コキゲンな富士山と旅する1日 【東海道テキトー完歩 箱根宿~沼津宿 その2】

 2014-12-05
『東海道テキトー完歩』とは・・・・・
 

とある本に触発され、旧東海道に沿って五十三次、約500㎞をテキトーに、しかし完歩しようという試み。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。歩く順番もランダム。よって何年かかるか不明。
名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想なんかも入れながら紹介する滑稽本(になったらいいな)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東海道テキトー完歩 箱根越えシリーズ 前編

その1 決戦は金曜日!サルとかオンナコロシとか 
その2 甘酒とか富士山とか、たまプラーザの出女とか

東海道テキトー完歩 箱根越えシリーズ 後編

その1 箱根越えたどー。そしていよいよ伊豆の国へ



<その1から続く>

日はこの後、終始ゴキゲンな富士山と1日一緒に旅するラッキーな1日となったのでした。

IMG_8051 (640x480)


山中城跡でちょっと休憩して、再び旧道を下ると、やがて旧道が工事のため通行止めの区間にぶち当たりました。
どうやら国道1号のバイパスを建設中のようです。

仕方なく迂回路である国道1号を進んでいると、こんな看板が。
国道のバイパスだけでなく、観光用の歩行者専用の日本一長い吊り橋を作っているようです。

IMG_8059 (640x480)


そんなわけで、富士見平あたりからはこんなふうに見える富士山も

IMG_8056 (640x480)


工事現場付近では、こんな様子になっちゃいます。

IMG_8060 (640x480)

まあ、これはこれでシュールでカッコいい絵なんですが。

でも本当に必要かな、バイパスと観光吊り橋。。。



笹原という、今日初めての集落らしい集落を通り抜けると、その先に待っているのは強飯坂(こわめしざか)。
この坂を登る人夫が背負った米が、あまりの汗と熱で強飯になるほどだったというキツイ坂なのです。
集落のはずれで道の先が急角度で落ち込んでいるので、なくなっているように見えるのがわかりますか?

IMG_8068 (640x480)


この角度の坂道がずっと続くので、確かにかなりきついはずです。
途中、道端で座り込んでいる登りの東海道ウォーカーのおじさんが1人、もうろうとしながら、歩幅20cmくらいでちょこちょこと喘ぎながら登っている初老の男性ウォーカーも1人いました。

IMG_8069 (640x480)


ずっとこんな感じでゴキゲンな富士山と一緒です。

IMG_8081 (640x480)

IMG_8090 (640x480)


下りの道をずっと進み、初音ヶ原の立派な松並木を過ぎるとやがて三島市内に入ります。

IMG_8092 (640x480)


三島大社は3連休ということもあって七五三の子供たちで大賑わい。
親戚縁者勢ぞろいで正装して写真に納まっている姿を結構見かけましたが、静岡県人の七五三はみんなそんな感じなんでしょうか?

IMG_8095 (640x480)

IMG_8099 (640x480)


さて、三島といえば、ごめんね青春!
・・・知ってますか?
うちの娘がよく見ている番組なので僕はたまたま知っていましたけど。

IMG_8100 (640x480)


このドラマでもよく出てくる、みしまコロッケ食べたかったんですが、チャンスなく、代わりにもう一つの三島名物、うなぎを食べました。

IMG_8103 (640x480)



三島のホテルを予約していたので、いったん荷物を置いて小休止します。
かなり足はつらいですが、まだ15時前。
このまま休んでしまうのもなんだかもったいないので、もう少し頑張ることにして沼津までチャレンジしてみました。

三島の町からも、ときどき富士山が突然どーん、と姿を現します。
これは伊豆箱根鉄道の三島広小路駅から。

IMG_8108 (640x480)


沼津に向かう旧東海道からちょっと横道にそれると、柿田川水源地という名勝があるようなので、寄り道。
なんでもここから富士の地下水が大量に湧き出ていて、こんな都市部にして川の源流が見られるとのこと。

IMG_8111 (640x480)


この水たまりの中の、まあるくなっている部分が水源地です。

IMG_8112 (640x480)


写真だとわかりにくいのですが、ぼこぼこと水が地下から湧き出ているのが肉眼でもはっきり見えたのでした。

IMG_8116 (640x480)


こうした穴ぼこが何か所もあり、水源地にしていきなりこんな大河のような雰囲気を醸し出しながら柿田川は流れはじめます。
この先の狩野川に合流するまでのわずか1.2キロという短い川ですが、その水量はもちろんのこと、水の清らかさと水草の美しさはなかなか圧巻でした。

IMG_8114 (640x480)


柿田川から旧東海道へ戻る途中、こんな看板を見つけました。

IMG_8118 (640x480)


11:03とか5:08とか、どういう理由があるのか三島人の感覚が理解できません。
何かそこには重大な意味があるのか、それともこのB級っぽさで客を惹きたいのか。。。

IMG_8117 (640x480)



なーんてことを考えながら歩いていたら途中で曲がる道を間違えてしまったようで、旧東海道に戻るまでにかなり遠回りをしてしまいました。
もう一刻も早く沼津へとゴールしたいのですが、30分も余計に時間を費やしてしまい、かなりブルーな気分で歩き続けます。

沼津市に入る頃には富士山もすっかり夕景色です。

IMG_8122 (640x480)


もうすっかり日が暮れた沼津市街に入り、とうとう沼津駅に到着。

IMG_8126 (640x480)

IMG_8134 (640x480)

昨日の箱根越えで全身鋼鉄状態なのに頑張って30キロ完歩したので、あの有森裕子さん以上に自分で自分を褒めてみたのですが、どうも褒めるだけでは疲れは戻ってくれないようなので、沼津駅前で90分もマッサージを受けてしまいました。。。

明日は歩けるだろうか…



今回の結果:箱根宿~沼津宿 20kmを制覇! 
実際の歩行距離は寄り道入れて30.04キロを7時間11分
東海道テキトー完歩まで:現在の合計 148㎞/512km


<2014年11月22日 訪問>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/106-1472f9f1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫