真壁のひなまつり 陸の孤島 到着編 【茨城県・桜川市】

 2015-02-18
城の真壁には、ずっと前から行ってみたいと思っていました。

真壁は、戦国時代の大名、真壁氏によって形づくられた町割りのなかに蔵や門などの歴史的建造物がたくさん残されていて、茨城県で唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されていたので、古い町並みマニアの僕としては当然外せない感じだったのです。

ところがところが、ここは域外からの公共交通機関がまったく通じていない、陸の孤島だったのです。
まあ、確かに田畑に囲まれたのどかな田舎ではあります。
場所的にも(東京側から見ると)筑波山の裏側の、ちょっと地味目なところです。
茨城にはちょいヤン仕様のクルマがたくさん走っていて、きっと中古のシーマとかセルシオとかを改造したり装飾したりして走り回るのが生き甲斐の、クルマ好きな県民が多いんだろうなあ、ということもわかっています。
しかし、厳しい山々や深い谷に閉ざされたロケーションでもなく、関東平野のど真ん中にあるこの町が、なぜ鉄道や路線バスはおろか、馬車も人力車も籠さえない、このような陸の孤島状態なのかわかりません。
(あとあと調べてみたら、昔は土浦と岩瀬を結ぶ筑波鉄道の駅が真壁にあったらしいのですが、1987年に廃止され、その代替バスも2011年に廃止されてしまったようでした)

とにかく、真壁という町に公共交通機関を使って行こうと思ったら、最寄りのJR水戸線の新治、大和、岩瀬駅あたりから片道10キロ歩くしかなかったのです。



ところがこの真壁、最近はひな祭りで有名になっているようで、2月中旬から3月3日のひなまつりイベントの時期は多くの人出でにぎわうため、この期間限定で、なんと臨時のバスが運行されるのです。
しかもつくばエクスプレスのつくば駅から真壁の中心街まで約1時間の路線と、JR水戸線の岩瀬駅から約25分の路線の2種類!
これでようやく陸の孤島、真壁へ行くチャンス到来、ということで喜び勇んで出かけたのでした。
まあ車を使えばいつでも簡単に行けるんですけど、それだと旅っぽくないので・・・



さて、まずは向かったのはJR水戸線の新治駅。
真壁までの臨時のバスが二つ隣りの岩瀬駅から出ているはずですが、それは帰りにとっておき、せっかくなので往路は散歩がてら、最寄りのこの駅から10キロ弱を歩いて行ってみることにしました。

P2150045 (640x480)


新治から真壁までは、ザ・イバラギ(ザ・北関東とも言います)という感じの田園風景が続きます。
しかも昼間っから激しい北風です。
こんな感じです。

P2150050 (640x480)

もうもうと砂埃がたっているのがお分りでしょうか?
これが冬の北関東のあるべき姿ですよ。僕は群馬育ちだったのでよくわかります。
こういう中でも外で元気にサッカーとか缶けりとかだるまさんが転んだをやるのが北関東の子供たちでした。
もし今やれと言われても無理ですけど。

2,3度竜巻かと思うような突風の攻撃を受けましたが、北から南へと風下に向かって歩く形にしていますので、うまく追い風に乗りながら筑波山に向かって歩くこと約2時間、ようやく真壁の看板が出てきました。

P2150056 (640x480)

旧真壁町は現在周辺の自治体と合併して桜川市になっているらしいのですが、まったくピンときませんね、桜川市。
どこが市の中心となるのかもわかりません。旧岩瀬町のあたりなんでしょうか。

真壁高校の横を抜けて市街に入ると、さっそく渋い建物が見えてきます。

P2150058 (640x480)


そして、これ。
なんと、北関東の陸の孤島に溢れる人々!

P2150061 (640x480)

真壁のひなまつり、想像以上ににぎやかです。



真壁のひなまつりは、今年で13回目だそうですが、最初は20数軒の有志で始まった雛人形の公開がだんだんと増えてゆき、今では町じゅうで150軒もの家々が参加しています。

図1



一番最初に入った、着物屋さんのひな飾り。

P2150065 (640x480)



石材屋さん。

P2150069 (640x480)


別の石材屋さん。真壁は石材の生産地としても有名なのだそうです。

P2150123 (640x480)


川島書店見世蔵。
ここは店舗と住居を兼ねた蔵だった場所だったそうですが、この中にももちろんひな壇があります。
(ところでこのおじいさんは水戸黄門なのでしょうか?)

P2150196 (640x480)


なんとこの正面のものは江戸時代のものだそうです。
真壁にはたくさんの蔵があり、そこで大切に保管しているので、非常に保存状態がよいのだそうです。

P2150084 (640x480)



いやいや、なかなかすごいぞ真壁。
陸の孤島まで頑張ってやってきた甲斐があるじゃないか。




<2015年2月15日 訪問 つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/143-88ca19eb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫