夜のかまくら ハイライト 【秋田県・横手かまくら‐2】

 2015-01-31
  前編 横手かまくら-1

手かまくらのハイライト、夜の部がはじまりました。

横手かまくらの主な会場は、横手城のある横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り、市役所本庁舎前道路公園の4か所です。
期間中はこの4か所を結ぶシャトルバスが10分間隔で運行されていますので、移動は便利なのですが、ピーク時は結構混むので、何本か待たなくてはならないケースもあります。

かまくら館近くの乗り場は案の定混んでいたので、まず最初に二葉町かまくら通り会場まで歩いて行ってみることにしました。
途中、横手川を渡る蛇の崎橋にかかると、眼下にミニかまくらの灯りが。

IMG_2083 (640x480)


おぉ、これはなかなか幻想的。
川原に降りてみると、ひとつひとつのミニかまくらの中にはろうそくの火が。
これ全部に点灯するの、大変だろうな、と思うほどの数です。

二葉町会場は、普通の民家の並ぶ細い路地のところどころにかまくらが点在しています。
昔からこの通りのかまくらは町内会が主体的に運営していて、最も伝統的なかまくらの姿を残している会場だと言われています。

IMG_2091 (640x480)


しかし週末で人がたくさんいるので、なかなか中に入るきっかけがつかめません。
かまくらと言えば、中にいるめんこい子供たちから「はいってたんせー」と声をかけられて「おぉそうか、じゃあお兄さんもちょっくらお邪魔してみよっかな」的な感じでものごとが進むと思っていたのですが、とんでもありません。
かまくらの外には順番待ちの人々が待っているような状態だったので、ささっと一通り眺めてここは終わりにします。

次の会場は、横手城の天守閣とかまくらのコラボレーションが味わえる横手公園。
ここは山道となるので、シャトルバスを利用して移動します。

横手城とかまくら。

IMG_2115 (640x480)


そのまま横手城の天守閣まで登ってみます。

IMG_2097 (640x480)


上から見たかまくらの頭頂部。

IMG_2103 (640x480)


なんかプリンみたいですね。



なんかこのままだとかまくらの中に入らずに終わってしまいそうなので、仕方なく僕も順番待ちして、いざ、カマクラ!

『かまくらに入ったら、まずは水神様が祭られている祭壇にお賽銭をあげてください。そうすると子供たちが甘酒や焼餅をふるまってくれますので、火鉢にあたり、子供たちとの「話っこ」を楽しみながら、雪国情緒を味わいましょう。』

かまくらでの振る舞い方マニュアルにはこんなふうに書いてあったのですが、子供たち、結構あっさりしてました。
なかなか共通の話題もなく(あたりまえか)会話もさほど弾まないので、お餅食べて、甘酒飲んで、まあ雰囲気が味わえたからよしとしよう、ということであえなくかまくら体験は終了いたしました。



IMG_2129 (640x480)


横手のかまくら。
ちょっと人が多すぎて、にほん昔話に出てくるような鄙びたかまくらではなかったけど、でもやっぱり来てよかったと思います。

欲を言えば、観光客もいないような普通の通りになぜかポツンとひとつだけかまくらがあって、「はいってたんせー」という声に誘われて中をのぞいてみたら、そこには色白秋田美人のお姉さんがひとり佇んでいた、みたいなシチュエーションがあるともっとよかったのですが。



このシリーズ、終わり。


<2013年2月16日 訪問>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :

戦略的寒さ?あけぼのゴロンとシート【横手かまくら‐1】

 2015-01-28
手のかまくらには、ずっと前から行ってみたいと思っていました。


大学時代の同級生に横手出身の女の子がいて(彼女は雪のように白くきれいな肌でした)、彼女から何度かかまくらのときの話を聞いていたからでした。
今まで横手の町には2度、3度と降り立ったことはあるのですが、かまくらの時期に訪れたことはなく、今から2年前の2013年2月、ようやく念願の初かまくらを体験することになったのでした。


横手のかまくらは、毎年2月15日と16日に行われる小正月行事で、約420年の歴史があるといいます。
町の至るところに作られた雪のやしろ「かまくら」の中から、地元の子どもたちに「入ってたんせー」と呼びかけられ、かまくらの中に入って水神様にお賽銭をあげると、子どもたちが甘酒やお餅でもてなしてくれる、という雪国の情緒ある行事です。

この年は15日が金曜日、16日が土曜日というカレンダーだったので、16日の早い時間から横手に着いて目一杯かまくらを満喫しよう、ということで、上野から秋田経由で青森まで走る夜行列車、「あけぼの」で出発したのでした。

IMG_2055 (640x480)

ちなみにこの「あけぼの」、今はもう定期列車としては運行されておらず、繁忙期の臨時列車でときどき見かけるだけになってしまいました。

この列車には「ゴロンとシート」という寝台料金(6300円)がかからず、特急料金だけで乗車できる、というなんともお得なカテゴリーのシートがあるのでした。

IMG_2051 (640x480)


しかもこの座席は普通のB寝台席と同じものなのです。
ただ寝台車のような布団セットがついていないので、ベッドの上に直接ゴロ寝しなければなりません。
こんな感じです。

IMG_2053 (640x480)


でも布団があるかないかの違いだけで寝台料金がかからない、というそのお得感に誘われて、ためしに乗ってみることにしました。
別にケチったわけではないのです。
いや、やっぱりケチったかもしれません。。。


感想は・・・・・・・・・・・・・・・・・サムい!


布団がないので、とにかく寒い。
もちろん車内には暖房が入っているのですが、2月の新潟やら山形やら秋田のギンギンに冷えたすきま風がどこからか入ってきて、ごろんとシートに巣食うケチった星人たちに「それみたことか」と襲い掛かってくるのです。

ちょっとちょっとちょっと、この車両だけもうちょっと暖房強くしてくれよ、と思いましたが、構造上1両だけ調整はできないのか、それとも戦略的に(寝台車との優劣差を出すために)寒くしているのかはわかりませんが、まー大変な一夜でした。

結論。
「ごろんとシート」に冬に乗る場合は、布団を持ち込むか(これは無理ですね)、いつも以上に厚着をして(股引とかタイツとかがマストレベル)乗りましょう。

と、えらそーにアドバイスしてはみたものの、すでにあけぼのは定期列車としての役割は終えていて、今は繁忙期に臨時列車として運転されるだけで、なおかつこの「ごろんとシート」は連結されていないようですので、もう利用する機会はないと思いますが。



秋田駅到着時のあけぼの。
こりゃ、サムいはずですね。

IMG_2059 (640x480)


秋田から奥羽本線の普通列車に乗り換えて、約75分で横手駅に到着します。

IMG_2137 (640x480)



かまくらは、毎年2月15~16日に行われる横手の小正月の伝統的な行事。
横手では、かまくらの中にまつられた水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願するという風習があり、それがこのかまくらの原型だったそうです。

暖かそうな橙色の明かりを灯したかまくらが、雪の中にポツンポツンと並び、袢纏を来た子供たちが「はいってたんせー(はいってください)」と呼びかけ、その中であたたかい甘酒やお餅を振舞ってくれる…
かまくらのハイライトはもちろんこうした夜の情景にあるのですが、昼間もいろんなイベントが盛りだくさんで、結構楽しめるのです。


まず行ってみたのは、市役所本庁舎に隣接して建っている横手ふれあいセンターかまくら館。
ここは横手市街の中心部にあり、横手かまくらイベントの本部基地のようなところです。

そこで見かけたのが、これ。

IMG_2060 (640x480)


これも横手の小正月の伝統行事のひとつ、ぼんでん、と呼ばれる催しのひとコマ。
豪華絢爛な頭飾りをつけたぼんでんの秀麗さを競うコンクールの最中でした。

このぼんでんは明日、ここから約3キロを練り歩いて旭岡山神社に奉納されるのですが、最後は先陣を競って激しい押し合いが繰り広げられる勇壮な伝統行事だということです。

コンクールのあとには餅まきが行われ、地元の人々と観光客が入り乱れての餅取り合戦。
結構たくさんまかれるので、本気になれば1食分くらいは取れるかもしれません。。。


これはかまくら館に貼ってあったぼんでんのPRポスター。

IMG_2077 (640x480)


ボディコピーがなかなかイケてるので転記しますね。



豪華な頭飾りのぼんでん、30本。
山の上の神社まで4キロを練り歩く男衆、853人。
男衆の中にいるいい男の数、自称も含めてだいたい八割。

あったか冬靴はいて、
数えに行こう。



なかなかやるなあ、横手!



さて、横手の中心部にある文化交流施設、かまくら館に「かまくら」を1年中体感できるファンタジックギャラリーという施設があったので覗いてみることにしました。

入場料100円を払って中に入ると、かまくらを紹介するパネルや映像があり、一番奥に「かまくら室」というものがあります。

IMG_2061 (640x480)

ここは1年中-10℃保たれて、かまくらの実物が展示されています。記念撮影用の袢纏なども用意されているので、かまくらの季節以外に来るにはいいかも。
かまくらの季節に来てしまうと、あとで本物を見るのであんまり意味ないんですけどね。。。


そんなこんなでお昼どきになったので、横手やきそばにチャレンジしてみます。
ご存知横手やきそばは、B級グルメの祭典、B1グランプリも獲得している、ご当地グルメの代表格。太くてまっすぐな角麺に甘めのウスターソース、てっぺんに半熟の目玉焼きが載っているのが特徴で、横手市内を中心に「横手やきそば暖簾会」公認の47軒のお店で味わえます。

残念ながら行ったお店の名前は忘れてしまいましたが、横手やきそば四天王にも選ばれたことのある有名店だったような気がします。もちろんおいしかったですよ、ハイ。


午後は、夜のかまくら会場となっているところを先取りしてブラブラと散歩してみます。

横手南小学校。

IMG_2065 (640x480)


校庭には数個の大きなかまくらと、無数のミニかまくらが作られています。
夜はミニかまくらにろうそくの火が灯されて、きっときれいなことでしょう。

この年はまだやっていなかったのですが、どうやら今年(2015年)からこの小学校で3Dプロジェクションマッピングショーが行われるらしいです。
お口の恋人、ロッテが協賛するイベントで、タイトルは「雪見の夜、かまくらレトロ浪漫」。

ロッテ?雪見?・・・

そう、このタイトルは、ロッテのアイスクリーム、「雪見だいふく」から来ているようです。
雪見だいふくのもちもちした食感と白くて丸みを帯びた形状が、かまくらのほっこりした世界観と似ている、ということから生まれたコラボレーションなんだそうです。

見てみたいですね。
校庭に作られたかまくらやミニかまくらとちょっとモダンな校舎に映し出されるプロジェクションマッピングの共演、たぶんかなり感動的な作品になると思いますよ、ホント。


横手南小学校からすぐのところにある、羽黒町武家屋敷通り。

IMG_2074 (640x480)


夜の本番を控え、職人によるかまくらのメンテナンスシーンなんかも見られて面白かったのですが、ここのかまくらは雰囲気ありましたね。

IMG_2076 (640x480)

昼間の誰もいないお屋敷の立派な門前に、ポツンと佇む真白な無人のかまくら、風情ありますよ。


そんなわけで、かまくらはもちろん夜が本番ですが、昼も結構おススメなのでした、ハイ。



<2013年2月16日 訪問 横手かまくら‐2へつづく>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫