初しまなみサイクリングのこと 【広島県・生口島】

 2014-06-25
IMG_3189 (640x480)

しまなみ海道を初めてサイクリングしたのは、2013年の8月。
夏休みの家族旅行で中国・四国9日間という、ヨーロッパ並み(!)の日程で国内旅行をした時のことでした。

僕一人だけならば、しまなみ海道サイクリングロード70kmにチャレンジしてもよかったのですが(嘘)、なんといっても酷暑の真夏だし、嫁子供も一緒なので、無理のない距離にせざるを得ませんでした。
悩んだ挙句、アートの島、と呼ばれる生口島の美しい海岸線を走って、多々羅大橋を抜ける12、3kmのコースがアップダウンも少なくよかろう、ということになりました。

前日、錦帯橋に宿泊した後、広島県の三原からフェリーで生口島の瀬戸田港まで渡ります。

IMG_3126 (640x480)

50人乗りくらいの小型船でしょうか、観光客はほとんど乗らなそうな船でした。船が出航すると、係のおじさんが大きながま口みたいなカバンを下げて乗客から運賃を集金しに来ました。瀬戸田港まで約30分、800円です。

瀬戸田港は生口島の中心となる港で、今は尾道市に編入されているようですが、昔の瀬戸田町の中心だったところです。
町の中心部にしおまち商店街、という渋い通りがあり、サイクルツーリストたちの休憩場所になっているようです。

IMG_3131 (640x480)


ちょうどお昼の時間だったので、瀬戸田名物のレモンラーメンを食べました。
瀬戸田は国産レモン発祥の地で、レモンアイランドとも呼ばれているそうです。レモンエキスを塩ラーメンに浮かべたのがレモンラーメンで、黄色い麺(これもレモンエキス入り?)で、スープ味はさっぱりしていておいしかった。。。という記憶があります(笑)

レンタサイクルを借りる前に、瀬戸田に来たら寄らなくてはならないところがあるのです。
それは、耕三寺(こうさんじ)。

IMG_3132 (640x480)

なかなかでしょう?
どこかで似たようなものを見たことありませんか?
そう、これは日光東照宮を模して建てられたようです。
なんでも昔、一代で身を立てた「耕三」さんという方が、生口島に住んでいて亡くなった母親を弔うために僧籍に入り、建立したお寺だそうですが、とにかく日本各地の有名建築を模した建物が満載。
模倣もここまで来ると見事というかあっぱれというか、まあ僕にとってはB級スポット感満載です。
(実際は国の登録有形文化財として登録されているもの数多く、近年は高い評価を受けているようです)


B級スポットによくありがちな胎内巡りとかもちゃんとあって
IMG_3136 (640x480)

これも、お約束通り。
IMG_3135 (640x480)

救世観音大尊像(という名だそうです)
IMG_3137 (480x640)


さらに奥のほうには、なぜかかなり地中海っぽいエリアが。
IMG_3141 (640x480)

未来心の丘(みらいしんのおか)と言うそうです。

でも確かに頂上からの眺めは地中海っぽいといえなくはないかも。
IMG_3142 (640x480)

そんなこんなで、この耕三寺、結構見どころが多くて、かなり時間を過ごしてしまいました。
あわてて瀬戸田観光案内所のターミナルでレンタサイクルを借りて、生口島の海岸を走ります。

海岸沿いのサイクリングロードを走ると
IMG_3181 (640x480)


だんだん多々羅大橋が近づいてきました。
IMG_3189 (640x480)


これは多々羅大橋を下から見上げたもの。
ここで手を叩くと、日光東照宮の鳴き龍のように音が何回にも渡って反響する「多々羅鳴き龍」といわれるところです。
その理由は忘れましたが、どうやら塔の形状からくる現象のようです。
IMG_3193 (640x480)

渡り終わったところからの写真。向こう側が生口島です。
IMG_3215 (640x480)

多々羅大橋を渡り終わると、すぐに多々羅しまなみ公園のサイクルターミナルがあり、何とか時間内に返却。
死ぬほど暑くてお茶のペットボトル3本くらい飲んだけど、ときどき潮風も心地よく、楽しい初しまなみサイクリングでした。

                                                          <2013年8月訪問>


(おまけ)
瀬戸田港にあったポスター。  「おしい広島」応援してます(笑)
IMG_3130 (640x480)




行きたくなったら、1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/14-2b578f19

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫