幽玄な飛騨川とか、女湯展望車窓とか【青春18たび 1982春‐3】

 2015-03-25
前編  サヨナラ模様とか、夜汽車とか 



陸本線の長いトンネルを抜けるたびに薄日がさしたり横殴りの雪だったりと、クルクル変わる早春の不安定な空の下、8時58分富山駅到着。
もちろん富山に足を踏み入れるのは初めてでした。

なぜかここから高山本線の急行「のりくら6号」に乗って飛騨高山に向かっています。

青春18きっぷですから、もちろん急行列車は利用できません。急行券、乗車券ともに別途買わなければならないのに敢えて急行に乗ったのは、きっと高山での観光時間を確保するためだったのでしょう。
のりくら6号で行くと、後続の各駅停車よりも1時間40分ほど早く飛騨高山に着くダイヤになっていました。

初めての高山本線ですが、ここは今でも印象に残っています。
富山を出て越中八尾に停まり、岐阜との県境駅、猪谷を出ると山また山。降り続く雪の中を、飛騨川の幽玄な渓谷に沿って走るのですが、こんな景色は今まで見たことがなくて、なんだか別の世界に足を踏み入れたような気がしたのでした。

飛騨高山には11時11分着。
高山盆地に入ると雪は止み、いつの間にか晴れ間が出ていました。

飛騨高山駅のスタンプ。

P3210747 (640x480)

なんだかこの頃はスタンプを集めていたらしく、スタンプ帳にたくさんの駅スタンプが残っていました(笑)


高山では上三之町の街並みを見たり、朝市を覗いたりしたあと、郊外の飛騨民俗村というところに行った覚えがあります。

P3210767 (640x480)
(上三之町イメージ  ※写真がなかったので、絵はがきから)

P3210762 (640x480)


飛騨民俗村はこんな感じのところです。

P3210761 (640x480)
(絵はがきから)

晴れていましたが、雪がところどころに残っていて、めちゃくちゃ寒かった覚えがあります(メモ帳にも書いてありました)。



16時10分発の各駅停車で飛騨高山を出発します。
下呂駅の手前だったと思うのですが、トンネルを出た途端、下呂温泉の旅館の女湯露天風呂が眼下に現れ、しかも結構若い女性の人影を複数発見したため、この区間3往復くらいしちゃおうか、と思ったのでした。
ちなみにこれはメモ帳には書いてなかったのですが、僕の脳みその中のメモリーには今も強く刻印されております。。。
今はもう、この高山本線随一の絶景スポットはなくなってしまったのでしょうか・・・(笑)


白川口駅スタンプ。
降りたわけではないので停車時間中に押したのでしょう。

P3210748 (640x480)


19時41分着の終点、岐阜で乗り換えて、名古屋に向かいます。
メモ帳を読むと、どうやら名古屋駅構内に早川浴場という銭湯があったらしく、そこに行くつもりだったのが、夜は20時で終わりになっていて入れず残念云々の記述があります。

そうそう、旅はそんなにうまくいかないんだよ。

そのあとは、21時26分発の上り東京行きの夜行列車に乗り、今日も車中泊。
しかも今宵は深夜の富士駅で降りて、下りの夜行に乗り換えて折り返しまた早朝の名古屋に戻ってくる、という荒業!

よくやったなー、こんなこと。信じられんわ。

案の定、名古屋からの上りは途中で通勤客が降りたところにかろうじて座れたようですが、富士からの下りは超満員で座れずに(通路に新聞紙を敷いて座っている人もいたような記憶あり)、デッキの空きスペースに陣取ったのはいいものの、ドアが開くたびに寒くて目を覚ます、というありさまでした。


それでもちゃんと夜中にスタンプ押してるところがスゴイ!
若いっていいですよね(笑)

P3210749 (640x480)

P3210750 (640x480)



名古屋には翌6時07分到着。
このあと木曽路から松本、長野へと向かいます。


<1982年3月26日訪問 つづく>






行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/157-deceebdc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫