田子の浦とか岳南電車とか【東海道テキトー完歩 沼津宿~吉原宿】

 2014-12-07
『東海道テキトー完歩』とは・・・・・
 

とある本に触発され、旧東海道に沿って五十三次、約500㎞をテキトーに、しかし完歩しようという試み。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。歩く順番もランダム。よって何年かかるか不明。
名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想なんかも入れながら紹介する滑稽本(になったらいいな)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東海道テキトー完歩 箱根越えシリーズ 前編

その1 決戦は金曜日!サルとかオンナコロシとか 
その2 甘酒とか富士山とか、たまプラーザの出女とか

東海道テキトー完歩 箱根越えシリーズ 後編

その1 箱根越えたどー。そしていよいよ伊豆の国へ
その2 ゴキゲンな富士山と旅する1日



、目覚めてホテルのベッドからおそるおそる起き上がってみます。

うーん、思ったよりカラダは重くありません。90分のマッサージが効いたんでしょうか。
ところどころにハリがあるのは仕方ありませんが、これなら今日もそこそこ歩けそうです。

本当はこの3日間で富士川を渡って、蒲原まで行きたかったんですが、今日のスタートの沼津からだと寄り道なしでも30キロ以上あるので、ちょっと厳しそうです。
吉原宿を越えて、JRの富士駅までを目標に頑張ってみます。


さて、スタートの沼津駅まで、三島からJRで1駅分だけ移動します。
三島駅舎は、富士山と三嶋大社をイメージした、三角の立派な屋根が特徴です。
観光客やら高校生やらで賑わっていました。

IMG_8136 (640x480)

一方の沼津駅は、閑散としていました。
三島の人口約11万人、沼津の人口約20万人。
人口も、町の規模も沼津の方が大きいのですが、なんとなく三島の方が町全体が賑わっている感じがします。

IMG_8140 (640x480)

沼津の中心を流れる狩野川から市街の眺め。
このビル群の向こう側に、富士山があります。

IMG_8142 (640x480)



日曜の午前8時の、ひっそりとした市街地を抜けると、旧東海道は駿河湾の海岸線に並行して、少し内陸側を西のほうに進むのですが、しばらくの間、ちょっと浮気をして旧東海道から離れて歩いてしまいました。

旧東海道から1本海岸寄りの道路(県道380号)は、千本街道と呼ばれ、左側にはずっと千本松原が広がっています。

IMG_8146 (640x480)


この千本松原の中に入ると、立派な松林の中、こんな道が、海岸線に並行して続いています。
こっちの方が、いかにも旧東海道っぽくていい感じです。

IMG_8161 (640x480)


さらにさらに、海岸線に出てみると、堤防の上にずっと道が続いています。

IMG_8150 (640x480)


駿河湾の眺めはもちろんのこと、なんと右側には今日もゴキゲンな富士山が。
旧東海道には申し訳ありませんが、やはりこっちを歩くべきでしょう。

IMG_8156 (640x480)



ここで一句。

田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 
富士の高嶺に 雪は降りける

IMG_8159 (640x480)

スミマセン。もちろん僕の歌ではありません。
百人一首にあるので、みなさんご存知だと思いますが、万葉集の山部赤人の作品です。
百人一首の歌とは微妙に違いますが、あれはあとから改変されたニセモノで、こっちが本物です。

思うに、これはたぶん今日のような日に詠まれた歌なんじゃないかと思います。

駿河湾沿いの田子の浦あたり。晩秋の、穏やかに晴れた朝。
ふと富士山を眺めてみると、こっちはこんなに晴れていて暖かいのに、富士山の山頂にはあんなに真白な雪が積もっているよ。

きっと1300年以上の昔に、今日みたいな日があったからこの歌が生まれたんじゃないか、と思うくらい、穏やかな海の青と富士の白、そして松原の緑の対比が見事でした。


しばらくの間、堤防の上を歩いたり、松林の中を歩いたりしながら西へと進み、JRの原駅の手前あたりから旧東海道に戻ります。並走するJRの東海道線の電車がときどきのんびりと通り過ぎてゆきます。

IMG_8167 (640x480)


東田子の浦の駅を過ぎ、県道から離れると、正面になにやら煙突が。
このあたりから、富士の製紙工場が現れ始めます。

IMG_8233 (640x480)


工場は、やっぱりシュールですね。
鉄塔好きの僕にはたまりません。。。

IMG_8336 (640x480)


電車も入れてみました。

IMG_8319 (640x480)


ここは日本製紙の富士工場。昔の大昭和製紙ですね。
古い地図やバス停の名前などには、今でも大昭和の名前が残っています。

IMG_8338 (640x480)


旧大昭和前を過ぎると、まもなくJRの吉原駅。
旧東海道の吉原宿はここから2,3キロほど内陸に入ったところにあります。

ここから吉原宿跡のある吉原本町までの間にある名勝が吉原の左富士。

IMG_8345 (640x480)


茅ヶ崎にあった「南湖の左富士」とともに、東海道を西に向かって歩く際、富士山が左に見える珍しい場所だったのです。
安藤広重の描いた吉原の左富士がこれ。

yoshiwaraLfuji-hiro.jpg


そして今の左富士が、これ。

IMG_8341 (640x480)

あれれ、いつの間にか富士山に雲がかかってましたね。
一本松の左、屋根の上の雲があるところに、山頂だけわずかに見えていたのですが、写真ではよくわかりませんね。
残念ながら、茅ヶ崎に続き、左富士は2つともきれいには見えませんでした。


左富士を過ぎ、ジャトコという日産系列の大きな工場の横を通り過ぎると、吉原宿があった吉原本町に入ります。
すると踏切があって、吉原本町の駅。
これは岳南鉄道といって、さっきのJR吉原駅から出ている小さな私鉄です。
名前くらいは聞いたことはあったのですが、今回の東海道散歩で地図を見て、こんなところを走っているんだ、ということを初めて知ったのでした。

IMG_8350 (640x480)


今回を逃したら、たぶんもう一生乗ることもないような気がしたので、休憩がわりにちょっと乗ってみることにします。
全線でも9.2キロという短い距離なので40分もあれば終点まで行って戻って来られそうです。

IMG_8351 (640x480)


やがてやって来た電車は、かなりレトロなタイプですよ、これ。

IMG_8355 (640x480)


いやいや岳南鉄道、なかなかやってくれます。
もともと浴線には工場が多いのですが、途中、完全に工場の中を走るのです。
工業地帯を走る路線として有名なJR鶴見線と比べてもまったく見劣りしないどころか、こっちの方が臨場感ありました。
残念ながら写真を撮り逃したのですが、工場をライトアップして工場夜景電車を走らせるイベントなんかも実施しているようです。

岳南鉄道サポーターズクラブ http://gakutetsu.exblog.jp/22863350/


終点の岳南江尾駅。

IMG_8353 (640x480)

IMG_8352 (640x480)


岳南鉄道も多くの地方鉄道と同様に、乗客減に苦しんでいて、今も廃止の危機と背中合わせのようですので、ぜひ近くに行った際には「かたみち21分の自由時間」を楽しんでみてください。


さて、吉原本町に戻り、今日のラストスパート、JR富士駅へと向かいます。
吉原本町から先はアーケード街が続き、なかなか賑やかな感じになってきました。

IMG_8357 (640x480)


やがてこんなアラビアンナイトふうな雑居ビルが並ぶ、結構な夜の繁華街も現れ始めました。

IMG_8358 (640x480)

JRの富士駅からはかなり離れていますが、もしかすると富士市の繁華街はこの吉原本町なのかもしれません。
かなりレトロな商店街と繁華街ではありましたが。

吉原の繁華街を抜け、富士市役所の横を通り、住宅街をしばらく歩きます。
王子製紙の煙突が、旧東海道の先にそびえています。

IMG_8364 (640x480)


やがて駅前本町通りに出たところで、今日は旧東海道とはここで分かれて、ゴールであるJRの富士駅に到着しました。

IMG_8369 (640x480)


最後に駅前から富士山を望むと、山頂付近はうっすらと雲に覆われていましたが、3日間、こんなに富士山と一緒に旅を楽しめるとは思いませんでした。

IMG_8368 (640x480)


ここから先の東海道は、富士山を背に、どんどん遠くに離れてゆくことになるのがちょっと寂しいですが、富士市のマンホールは本家だけあってさすがにカッコいい富士が描かれていたので、これに満足して東京に向かう電車に乗り込んだのでした。

IMG_8366 (640x480)


今回の結果:沼津宿~吉原宿 19kmを制覇! 
実際の歩行距離は寄り道入れて27.66キロを6時間53分
東海道テキトー完歩まで:現在の合計 167㎞/512km


<2014年11月23日 訪問>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/107-36fe19a1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫