカルデラをぐるっと囲む外輪山の頂付近を走る道路はミルクロードと呼ばれ、沿道にはたくさんの牧場があるようで、わずかな土地に緑の牧草が一面に広がっています。

P8194919 (640x480)


やがて大観峰に到着。
雨はもうすっかり上がっていたので、駐車場から展望台へと歩いて行ってみます。

P8194913 (640x480)


若干ガスはかかっていますが、朝の天気を考えたら上出来じゃないでしょうか。
下に見えるのは阿蘇谷に広がる町。今日はちょうどここから見えている阿蘇内牧温泉に泊まることになります。

P8194918 (640x480)


平らな外輪山の頂上がぐるっと阿蘇谷を囲むように続いているのがおわかりでしょうか?

P8194916 (640x480)

ちょうどこの写真から見える外輪山の頂上のどこかにあるのでしょうか、今回の阿蘇で一番行きたい場所があるのですが、そこには朝の時間帯に行きたいので、いったん下界に降りて、明日またトライする予定にしています。


さて、阿蘇といえば草千里。
天気も回復しつつあるので、予定通り草千里に行ってみることにしました。
外輪山からはいったん阿蘇谷に降りて、今度はカルデラの中にある内輪山の険しい坂道を登って行くことになります。
阿蘇パノラマラインと呼ばれている、この途中の登りの道も素晴らしい景色なんですよね。

P8194928 (640x480)

これは草千里展望所の向かい側あたりから見た杵島岳ですね。


草千里は草千里ヶ浜といい、 阿蘇五岳の一つ、烏帽子岳の麓に広がる大草原。一面の萌えるような明るい緑が特徴的で何回来ても素晴らしいと思ってしまう場所ですが、山の上はやはりまだちょっとガスがかかっていて、すんごい緑!って感じの写真をお見せできないのが残念です。

P8194921 (640x480)


それでもちょっとすんごい緑、って感じはしますね。
この池は雨水がたまってできている自然の池なんですね。

P8194927 (640x480)


草千里が浜の脇に阿蘇火山博物館があったので入ってみました。

P8194933 (640x480)

この時の阿蘇くんはとても静かで、まさかそのあと1か月も経たずに突然噴火するとは思いもしませんでした。ちょうどそのころは桜島嬢が元気いっぱいな時期でしたが。


むしろこの日大変だったのは、噴火より霧。
火山博物館を見終わって外に出てみると、草千里にガスが出はじめた、という感じだったのですが、

P8194935 (640x480)


あれよあれよという間にあたり一面霧に包まれ、

P8194930 (640x480)


視界ゼロ、まさに五里霧中という感じになってしまいました。

P8194931 (640x480)


おいおいおいおいおいおいおいおい。
こんな霧じゃあんな山道で下まで帰れんだろう。。。とちょっとビビってたのですが、やがてまた何事もなかったように彼らは突然去っていったのでした。

P8194941 (640x480)


本当は阿蘇山ロープウェイに乗って、山頂で中岳の火口も見てみたかったんですが、夕刻も近づいていたので、とっとと帰ることにしました。

残念!

でもまあ、あんな霧の中で噴火されなかっただけよかったかもしれせんね。。。


<つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫