もんげークールな、吹屋小学校 【岡山県・高梁市‐後編】

 2015-01-20
屋のもうひとつの見どころに、平成24年3月まで現役の木造校舎として国内最古とされていた、旧吹屋小学校校舎があります。


吹屋の町並みのちょうど真ん中あたりからゆるい坂を上って高台を越えると、もんげーカッコいいその雄姿が見えてきます。
標高550m、中国山地の山あいの小さな集落の小学校にしては不釣合いともいえる大きな規模と贅沢な意匠は、そのまま当時の吹屋の隆盛を象徴する建物だったのでしょう。

PC300873 (640x480)

PC300882 (640x480)


最近では古い木造校舎を再活用した施設もいろいろとでき始めていますが、この築110年を越える校舎をつい2,3年前まで現役の学校として使っていたのはすごいなあと思います。

PC300878 (640x480)

PC300894 (640x480)


おー僕が生まれる30年以上も前だ!
そんなことはないか。。。

PC300896 (640x480)


この紅い部分は、やっぱり吹屋らしくベンガラ塗装を使っているのでしょうか。

PC300890 (640x480)


もうここはすでに現役ではないのですが、「田舎の美しい小学校リスト」の番外編第1位に入れておこうと思います。



ちなみに、吹屋小学校のすぐそばに、似たような建物がありますが、これはラフォーレ吹屋という宿泊施設。
もちろん吹屋小学校を模してあとから建てられたものです。

PC300888 (640x480)



さて、吹屋小学校から再び吹屋の町並みに戻ります。
途中の高台から見た、吹屋の町並み。
やはりベンガラ色の壁のお屋敷が多いのがわかります。

PC300866 (640x480)


美しい格子戸の家。
旧成羽町公民館の吹屋分館跡です。

PC300920 (640x480)


真っ赤ですね。

PC300925 (640x480)


御手洗や竹原にもあった、なまこ壁の家も、やっぱりここは色が違います。

PC300971 (640x480)

PC300948 (640x480)


紅ののれんが映える町並みです。

PC300909 (640x480)

PC300947 (640x480)



この吹屋も年末でほとんどの施設がクローズしていたため、日中でもほとんど観光客がいませんでした。

PC300943 (640x480)


普段の休日は、もっと賑わっているのかもしれません。
だから今日のようなこの静けさがやっぱりいいよな、と思う反面、こんなにもんげーな場所なのに、訪れる人があまりにも少ないのはもったいないよな、といういつもの葛藤を感じた1時間でした。



<2014年12月30日訪問 吹屋編 終わり>







行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/128-620f36e2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫