『鉄道員(ぽっぽや)』駅にもさよなら?【幌舞駅(幾寅駅)】2015北海道-8 

 2015-11-16
に健さんつながり、というわけではないのですが、増毛に続いてこの日に偶然行ったのは、根室本線の幾寅という駅。

P9206326 (640x480)


この駅は、故高倉健さん主演の映画、『鉄道員(ぽっぽや)』のメインロケ地となり、幌舞駅として登場しています。

P9206345 (640x480)


健さんの熱狂的なファンでもないのに、僕はなぜこの駅に降り立ったのか。
この駅もさよならを言わなくてはならない駅なのか?
もしかすると、将来、さよならを言わなくてはならなくなるかもしれませんが、当面は大丈夫そうなので、今回の目的はそれではありません。

この駅の近くからバスに乗るためにここに降り立ったのです。


実はこの日、増毛を見たあと、留萌線で深川まで戻って1区間だけ特急に乗って滝川に出て、滝川発9:36の普通列車で帯広まで行く予定だったのです。
しかし滝川駅に着いてみると、この列車、かなりの混雑。通路にまでかなりの人が立っている状況です。

この列車、実は日本一長い距離を走る普通列車。

IMG_6406 (640x480)
(2014年秋訪問時の写真)

滝川から釧路までの約300キロを8時間半かけて走るのですが、編成はなんとたった1両。
シルバーウィークの2日目だし、この先の狩勝峠を、日中に越えられるのはこの列車しかないので、ある程度は覚悟していたのですが、これは混みすぎですねえ。。。

客層を見ると、ほとんど単独旅行者のおにーちゃん&おじさん。
「今日はこれから富良野のペンションでテニスサークルの合宿があって、そのあとは時の流れに身を任せるの」、的なおねーちゃんがこんな列車に乗っているはずもなく、地元の人々もほとんどいないように見えます。

こりゃこの人たち、狩勝峠を越えるまでずっと乗り続けててもおかしくないぞ、というのが僕の予想。

さすがに3時間以上通路にたちっぱなし、しかもこの客層の空間では息がつまるな、と判断した僕は、この列車に乗るのを諦めたのでした。
しかしこのあと、狩勝峠を越えて帯広まで行ってくれる列車は6時間近くありません!


そんなわけで、いったん旭川まで出て、旭川で時間をつぶしてから富良野線でふらの駅へ。
ここで根室本線の落合行きに乗り換えます。

P9206306 (640x480)


途中、車窓右側に見える芦別岳とか夕張岳の険しい山々と手前の紅葉。

P9206322 (640x480)


ここから先、根室本線で帯広へ行くには、さらに険しい山奥に入り、石狩と十勝の国境である狩勝峠を越えなくてはならないのですが、この峠越えの区間、落合駅~新得駅間を走る列車本数が少ないのです。
落合行き、ということは、この列車も狩勝峠は越えず、その手前で寸止めになっちゃう列車ってことなんです。

そんなわけで降り立ったのが、この幾寅駅。

P9206360 (640x480)

実はこの幾寅駅近くの「幾寅物産センター」という道の駅に旭川と帯広を結ぶ都市間バスの停留所があり、このバスを使うと、狩勝峠を越えて帯広に行けるのです。
そんなわけで、実はこの「ぽっぽや駅」にくるのも2度目なんですよ。


駅舎の看板も、映画の中で使われた「幌舞駅」のまま。

P9206348 (640x480)


駅前にはロケで使った建物類がほとんどそのまま残されているようです。

P9206351 (640x480)


これもロケで使ったものなんでしょうね。
ディーゼルカーの車体が半分残っていました。

P9206350 (640x480)


駅はもちろん無人駅になっているのですが、駅舎内は『鉄道員(ぽっぽや)』のミニ記念館みたいになっています。

P9206346 (640x480)


ゆっくりしたいのですが、バスの出発まであまり時間がなく、バス停へと急ぎます。
バス停は駅の近く、とは言ったものの、実は南富良野町の小さな中心部を通り抜けた先にあり、歩いて15分ほどかかります。
一番最初に幾寅駅からこのバス停に行ったときは、もっと近いものだと思い込んでいて危うく乗り遅れるところでした。


町の通りにはこんな看板がかかっています。ロケ地は幾寅駅のことなんですけどね。

P9206355 (640x480)


そしてこれがバス停のある道の駅。

P9206354 (640x480)


さあ、あとはバスに乗って帯広に着くだけだ、と思っていたところ、なんとこのバスもかなりの混雑。
立っている人はいないまでも補助席以外の座席はほぼ埋まっている感じに見えたので、なんだかこれにも乗るのが辛くなってきて、一瞬迷ったんですが、これもパスすることにしました。

まあ1時間半待てば、帯広まで行く列車はあるのです。
帯広帯子とディナーの約束をしているわけでもないので、別にそんなに急いで帯広に入る必要もありません。
ただ、このバスで越える夕暮れの狩勝峠の景色はなかなか素晴らしいので、それだけがちょっと残念でしたが。


そんなわけで、再び戻ってきましたぽっぽや駅。

P9206353 (640x480)


時間もたっぷりあるのでいろいろ説明文を読んでみます。

P9206364 (640x480)


この鉄道員のロケ地に幾寅の駅が選ばれたのは、このホームと駅舎との階段のある段差なのだそう。

P9206344 (640x480)

この駅舎からホームに行くまでの段差が「ため」とか「情感」を創り上げるとのこと。
なるほど、という感じですね。

ホームから延びるまっすぐな情景もよかったようです。

P9206356 (640x480)


幾寅駅を出る頃は日もかげって、狩勝峠を越える頃はすっかり暗くなってしまいそうですが、ぽっぽや駅というか幌舞駅というか幾寅駅、じっくり見てみたらなかなかよかったです。

P9206361 (640x480)


根室本線の富良野~新得間は、本線という名前がついているものの、こんな感じで厳しい山間部を通るため、利用者も少なくJR北海道の経営再建に向けた見直し対象区間にリストアップされているようです。
なので、今すぐにどうこうということはないかもしれませんが、そう遠くない将来には、もしかするとさよならを言わなければならなくなるかもしれません。

結果的に、ひと足早いさよなら、にならないことを祈ります。



<2015年9月20日(日)訪問>


行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。

どうやら僕は、Wanderlustさんが見た単独旅行者のおにーちゃん&おじさんの一人だった可能性、かなり大ですね(笑)。
駅に戻ってきたのが9時半すぎなので、その時にもWanderlustさんがホームにいればの話しですが。
とにかくお互い極めて近い距離にいた奇跡!に非常に驚いております。

それはそうと、釧路行きに乗らなかったのはナイスな判断だったと思います。
あの混み具合を見たら目的地が遠くなら誰も乗りたくはないでしょう。
僕もデッキにいる人を押しのけてどうにか乗り込んだくらいですから。

その後、進路を西に取りましたので、さすがにこの後は逢う(?)事はなさそうですね・・・。
【2015/11/18 00:59】 | よっチィ #- | [edit]
はじめまして、
ブログ村、LOVE鉄道!トーナメント、順優勝おめでとうございます!
(かなり前の話ですみません)

素敵なお写真をどうもありがとうございました。

歴史ある風景ですが、保存はお金がかかることなので大変ですね。

自動車で撮影に来る撮り鉄たちが、もう少し乗車してくれたらと思いますが。。。。。カメラもお金がかかるしねぇ。(苦笑)

【2016/07/10 22:52】 | ふすべ庵 #- | [edit]
そうですね。

まあこういう駅がいつもまでも残るように頑張ってほしいですけどね。

旅をするのに鉄道にこだわることはないとは思いますが、僕には車しか使わずに列車を撮りに行くってのがよくわかりませんね(笑)
【2016/07/11 23:51】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/270-e6529662

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫