鹿児島仙巌園のち、大島高校甲子園応援ツアーへ【2014 奄美の旅‐5】

 2016-03-26

 前編「想像以上の絶景続き 【奄美大島一周 後半】




りのフェリーに乗ろうと、名瀬港に向かうと、異様な人・人・人

IMG_4468 (640x480)


そう大島高校の甲子園応援団が大挙してフェリーに乗り込もうとしています。

IMG_4473 (640x480)

この船だけでなく、このあとにも臨時便が出ている模様です。


盆暮れGWは別として、奄美路線は普段はそんなに混むこともないので、2等の雑魚寝でも、十分のんびりできるのでしょうが、今回はまあ、そんなこともあろうと思って、2等寝台を予約しておいたのでした。
4人部屋ですが、ベッドが確保されているので安心です。

帰りのフェリーはマリックスライン。
行きのA-LINEとこのマリックスラインが鹿児島~沖縄路線を1日おきに交互に運航しています。

IMG_4474 (640x480)


船内ももちろん大島高校御一行様で大賑わい。

IMG_4484 (640x480)


フェリーで11時間かけて鹿児島に着き、そこからさらに甲子園までバスに乗って12時間かけて応援に行くそうです。
甲子園まで、ほぼ24時間の旅。離島はやはり大変です。

そんなふうに思ってたら、なんだか大島高校を応援したくなって、帰りに僕も再び甲子園に応援に行こう、と決意したのでした。



夜21時ころ名瀬を出港、帰りもほとんど揺れることなく、快適に船旅は進んで、あっという間に夜が明けました。

甲板からみる朝日。

IMG_4482 (640x480)


そして錦江湾に入ると、うっすらと薩摩富士(開聞岳)も見えてきます。
桜島とはまた違って、この眺めもいいですよ。

IMG_4476 (640x480)


揺れさえしなければ、船の旅も素晴らしいですね。
朝8時すぎ、鹿児島新港に到着。鹿児島中央駅まで30分、歩いてみます。

鹿児島中央駅。新幹線ができてかなり都会の駅になりました。
昔は三角屋根の「西鹿児島」っていうのんびりした感じの駅だったんですけどね。

IMG_4488 (640x480)


大島高校の試合は翌日の午後なので、ゆっくり大阪に帰ればいいや、ということで、今まで行ったことのなかった鹿児島市内の仙巌園に行ってみました。

仙巌園は薩摩藩島津家の別邸として、桜島を望む美しい庭園が有名な場所で、別名磯庭園とも言われていて、鹿児島の桜の名所でもあります。

IMG_4497 (640x480)


入口を入ると、いきなり薩摩藩の大砲が登場。

IMG_4496 (640x480)

これは「鉄製150ポンド砲」で後ろの石組みを「反射炉跡」と言うそうです。
この仙巌園に隣接して「集成館」という薩摩藩が日本で最初に作った近代的工業群があり、2015年には、明治日本の産業革命遺産の構成遺産として世界遺産に登録されました。


そのままズンズン奥に行くと険しい岩山を背景に茶室や御殿が広がっています。

IMG_4499 (640x480)

IMG_4502 (640x480)



桜は残念ながらまだ五分咲きくらいでした。

IMG_4505 (640x480)


そしてこの景色。
逆光でうまく映っていないのですが、庭園の向こうに雄大な桜島が。

IMG_4501 (640x480)


桜島を築山に、錦江湾は池に見立ててこの庭園は造られているそうです。スケールでけえな、薩摩藩!
午後であれば順光で、錦江湾と桜島の眺めがさぞかし素晴らしいんだと思います。


桜にはまだ五分咲でしたが、新緑も萌え出でつつあり、きれいでした。

IMG_4512 (640x480)


よーく見てみると 背後の岩山に何やら文字が。

IMG_4513 (640x480)


この文字は「千尋巌(せんじんがん)」。
3文字の大きさは上下で11メートル。1814年に、27代島津斉興がのべ3900人の人夫を使い、3カ月かけて作らせたのだそうです。
それではさぞかし含蓄ある言葉なのかな、と思いましたが、「とても大きな岩」という意味だそうで、あまり大した含蓄はなかったようです。
そんなものに3900人、3か月!やっぱりスケールでけえな、薩摩藩。



午後、鹿児島から再び九州新幹線に乗り、一路関西へ向かい、翌日。
再びやってきました甲子園。

IMG_4517 (640x480)


大島高校側のスタンドには、奄美から来た6000人の応援団(フェリー10隻分)に、本土在住の4000人を合わせて1万人の大応援団。
それ以外の球場の観客も、判官びいきという感じで、8割が大島高校への声援。

IMG_4540 (640x480)


1球ごとにどよめいて、ヒットが出ればお祭り騒ぎ、アウトにすれば拍手喝采。
僕が今まで生で見てきた高校野球の中で、最高に盛り上がってた試合でした。

IMG_4534 (640x480)


そんな大応援を受けて、甲子園初出場の大島高校、頑張りました。
(結局最後に優勝した)京都の平安高校を相手に前半は押せ押せムード。
途中までは1対1の互角の戦いでした。

IMG_4559 (640x480)


結局最後は力尽きて大敗してしまったけど、感動しました。
大島高校の大応援団も、試合終了後は相手チームの校歌に合わせて大歓声と手拍子を送ってました。
まあ、島の人々にとっては、勝っても負けても最高に楽しいお祭りだったんでしょうね。

IMG_4566 (640x480)


奄美大島。
僕にとっては関係のない、絶海の離島だったはずなのですが、帰ってきてみたら、なんだか身近な友達になった感じです。



<2014年3月24日~25日訪問 このシリーズ終わり>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :

想像以上の絶景続き 奄美大島一周後編【2014 奄美の旅‐4】

 2016-03-16
 
  前編 「奄美ブラックラビット号で奄美大島一周へ



戸内町は奄美大島で名瀬に次いで2番目に大きな町で、その中心集落は古仁屋と呼ばれています。

56347714_2060957009_239large.jpg

街なかのヒマそうな小さなガソリンスタンドで給油したら、スタンドのおじさんが僕の原チャリのナンバープレートを見て、名瀬から来たの?とびっくりしていました。
名瀬から古仁屋までは国道をまっすぐ来れば40~50km程度で、そんなにびっくりするような距離ではないのですが、奄美の人はこんな原チャリで長距離を走ることはないのかもしれません。
ホントは北部の海岸沿いを回って100kn近く走ってきたんですけどね。
そんなこと言ったら、お前スゴイなー、ちょっとうちの事務所に上がって飲んでけ、もう今日は仕事は終わりだ、とか言われそうなので、割愛しました。
(僕の中の奄美の人、そんなイメージです・・・)


今回は時間がなくて行けなかったのですが、ここからサンゴのビーチが美しい加計呂麻(かけろま)島行きのフェリーが出ています。

56347714_2060957007_13large.jpg

仕事で知り合った奄美群島のおにーさんたちの中に、この加計呂麻島でダイビングショップをやっている人がいて、とにかくその海の美しさを熱く語っていたのが心に残っています。


午後からはようやく奄美らしく暖かくなってきたので、原チャリを快調に飛ばして島の奥へ行ってみます。
古仁屋の市街からさらに南の半島にむけてちょっと走ると名もなき美しい海岸が。

IMG_4421 (640x480)


すぐ向こう側に見える陸地が加計呂麻島。
ホントに海はきれいですね。


しばらく進むとこんな看板が。

IMG_4423 (640x480)


展望台からのぞいてみます。

IMG_4425 (640x480)

なるほどー、そういうことでしたか。。。
カップルでこの景色を眺めながら、お互いの親指と人差し指を使って二人でひとつのハート形を作ると、その晩はムフフになれるそうです。
誰か今度一緒にやりましょう!


奄美大島の最南端にあたるこの半島の先端あたりには結構有名な観光地があるのです。
まずはヤドリ浜。

IMG_4426 (640x480)


ヤドリとは、小屋という意味で、かつてサトウキビの収穫のためにこのあたりに小屋が立ち並んでいたことから、ヤドリ浜と名がつけられたそうです。
看板にはヤドカリの絵が描かれてますが、ヤドカリもヤドリと同じ意味から来ているのでしょうか?

IMG_4429 (640x480)


そこからすぐ近くにはホノホシ海岸。

IMG_4432 (640x480)


玉石と呼ばれるごろごろした大きな石が特徴らしいです。
波が引くときに、石が擦れて太鼓のような音が聞こえる、ということでしたが、あまり印象に残ってませんでした。

IMG_4430 (640x480)



そして個人的には今回の奄美の旅で一番の絶景だった、マングローブ原生林

IMG_4444 (640x480)


カヌーに乗ってるひとたちが見えますね。

IMG_4446 (640x480)


しかもこれは古仁屋から名瀬に向かう、奄美大島でも一番の幹線と言われる国道から普通に見える景色なのです。

IMG_4448 (640x480)



あーやっぱり奄美サイコー!なんていい気分でいたら、すっかり忘れてたことがありました。

それは、奄美出身の元ちとせが生まれ育った、嘉徳(かとく)という集落。
彼女の「ワダツミの木」という歌、好きなんですよ。
そこは小さな、でもとても美しい集落だ、というのを、以前奄美の本で読んだことがあって、行ってみたいと思っていたのですが、いい気になって走っているうちに、本来曲がるべき道のはるか先まで通り過ぎてしまっていたのです。
ここから後戻りするとさらに50kmも回り道することに気づいて、残念ながら今回は見送ることにしました。



名瀬の港を出てから10時間。
島をぐるっと回って、再び名瀬の街なかに戻ってきたのは夕方4時を過ぎた頃でした。
バイクは9時間までのレンタル料金だったのですが、ホテルの人はオーバーした分の延長料金はいらない、といいます。
いい人なのか、テゲテゲ(奄美の言葉でテキトーという意味)なのかは分かりませんが、奄美、いいところじゃん!とここでもちょっと感動。


バイクを返却して、今度は名瀬の街をブラブラと歩いてみます。
これが奄美群島で最大(半径300kmの巨大な地域で最大ともいう)の繁華街、大島の目貫通り。

IMG_4453 (640x480)


島を一周してきた後に見ると、確かに大都会に見えますね(笑)

そして街の至る所にこんな看板が。

IMG_4449 (640x480)


そうなんです、この名瀬にある大島高校が奄美群島で史上初めて甲子園に出場、ということで非常に盛り上がっていました。

IMG_4450 (640x480)

IMG_4455 (640x480)

56347714_2060956958_94large.jpg

大島高校(地元の人はダイコーと言っていました)の1回戦の日程は、3月25日。
僕がちょうど東京に帰る日じゃないですか!
行けちゃいますね、帰りに寄り道すれば。。。
(ということで結局、僕も情が移って、帰りも甲子園まで大島高校の応援に行くことになりました)



さて、夜も更けてきて、食事どうしようか、と繁華街をひとりふらついてみますが、なかなか地元のお店に入る勇気がありません。

そんなとき、繁華街から少し外れた通りにある一軒のお店が、まるで僕を呼び寄せるかのように、不思議な光を放っていたのでした。


<2014年3月23日訪問 つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

奄美ブラックラビット号で奄美大島一周の旅へ【2014奄美の旅‐3】

 2016-03-13
 
 前編 「さくら前線を突き抜けて、奄美大島へ


明けを待って、朝6時半に名瀬を出発、原チャリに乗って走り始めてはみたものの、寒い。
めちゃめちゃ寒い。
奄美、舐めてました。。。

いくら奄美とはいえ、3月の早朝はまだ12,3℃なので、春物の服装では時速30kmでも涙がちょちょ切れるほど寒い。
それでも頑張って20分ほど走って、まずは奄美屈指のビーチといわれる大浜へ到着。
まだ夜が明けきってなかったので、海の青さはいまいちよくわからないのですが、砂浜は白くてきれいですね。

IMG_4372 (640x480)


砂というより白いサンゴのかけらのようなもので覆い尽くされている部分もあります。

IMG_4376 (640x480)

IMG_4377 (640x480)


拾い上げると、この白い骨みたいなやつになったので、来島記念に一筆したためました。

IMG_4380 (640x480)

夜露死苦とか愛羅武勇とか仏恥義理と書こうかと思いましたが、もう大人なのでやめておきました。
ま、今日は乗ってるバイクも原チャリですしね。



大浜を出て、海岸沿いの国道を走り、峠を越え、トンネルを抜け、そのまま頑張ってみたものの、30分くらい走ったところでとうとうギブアップ。
ヤバいヤバい。もう ((((;゚Д゚)))) って感じです。
とりあえず、陽当たりのいい断崖の上で、暖を取るため、小休止します。

IMG_4386 (640x480)


今回の僕の相棒、奄美ブラックラビット号。

IMG_4388 (640x480)

ま、アマミノクロウサギって意味なんすけどね。
僕がテキトーに名付けました。
だってナンバープレートにイラストまで入ってるしね。。。

なかなか身体が暖まらずに、結局そこでそのまま1時間半も休んでいたのですが、陽も高くなりだして、なんとか我慢できるレベルまで戻ったため、再び島一周に戻ります。


離島らしくアップダウンの激しい道が続き、海沿いの高台からはこんな眺めが。

IMG_4382 (640x480) 


ビーチからちょっと外れて峠道になると、ガラッと変わってこんな風景も。

IMG_4402 (640x480)


ちょっと横道にそれれば、こんな滝が出てきたりします。

IMG_4397 (640x480)


これはなんだろ、奄美の名物フルーツ「たんかん」の残骸か?

IMG_4398 (640x480)


峠道を進むと、全国でここにしかない、お約束の動物看板も出てきたりして、なかなか飽きません。

IMG_4406 (640x480)

IMG_4405 (640x480)


奄美大島の中心、名瀬から奄美大島北部の村、大和村や宇検村と言ったのどかなところを通ります。

途中途中の集落に小さな、でも美しい小中学校があるのですが、 これが異国情緒と懐かしさとが混ぜ合わさって、何とも言えない、いい味を出しているのです。

IMG_4413 (640x480)


ここは奄美大島の南西部の海岸に面した瀬戸内町の油井小学校/中学校。

IMG_4412 (640x480)


僕がコレクションしている、全国の美しい小学校リストのかなり上位に入りますね。

IMG_4411 (640x480)



奄美、想像以上に素晴らしいぞ!
なーんて思いつつ、折り返し地点で島の南部の中心、瀬戸内町の市街地に入ると、ちょうどお昼の時間帯になったところでした。



<2014年3月23日訪問 つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

さくら前線を突き抜けて、奄美大島へ【2014奄美の旅‐2】

 2016-03-09
 
 前編「甲子園、和歌山経由奄美大島へ


大阪から山陽・九州新幹線「さくら」に乗ります。
駅の列車表示板もさくら色なのがいいですね。

IMG_4339 (640x480)


九州新幹線は普通車でも4列シートで座席も広々としています。
いいですよね。普通に新大阪から博多に行くのでも、のぞみじゃなくってこっちに乗りたくなります。

IMG_4345 (640x480)


新大阪から鹿児島まで4時間ちょっと。
ずいぶん早くなったなあ、というのが実感です。
九州新幹線の全線開通前に「つばめ」には乗ったことがあるのですが、九州新幹線全線開業後はこの時が初乗車だったので、新鳥栖とか久留米とか熊本の新幹線駅を通るのは初めてでした。

IMG_4346 (640x480)


鹿児島中央駅から奄美大島行きのフェリーが発着する鹿児島新港まで30分ちょっとなので、ぶらぶらと歩いて行ってみます。
和歌山城ではつぼみだったさくらは、鹿児島市内では咲き始めの状態。
さくら号に乗っている間に桜が満開になっていればよかったんですが、いくら南国とはいえ、まだちょっと早かったみたいです。
でも奄美に着いたらきっと桜前線を突き抜けちゃってるんだろうな。。。

IMG_4351 (640x480)


鹿児島から奄美群島を経由して沖縄までは向かうフェリーは毎日運航されています。
この航路はA'Lineと呼ばれるマルエーフェリーとマリックスラインの2社が毎日交互に運航していて、今日の下り(沖縄行き)はA'Lineのフェリーあけぼの。

IMG_4365 (640x480)

鹿児島出港は18:00
南国の鹿児島の陽はまだ高く、鹿児島湾から見える桜島もくっきり。

IMG_4366 (640x480)


船内のレストランはこんな感じ。
ここはまだ大丈夫ですが、ロビースペースのテーブル席は入船と同時に奄美や沖縄の島んちゅのおじさんたちの酒盛り場としてあっという間に占拠されてしまいました。

IMG_4355 (640x480)


2等船室。
一人分のスペースが区切られているのはいいですね。
これなら同じ雑魚寝でも、たまたま隣り合わせた一人旅女子と船に揺られて偶然絡まってしまい、知らぬ間に間違いが起こってしまうこともなさそうです。あーよかった。
以前、対馬航路や五島航路の時に船が揺れて、おでこだけじゃなくって危うく唇が触れ合ってしまいそうになったことがあったんですよね、それも島のおとうさんと。
ま、これならそういったリスクはなさそうです。

IMG_4367 (640x480)




鹿児島を出て、フェリーで11時間。
朝4時50分に奄美大島の中心、名瀬港に到着。
波が荒れるとめちゃくちゃ揺れる、といわれる奄美航路ですが、今回は平穏そのものでした。

IMG_4368 (640x480)


僕以外のほとんどの人たちには、港に迎えが来ていて、船が着くとみんなどこかに消えてしまいましたが、僕は原チャリを借りて島を一周しようと思っていたので、少し明るくなるのを待って、港から歩いて15分くらいのホテルビックマリン奄美(ビックリマンではない・・・)というところまで行き、そこでバイクをレンタルすることにします。

料金は、9時間で2000円。
レンタカーに比べて安いし、なによりも小回りが利くので、離島に来ると原チャリで一周、というのが僕のお決まりのパターン。
気に入った景色に出会ったら、その場で路肩に止めて、すぐに写真に撮れるし、気になったらどんな細い道でも急な坂でもズンズン入っていけるし、最高です。
みなさんもぜひ一度試しを。最初はちょっと怖いかも知れないけど、そのうち慣れると思います。

今回は島の東部を除いた部分を反時計回りに1周することにしました(紫色の部分)。
結果的に寄り道含め、終わってみたら距離は180kmくらい。東京から静岡市くらいまで走った感じでした。

56347714_2060963699_138large.jpg




<2014年3月22日訪問 つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

いぶたま、すなわち指宿のたまて箱 【指宿】2015夏九州-23(完結編)

 2015-10-28
JR九州のユニークな観光列車のひとつとして有名な「IBUTAMA」、すなわち「指宿(いぶすき)のたまて箱」。

今回の旅行の最後を飾るイベントとして楽しみにしていたのですが、最終日はあいにくの雨。
晴れ男、またもや不発、って感じでした。。。



まずはその前日から。

知覧を巡った後、その日の夜は指宿に宿泊。

P8245679 (640x480)

P8235666 (640x480)

この日はずっと天気よかったんですよね。

ホテルにチェックインすると客室からは一面の海。オーシャンフロントですよ。
窓の外に見えるのは知林ヶ島。

P8235671 (640x480)


この角度と時間が合わないので、この写真ではわからないのですが、この島は3月から10月頃の大潮または中潮の干潮時に長さ約800mの砂の道が出現し、陸地側から歩いて渡ることができるのです。

イメージはこんな感じ。

z00072z4f744118e5725.jpg 
ⓒいぶすき総合観光サイト


陸と繋がる島であることから,縁結びの島とされていて、この砂州を手をつないで渡って、島にある展望台の「チリンズベル」という鐘を一緒に鳴らすと、その夜はムフフになるのだそうです。

g00071g4f7440e5c5360.jpg
ⓒいぶすき総合観光サイト

(・・・・・・ムフフの部分、妄想です)


たまたまこの日は大潮ではなく中潮になるかならないか、なので砂州を渡れるかビミョーな時期だったのですが、翌朝の干潮時、せっかくだから行ってみよう、とホテルから歩いて向かったんですが、途中で雨に降られ結局あえなく断念したのでした。

次回はムフフな相手と再チャレンジ!なんて、けっして思っていません。。。



さて、指宿といえば砂蒸し風呂ですね。
僕たちもホテルの大浴場に併設されている砂蒸し風呂、入りましたよ。
自分たちでは写真が撮れないので、イメージはこんな感じ。

m00024m4f69672787f42.jpg
ⓒいぶすき総合観光サイト

(しっかし砂蒸し風呂に入ると、みんなきれいにみえますねー、この写真だけなんでしょうか?)

うちの娘は砂蒸し風呂がすっかり気に入ったらしく、夜も朝も何回でも入りたい、と騒いでおりました。
お前、一回1000円だぞ!



そんなこんなでそれなりに指宿は満喫したのですが、最後の日が雨。。。
指宿駅前の竜宮城も、雨に濡れております。

P8245676 (640x480)


今回は行きませんでしたが、指宿の南方にある長崎鼻は、浦島太郎伝説の地とも言われていて、竜宮神社もあるのです。

l00050l4f6981ca887c3.jpg
ⓒいぶすき総合観光サイト


浦島太郎といえば「たまて箱」。
そんなわけで、「いぶたま」につながるのです。

P8245687 (640x480)

P8245688 (640x480)


「いぶたま」は鹿児島中央~指宿を1日3往復する特急列車。
水戸岡鋭治さん(「ななつ星」もこの人のデザイン)のデザインしたJR九州の人気観光列車です。

外観は、この、ブラックジャックみたいな白と黒。

P8245693 (640x480)


そして何といっても一番の特徴は、ドアがたまて箱になっている点。

P8245683 (640x480)

わかりますかね、たまて箱みたいに煙が出てるのが。

ドアが開くと、煙が立つようになっています。
まあ、それだけなんですけどね。
この煙を浴びると、ムフフな気分になったりするわけじゃありません。。。


中のデザインも、やはり水戸岡カラー満載ですね。

P8245690 (640x480)

このブログでも、水戸岡さんのデザインした「A列車で行こう」(JR九州)、「たま電車」(和歌山電鐵)なんかは紹介していますけど、基本、どれも似てます。


ロビースペースの座席は、常に海の方を向いています。

l00056l4f69857482f34.jpg
ⓒいぶすき総合観光サイト


晴れていれば、真っ青な錦江湾と桜島が見られたはずですが。。。

P8245710 (640x480)

まあ、そんな景色を妄想してください。。。


車内には浦島太郎伝説のストーリーや歌詞が飾られていました。

P8245714 (640x480)


鹿児島までは50分ほどなので、あっという間に着いてしまった「いぶたま」の旅なのでした。

P8245724 (640x480)


うーん、どうせだったら「特急 竜宮城」みたいな列車を走らせて、中で海のお姫様たちがムフフな感じで楽しませてくれたら雨でも楽しかったのにな、なんて全然思いませんでした!



<2015 夏九州シリーズ おわり>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫