越後妻有 大地の芸術祭‐3【おっちゃんムンク/松之山編】

 2015-07-24
 前編  天国への棚田 松代編


代エリアの南側、松之山エリアも芸術祭の特徴的な作品がたくさんある場所です。
日本三大薬湯といわれる松之山温泉という鄙びた温泉街がある以外は、長野県境に接する山々に囲まれた急傾斜地の多いところで、冬はものすごい豪雪地帯でもある、厳しい自然にさらされた地域です。
「大地の芸術祭」がなければ、東京から人々が訪れることなんてめったにない場所だったと思います。

ここの中心施設が「森の学校キヨロロ」。
里山の自然と文化を学ぶ自然科学館です。

Y019_Anzai-720x360.jpg ©大地の芸術祭

昆虫や蝶のコレクションがあったり、里山の自然についての展示があったり、ちょっとしたアート作品があったりしますが、「里山の生き物体験」などの屋外・屋内でのワークショップが豊富なのがここの特徴だと思います。

キヨロロの塔と呼ばれる展望台からは、美しい里山の風景と、それを囲む周辺の深い森が見渡せました。



松之山地区の代表的なアートは、クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマンの「最後の教室」。

ここも廃校となった学校の校舎を使ったアートのひとつですが、「最後の教室」という名前の通り、かなり異色のアートです。
最初に真っ暗な体育館に入ります。
中に入ると、かすかな明かりの中に、草の匂いと、何かモーター音のようなもの。目が慣れてくると、それが藁の敷かれた館内に置かれた無数の扇風機だということに気づきます。

Y-052-940x470 (640x320)
撮影:倉谷拓朴


体育館を抜けて校舎に入ると、どこからかドクン、ドクンと低く脈打つ鼓動のような音が聞こえてきます。
2階に上がってその音の方へと進むと、一番奥の教室、昔の理科室らしき部屋から、真っ暗闇の中、一定の間隔で点滅する電球とともに鼓動の音が大きく鳴り響いています。
ここが学校の心臓、ということなんでしょうね。

3階にあがると、真っ白な布に覆われたく四角い箱が無数に並んでいるスペースがあります。
間仕切りの取り払われた教室や廊下に、蛍光灯の入った透明の箱型ケースがいくつも展示されています。

IMG_1070 (640x480)

ここはまるで学校の棺置き場ですね。


「最後の教室」のテーマは「人間の不在」なんだそうです。
なんとなくわかるような、わからないような・・・やっぱりわからないですね。


2012年の芸術祭限定で、今回はもう見られないのですが、人によってはこれが最も面白かった、という評価が多かったアートが、「上鰕池(かみえびいけ)名画館」。

この地区のおじさん、おばさんをはじめとする住人の皆さん(総人口で55人だそうです)が、美術の教科書で一度は見たことのあるゴッホやフェルメールの名画の登場人物になりきってカメラに収まっています。


フェルメールの「牛乳を注ぐ女」が

vermeer (564x640)

こんなふうに。

P8289697 (440x640)

注いでるのはどぶろくでしょうか?



かの有名な「最後の晩餐」は、

Giampietrino-Last-Supper-ca-1520 (640x244)

こんな宴会に。

P8289711 (640x440)


「田休祭(たやすまつり)」という、その年の収穫を祈願する宴会だそうです。



一番人気は、ムンクの叫びを題材にした、

for-sale-the-scream-by-edvard-munch-1 (502x640)


おじさんの叫び。

P8289713 (514x640)


タイトルは「宝橋」だそうです。
ちなみにこの方は、この地区の区長さんで、冬期「孤立集落」になっていた上鰕池に、平成6年、待望の「宝橋」が架けられたことに対して「ありがと~」と叫んでいるのだそうです。

テレビなどでも取り上げられて人気の高かったこの名画館、最盛期は連日住民人口の20倍を超える人々が押し寄せたということですが、残念ながら2015年の芸術祭ではないようです。
ただ、上鰕池という名前がついたアートが予定されているので、もしかするとまたこの村人たちが関わるものができるのかもしれません。



大地の芸術祭は今回紹介した十日町、松代、松之山地区以外にも、川西地区、津南地区、中里地区と広範囲にアートが散らばっているので、全部を制覇するのはなかなか容易ではありません。

P7122420 (640x480)

芸術祭のパスポートを買うと、訪れた場所にスタンプが押せるようになっているのですが、僕たちは2日間周って22個、それでも全体の10分の1くらいしか回れませんでした。

P7122421 (640x480)



越後妻有の夏は、正直めちゃくちゃ暑いです。
それでも、この里山をひーひー言って、水をガブガブ飲みながら巡った夏は、かけがえのない思い出です。


<おわり>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/213-70dd2c47

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫