田園調布・秘密地下都市 後編 【東京都・大田区】

 2015-02-08
  
田園調布 地下秘密都市 前編 


 <つづき>


IMG_2442 (640x480)


第に濃くなってゆく闇に包まれながら、まるで村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」みたいだな、と思っていました。きっとこのあと「やみくろ」とかいう地中に棲む謎の生き物が攻撃を仕掛けてきて、世界を終わらせないために、僕が戦わなくてはならないんじゃないか。そんな妄想をはじめたところで、田園調布の女の子28歳が急に立ち止まったため、僕は彼女の背中からお尻にかけてドスン、とまともにぶつかってしまいました。

IMG_5496 (640x480)


しかし不思議なことに、彼女はびくともせず、僕だけが彼女に弾き飛ばされるように尻もちをついていました(そういえば、「世界の終わり・・・」にもこんなシーンがあったなあ)。
ちょうどそこで階段が終わって、あたりは急に明るくなり、長い廊下がまっすぐに続く、広い通路に出たのでした。



「ここが、田園調布の、本当のメインストリートなんです」
彼女は僕の方を振り返って、珍しくいくぶん湿った重々しい口調で、そういいました。
「ここで見たこと、したことは、絶対に外の世界で口外しないでくださいね」

メインストリートの両側には、田園調布の住人たちを満足させるための、ありとあらゆるモノやサービスが揃っていました。
たとえばそれは、スポーツクラブ。あの、有名な五輪のメダリスト××××がときどき飛び入りでインストラクターをつとめることもあるスイミング。
たとえばそれは、ダイニング。あの和食の巨匠▲▲▲▲が、ときどきふらりとやってきて、気まぐれに包丁を握り、振舞ってくれる気さくな、しかし絶品の手料理。
ショッピングモール、金融機関、医療機関、音楽サロン、ライブラリ、バー、シアター、リラクセーションなどなど、さまざまなサービス&エンターテイメントが、このIDパスひとつでフリーに楽しめるというのです。

IMG_3479 (640x480)


僕たちは、彼女おすすめのヒーリングカフェで、ランチ&リフレクソロジー(リクライニングの高級ソファで、のんびりとフィンガーフードの軽いランチをとりながら、足裏のソフトなマッサージを受ける)を楽しんだ後、彼女の案内で、いろいろなサービスを楽しんだのでした。

「なんだか使い古されたセリフだけど、まるで竜宮城みたいだね。もう帰りたくないよ」
僕がそういうと、彼女は、だったら泊まっていけばいい、とこともなげに言うのでした。
「あなたがきっとそう言うだろうと思って、もうちゃんと予約してありますから」

IMG_3227 (640x480)


彼女が僕を引っ張るようにそのまま廊下をズンズンまっすぐ進むと、照明がだんだんと暗くなってゆき、やがて眠気を誘うようなお香の匂いが漂い始めました。廊下の最深部、突き当りの手前に、提灯の炎に照らされた門が見えると、彼女はその中へと僕をいざないました。

「ご覧のとおり、ここは大人の隠れ家です。すべての部屋が一棟造りの離れになっていて、温泉もダイニングもすべて部屋付きです。だからこの中で起きたことは、絶対に誰にもわかりませんが、お忍び専用の宿なので、ひとりでは入れません」
そして彼女は僕をまっすぐに見て、こう言いました。

IMG_3389 (640x480)


だから今日は私がご一緒しようと思うんですけど、いいですか?



(了)
  
※写真はイメージです(笑)



妄想したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :

田園調布・秘密地下都市 【東京都】

 2015-02-06
本で屈指の高級邸宅街、といわれる田園調布に行ってきました。


なんでまた、田園調布なのかって?

仕事でたまたま知り合った女の子(28歳独身)が田園調布に住んでいたからです。
何かの会話の流れで、彼女とその家族の話になったのですが、これがめちゃくちゃブッ飛んでて面白かったのです。

そもそも田園調布に住むくらいの相当な資産家だからだとは思いますが、朝の挨拶が「愛してるぜBaby!」からはじまる職業不詳(本当のところ、私もお父さんが何で生計を立てているのかわからない、と彼女は言ってました)のロケンロールの父親とか、最初の海外旅行で中東とかアフリカに連れていかれた話とか、その家族の話にはまるで生活感がなく、僕たちとは違う世界に住む人種のように思えたのでした。

そんなわけで、「どんな人が住んでるのか見てみよう@田園調布の旅」に出てみたのでした。



IMG_4228 (640x480)

田園調布は、東横線の駅の西側が高台、東側が谷という地形になっていて、高台側の田園調布3丁目を中心とした一帯が、いわゆる超豪邸街になっています。駅の東側の坂道沿いには、わりとどこにでもありそうな商店街もあるのですが、西側の豪邸街に一歩入ると、商店もレストランも見当たりません。

駅を中心に半円を描く形で、緩やかにカーブした道が同心円状に3重4重に連なっていて、地図で見ると、上品なバウムクーヘンを半分に切ったような形になっています。そのバウムクーヘンをさらに3等分するような感じで、両側に立派な街路樹を備えたメインストリートが、駅からまっすぐに放射線状に延びています。

図1 (640x433)


このバウムクーヘンの中に、長嶋茂雄や石原慎太郎、鳩山由紀夫などなどなどなど、その他たくさんの著名人の豪邸があるのかなーと、まるであみだくじみたいにうねうねうねうねと路地を歩いてみました。



2月の日曜日、午前10時。田園調布はとっても静かです。

IMG_4231 (640x480)


そもそも田園調布に住む人種を研究するために来てみたわけですが、どうも地元の人間らしい人にあまり会いません。

どうせ暇だしTwitterのネタにも尽きたんで、ちょいと有名人の邸宅でも探して呟いてみようか、的な雰囲気を醸し出した♂(独身35歳、彼女いない歴15年)とか、子供もようやく巣立ったし、家も少しダウンサイジングして、第2の人生を過ごす場所の候補として、絶対に無理だとはわかってるけど、一応なんとなく見に来てみた、という感じの♂♀(夫婦とも53歳、練馬区豊玉在住)みたいな人々とばかりすれ違います。

うーん、困っちゃうね、こういう野次馬。超高級邸宅街に住むのも大変だよな。
なーんて考えながら、「俺はこういう野次馬とは違うんだぜビーム」を全身から醸し出してみたのですが、やっぱりエディーバウアーのダウンジャケットとユニクロのジーンズでは、あまり効果がなかったようで、僕も向こう側からは同じような目で見られていたようでした。



3,40分くらい経過したでしょうか、バウムクーヘンの縞々をほとんど歩きつくしましたが、ミスターや暴走老人や鳩ポッポどころか、田園セレブのひとりにさえ会うことができずに、失意のまま駅の方へと踵を返そうとしたその時です。

「Aさん、こんなところでどーしたんですか?」
僕を呼び止める声が聞こえました。

振り返ると、あの、田園調布在住の女の子28歳が、通りに面した2階の広いベランダから身を乗り出して叫んでいます。
SECOMを解除し、門の中に僕を招き入れてくれた彼女に、かくかくしかじか、と経緯を説明すると、彼女は相変わらず生活感なく、カラカラと乾いた笑い声をあげてこう言いました。
「Aさん、何も知らないんですねー。ここに住む人が表通りを歩くわけないじゃないですかー」



彼女の家の中から、地下へと通じる階段を下りながら、彼女は僕に特殊なIDパスを貸してくれました。
このパスがあれば、ここから先にある場所どこにでも入れるけど、これをなくしたら生きてはここから出られない、彼女はそんな意味のことをさらっと言いました。
どうやら田園調布の豪邸街の下には、類まれなる巨大な地下都市が存在しているようなのです。

カントクもシンタロウさんもユキオチャンもきっとここのどこかにいると思いますよー
彼女はそんなことをさらっと言いながら、ズンズン下の方へ下りて行くのでした。




(つづく)



妄想したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

渇望 ~平成版 砂の女/後編 【東京都】

 2014-09-22
前編  都バス最長距離路線の女
前編—2 青梅・昭和レトロ街の女
前編—3 平成版 砂の女


<前編—3から続く>

images.jpg



「今日、ここに泊まっていきますか?」

いつの間にか僕の後ろに迫っていた彼女が、僕の耳元で、あの、ちょっと鼻にかかったような厚みのある声でささやきました。



「それは、僕もここに閉じ込められてしまう、ということ?」

しばらくの間、沈黙がありました。
僕にはそれが、落ちても落ちてもなかなか砂が減らない、大型の砂時計のような長い時間に思えました。

図13




時間の経過とともに、地響きのような音が遠くから聞こえはじめ、それはだんだんと大きくなってくるようでした。
そして突然、どーん、という地震のような大きな揺れがやってきて、屋根の方から何か重いものが降りかかってきたところで、僕は一瞬意識を失ってしまったようでした。

図12




僕が目を覚ましたことに気付くと、砂よ、と彼女は言いました。
さあ、早く砂を掻き出さなければ。

いつの間にか、どこからか大量の砂が降ってきて、砂の女の家を次第に埋めつつありました。
彼女はモンペのような作業着に着替え、頭に砂除けの手拭いをかぶって一心不乱にシャベルで家の中から砂を掻き出していました。
板の間に敷かれたゴザの上で横たわっていた僕の横にも、着替えの作業着と大きなシャベルが用意されています。

図15




「掻き出しても掻き出しても、上から砂がどんどん降ってきたらキリがないじゃないか。
 これはいつまで続くんだろう?」
黙ってみているわけにもいかず、彼女を真似てシャベルを使いながら僕は言いました。
「いつまで続くかわからないんですよ。とにかく砂が止まるまで掻き出し続けなければ、家と一緒に埋まっちゃうので、止まるまでは休めないんですよ」



彼女の額や首筋から吹き出る汗に、飛び散る砂が次から次へとまとわりつきます。
やがて、水への渇望が激しく湧き上がってきます。

「水は、ないの?」
「すみません、水は、砂が止まらないと手に入らないんです」

砂埃で、喉や鼻の奥がだんだんと塞がっていくような息苦しさを感じます。
このまま窒息死してしまうのではないか、という恐怖が頭をよぎります。



「ねえ、君はなぜこんなに苦しい思いをしてまでここにいるの?」
「それは、あなたに砂が必要だからですよ」
彼女は砂をすくっては投げ、すくっては投げ、という作業を機械的に繰り返しながら平然とそう言いました。
「僕に、砂が?」
「そう、あなたに、砂が」



図14


再び、どーん、という音とともに木造の家を軋ませながら乾いた砂が落ちてきて、僕はそれを避けきれずに地面にたたきつけられたようでした。




砂?
それよりなんでこんなに喉が渇く?
それは彼女が無防備に素裸で寝ているからだ。
そんな声でささやくのはやめてくれ、
僕は都バスで最長の路線バスに乗りに来ただけなんだ。。。




口の中に不思議なうるおいを感じて目を覚ましました。

「ダメよ、飲み込まないで。最初は口の中の砂を吐き出して」
僕の目の前に彼女の顔がありました。
「砂が止まったのよ。水もほら、あっちの方に」
彼女はそう言って土間の水瓶のような入れ物の方へ歩いていきました。

「ここにはグラスもないので・・・」
彼女は水を含んで戻ってきます。
そしてそのまま横たわっている僕の前にひざまずくと、とても自然に顔を寄せ、僕を潤してくれたのでした。



もっと水がほしい。
彼女の中にある水分を、一滴残らず手に入れたい。
その一心で、僕は彼女を激しく求めはじめたのでした。


図10

図11



<これだけ広げちゃった風呂敷をどうたたむのか・・・次回、結末へ続く>



妄想したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

The Woman in the Dunes  ~平成版 砂の女 【東京都】

 2014-09-20
前編  都バス最長距離路線の女
前編—2 青梅・昭和レトロ街の女

<前編—2から続く>

sunanoonna.jpg


の女 -The Woman in the Dunes

そうか、あの名刺に書いてあった「Dunes」というのは、たしか砂丘という意味だったよな。
遠い昔の高校時代の頃からでしょうか、そんな淡い記憶がよみがえってきました。

砂の女 — もちろんそれが安部公房の代表的な小説であることは知っていました(読んだことはありませんが)。
そして遠い昔に映画化されて、海外で高い評価を得ていることもなんとなくは知ってました(観たことはありませんが)。



しかしこのポスターに描かれている「砂の女」の、この忘我の表情のなんと神々しく、美しいこと。

そこにさっきのバスで隣り合った女性の、やや鼻にかかった厚みのある声や、首をかしげるようにして、僕の目をまっすぐに見上げる視線が、いつの間にか重なってくるのです。

そう、見れば見るほどこのポスターの中にいる砂の女と、さっきの女性とが同じ人物のように思えてくるのです。

このドアの先には何が僕を待っているんだろう。
僕はなかなかその先に踏み込めずに、しばらくの間、その前に立ちすくんでいました。




「こんにちは。やっぱり来てくれたんですね」

突然後ろからそう声をかけられて、僕は一瞬心臓が止まるかと思うほどでした。
振り返らずとも、彼女が僕の後ろにいるのはすぐにわかりました。
もちろんあのちょっと鼻にかかった、厚みのある声のせいで。

「ここはとても限られた人たちだけのクラブなので、簡単には中に入れないのよ」

彼女はそう言って、古びたドアにはどう考えても不釣り合いな最新のセキュリティシステムのような機械に暗証番号を打ち込みました。
するとロックが解除されるような大げさな音があたりに響き、彼女は僕をドアの中へと導きました。

僕が薄暗い建物の中へ進もうとすると、彼女は待って、と小さく叫び、僕を後ろから羽交い絞めにするように抱きかかえました。

「この先には大きな穴があるのよ、そのまま進んだら、真っ逆さまよ」
そんなふうに彼女が僕の耳元でささやく声を、とうとう聞いてしまいました。
水で塗り固められた砂の銅像のように、その場で固まってしまった僕からゆっくりと躰を離しながら、彼女は言いました。
「ここから先は、私の言うとおりにしてください」



建物の中は、天井の高い広大な空間になっていました。
中には照明施設がなく、天井近くにあるいくつかの窓から天然の光が差し込んでいるだけなので、晴れた昼間でもやや薄暗い感じがしました。

次に目に入ってきたのは、巨大な砂場に掘られたような深く黒々とした穴でした。
その穴のずっと底の方に、半ば砂に埋もれ、今にも崩れ落ちそうな木造の家が1軒建っています。

あそこが「Kinema club dunes」の場所よ。
町の中に黙ってこんなに大きな穴を掘っちゃったので、あまりたくさんの人に言うわけにはいかないのよ。

そう言って彼女は穴の中へと降りる縄梯子を勝手にするすると下って行きました。
高いところが苦手な僕にとっては、こんなところから不安定な縄梯子を使って下に降りるなんてとんでもないことでしたが、梯子の途中から、やや首をかしげ、しかしまっすぐに彼女に見上げられると、意を決してあとに続かざるを得ませんでした。

ここは「砂の女」の世界を忠実に模した場所なの。
ところで、「砂の女」はご存知?
僕が穴の底まで下り終わると、彼女は僕の髪の毛や肩に降りかかっていた砂を手で軽く払いながらそう言いました。

名前は知っていたけど、小説を読んだことも、映画を観たこともない。
僕がそう答えると、彼女はゆっくり頷いて屋内に僕を誘い、映画の中のいろいろなシーンを写真にして飾ってある場所の前に立ちました。


大きな穴の底にある、「砂の女」の家。

砂の女1


女の家へと下りる、縄梯子。

砂の女2



こことそっくりだ。
僕がそう呟くと、彼女は首を振りながらおかしそうにクスクスと笑って、こう訂正しました。

違うわよ。ここが映画や小説の世界をそっくりまねたのよ。





都会から、砂丘に住む珍しい昆虫を探しに来た若い教師が、知り合った村人の好意で部落の民家に泊まることになった。
砂地の大きなくぼみにあるその家に、縄梯子を伝って下りてみると、そこには若い寡婦がひとり、住んでいるだけだった。
とどまることなく地上から砂が舞い散ってくるその家で、慣れない一晩を過ごし、朝、目覚めてみると、昨晩まであったはずの縄梯子がなく、地上に戻ることができなくなっている。

そして家の中では、女がただ顔に砂除けの手拭いをかけただけで、全身に何もまとわずに横たわって眠り込んでいる。

砂の女4


女の躰の上に、滑らかな曲線の形のままに降り積もる、砂。

砂の女3


女を起こし、縄梯子がない理由を聞く男。
しかし、女はそれに答えず、ただ謝るばかり。
女手一つで暮らすことが難しい、過酷な砂丘での生活のため、村人の仕業により、男はここに閉じ込められたのだった。

砂の女5



彼女からそこまでのあらずじを聞いた僕は、ふと気になって古びたドアの隙間から、外を見たのでした。
そこからでは角度が悪いのでしょうか、さっきまであったはずの縄梯子が見あたりません。
慌てて外に飛び出して、家の周りをぐるりと見回してみましたが、それはもう、どこにもありませんでした。

「今日はここに泊まっていきます?」

いつの間にか僕の後ろに迫っていた彼女が、僕の耳元で、あの、ちょっと鼻にかかったような厚みのある声でささやきました。


<さらにまたつづく>




妄想したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :

青梅・昭和レトロ街の女 ~The Woman in the Dunes 【東京都】

 2014-09-17
前編  都バス最長距離路線の女


<前編から続く>


西武柳沢を出て2時間とちょっと、最長距離都バスは、終点の青梅車庫に到着しました。
細長い市街地の北側、そして多摩川に切り開かれた南側の谷の向こうには、いつの間にか新緑の奥多摩の山々が迫っています。

IMG_4931 (640x480)

IMG_4930 (640x480)


青梅車庫は青梅駅を抜け、市街地から1キロくらい西の外れにあります。
付近の青梅街道沿いには、こんな建物も残っていて、同じ東京とはいえ、2時間前とはまったく別の世界のようです。

IMG_4933 (640x480)




JR青梅線、青梅駅まで歩いてもどります。

IMG_4938 (640x480)

青梅は昭和レトロの街として売出中です。

IMG_4939 (640x480)

IMG_4946 (640x480)



特に昔の映画看板を町じゅうに飾って、昭和っぽさを演出しているのが特徴です。

IMG_4943 (640x480)

IMG_4954 (480x640)

IMG_4956 (640x480)


青梅出身で、最後の映画看板師といわれる久保板観さんが、昭和30年代の邦画・洋画の映画作品を泥絵の具一本で描きあげた作品が至る所に掲示されています。

IMG_4947 (640x480)


バス停。

IMG_4959 (640x480)


電話ボックス?

IMG_4949 (640x480)



で、赤塚不二夫。

IMG_4941 (640x480)


赤塚さんの方は青梅とは直接のかかわりはないようですが、昭和を代表する漫画家であり、青年時代に映画看板の仕事に従事した事があるというつながりから、青梅は赤塚不二夫ワールドの街でもありました。

IMG_4955 (640x480)

IMG_4945 (640x480)


ネコねた多いです。。。

IMG_4951 (640x480)

IMG_4950 (640x480)






ぶらぶらと銀幕看板街を歩いていると、さっきの昼顔妻が残していった名刺の場所は、もうそれほど遠くないようです。

「Kinema club dunes」の場所を示す★印をたどると、どうやらそこはメインストリートから外れた路地の先のようです。

IMG_4942 (640x480)



こんな奥まったところに観光客が来るような施設があるんだろうか、
そんなふうに思いながら歩いていると、突然こんなポスターが貼ってある古い建物が僕の目の前に現れたのでした。

sunanoonna.jpg


<つづく>



妄想したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫