クールなコンベアは、希望のかけ橋【陸前高田】2015北海道-15 

 2015-12-03
 
  前編 BRTの行き先はドバイかエジプトか?



ラミッドのように高くかさ上げされた造成地を左手に見ながら海岸方面へ進むと、やがて前方に巨大なベルトコンベア群が見えてきます。

P9226892 (640x480)


それはまるで川崎や四日市の工場群を見ているかのよう。

P9226895 (640x480)


これは中心市街地のかさ上げ工事のために作られた総延長約3kmの土砂運搬用ベルトコンベア。
1日に10tトラック4千台分の土を運び、これによりトラックだと10年かかる作業が2年に短縮されるのだそうです。

P9226923 (640x480)


このコンベア群と、特にこのコンベアが気仙川を渡る吊り橋部分は、陸前高田市の小学生たちにより「まちの復興と未来への架け橋になるように」との願いを込めて「希望のかけ橋」と名づけられたのだそうです。

P9226939 (640x480)


震災前には約7万本といわれる松が生い茂っていた高田松原。

P9226905 (640x480)


その中で、震災後、唯一残ったのが奇跡の一本松。

P9226914 (640x480)


国道45号から歩行者専用道路に入って歩くこと約10分、ようやくその姿を現しました。

P9226931 (640x480)


海水の影響などにより、残念ながら枯死が確認された奇跡の一本松。これはそのレプリカなんですね。知りませんでした。。。

P9226925 (640x480)


一本松のすぐ横にあるこの建物は、陸前高田ユースホステル。震災時はすでに休館だったため、人的な被害はなかったようで、この建物も一本松とともに震災遺構として保存されることになっているそうです。

P9226930 (640x480)


この奇跡の一本松に行く歩行者専用道路の上にも、このベルトコンベアが何本も走っています。
奇跡の一本松を見に行ったらベルトコンベアが凄かった、という声も実際にたくさんあるようなのですが、これをカッコいいとか、クールだ、とか言うのは不道徳なことなのかな、と思っていたところ、どうやらそうでもないようです。

P9226933 (640x480)


陸前高田の関係者によると、これも観光目的の一つとして訪問が増えてくれるのなら大歓迎、というスタンスのようですので、声を大にして言います。

チョーカッコいい!

P9226932 (640x480)


しかししかししかし、残念なことに(と言ってはいけないのだろうけど)合計約500万立方メートルの土砂を搬出したベルトコンベアはその役目を終え、10月1日から解体作業が始まり、平成28年3月までに撤去される予定なのだそうです。
僕が行ったのはそのギリギリ解体前だったんですね。

P9226920 (640x480)

でもたとえ「希望のかけ橋」がその姿を消しても、このクールでワイルドな姿は、復興への願いとともに忘れないぜ、Baby!




<2015年9月22日(火)訪問>


行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/277-cd383880

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫