田園調布・秘密地下都市 【東京都】

 2015-02-06
本で屈指の高級邸宅街、といわれる田園調布に行ってきました。


なんでまた、田園調布なのかって?

仕事でたまたま知り合った女の子(28歳独身)が田園調布に住んでいたからです。
何かの会話の流れで、彼女とその家族の話になったのですが、これがめちゃくちゃブッ飛んでて面白かったのです。

そもそも田園調布に住むくらいの相当な資産家だからだとは思いますが、朝の挨拶が「愛してるぜBaby!」からはじまる職業不詳(本当のところ、私もお父さんが何で生計を立てているのかわからない、と彼女は言ってました)のロケンロールの父親とか、最初の海外旅行で中東とかアフリカに連れていかれた話とか、その家族の話にはまるで生活感がなく、僕たちとは違う世界に住む人種のように思えたのでした。

そんなわけで、「どんな人が住んでるのか見てみよう@田園調布の旅」に出てみたのでした。



IMG_4228 (640x480)

田園調布は、東横線の駅の西側が高台、東側が谷という地形になっていて、高台側の田園調布3丁目を中心とした一帯が、いわゆる超豪邸街になっています。駅の東側の坂道沿いには、わりとどこにでもありそうな商店街もあるのですが、西側の豪邸街に一歩入ると、商店もレストランも見当たりません。

駅を中心に半円を描く形で、緩やかにカーブした道が同心円状に3重4重に連なっていて、地図で見ると、上品なバウムクーヘンを半分に切ったような形になっています。そのバウムクーヘンをさらに3等分するような感じで、両側に立派な街路樹を備えたメインストリートが、駅からまっすぐに放射線状に延びています。

図1 (640x433)


このバウムクーヘンの中に、長嶋茂雄や石原慎太郎、鳩山由紀夫などなどなどなど、その他たくさんの著名人の豪邸があるのかなーと、まるであみだくじみたいにうねうねうねうねと路地を歩いてみました。



2月の日曜日、午前10時。田園調布はとっても静かです。

IMG_4231 (640x480)


そもそも田園調布に住む人種を研究するために来てみたわけですが、どうも地元の人間らしい人にあまり会いません。

どうせ暇だしTwitterのネタにも尽きたんで、ちょいと有名人の邸宅でも探して呟いてみようか、的な雰囲気を醸し出した♂(独身35歳、彼女いない歴15年)とか、子供もようやく巣立ったし、家も少しダウンサイジングして、第2の人生を過ごす場所の候補として、絶対に無理だとはわかってるけど、一応なんとなく見に来てみた、という感じの♂♀(夫婦とも53歳、練馬区豊玉在住)みたいな人々とばかりすれ違います。

うーん、困っちゃうね、こういう野次馬。超高級邸宅街に住むのも大変だよな。
なーんて考えながら、「俺はこういう野次馬とは違うんだぜビーム」を全身から醸し出してみたのですが、やっぱりエディーバウアーのダウンジャケットとユニクロのジーンズでは、あまり効果がなかったようで、僕も向こう側からは同じような目で見られていたようでした。



3,40分くらい経過したでしょうか、バウムクーヘンの縞々をほとんど歩きつくしましたが、ミスターや暴走老人や鳩ポッポどころか、田園セレブのひとりにさえ会うことができずに、失意のまま駅の方へと踵を返そうとしたその時です。

「Aさん、こんなところでどーしたんですか?」
僕を呼び止める声が聞こえました。

振り返ると、あの、田園調布在住の女の子28歳が、通りに面した2階の広いベランダから身を乗り出して叫んでいます。
SECOMを解除し、門の中に僕を招き入れてくれた彼女に、かくかくしかじか、と経緯を説明すると、彼女は相変わらず生活感なく、カラカラと乾いた笑い声をあげてこう言いました。
「Aさん、何も知らないんですねー。ここに住む人が表通りを歩くわけないじゃないですかー」



彼女の家の中から、地下へと通じる階段を下りながら、彼女は僕に特殊なIDパスを貸してくれました。
このパスがあれば、ここから先にある場所どこにでも入れるけど、これをなくしたら生きてはここから出られない、彼女はそんな意味のことをさらっと言いました。
どうやら田園調布の豪邸街の下には、類まれなる巨大な地下都市が存在しているようなのです。

カントクもシンタロウさんもユキオチャンもきっとここのどこかにいると思いますよー
彼女はそんなことをさらっと言いながら、ズンズン下の方へ下りて行くのでした。




(つづく)



妄想したら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/136-3a4ff6c7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫