ムーンライトながらのオークションとか、近大マグロとか【本州最南端・潮岬】

 2016-01-11
2015年も終わり間近の12月28日。
冬休みのスタートは、この日の東海道夜行快速「ムーンライトながら」から。

PC288289 (640x480)


今回は12月28日の夜から1月3日までの正味6日間で、東海道テキトー完歩プラスαという感じの日程です。

しかしこのムーンライトながら、全席指定の臨時列車なのですが、なかなか予約取れないんですよ。
僕は発売日前日に駅ねっとの事前予約を入れたのですが、結局取れず。
まあ事前予約でも、もっと早めにしておけばよかったんでしょうけど、こんなにチケット争奪戦が激しいとは思ってませんでした。

ところが。。。
このチケット、yahooオークションとかで流れまくってるわけですよ。転売目的のさもしい貧乏人たちが買いあさって。
普通列車扱いなので、1席にかかる料金は指定席料金のみの520円。
仮に売れなかったとしてもリスクは低いので、格好の転売商品となるのでしょうね。
これが2000円だの3000円だので競り落とされちゃうわけですよ。
まあ、買う方も買う方なんですが、これを買わないと乗れないので、みんな怒りに身を震わせながら競り落とすわけですよ。

PC288294 (640x480)


どうにかしてくれ、JR東海。
ちゃんとオークション見張ってワーニングするとか、発売を複数回に分けて一部は1週間前にするとか(1週間だったら時間的に転売は難しいので)なんか工夫しないと、真面目な市民はやってられまへんわ。

まあ一番悪いのは、ヘタな悪知恵で不労所得を稼ごうとしている、懐も(心も)貧しい連中なんですけどね。
いずれ大岡越前かだれかに成敗されて臭いブタ箱にでもぶち込まれてしまえ!



と、のっけから怒ってもせっかくの旅が面白くなくなるので、あとは大岡越前とJR東海の善意に任せるとして、話をもどします。

東京駅23:10分発のムーンライトながらの終点は、翌朝5:51着の岐阜県の大垣。
おそらく95%が青春18キッパー(僕もそうでしたが)の旅人たちは、この先、東海道本線をさらに西へ向かうため、大垣駅で米原方面の列車に乗り換えるのですが、これがまた座席の激しい争奪戦になるのです。

PC298296 (640x480)


10両のムーンライトながらから6両の普通列車への乗り換えとなり、階段を駆け上がって、並み居る人々を蹴散らさないとなかなか座席にありつけないので、大人の僕はいつも30分後に出る1本あとの列車に乗ることにしています。


米原で新快速に乗り換え、そのあとは大阪駅、和歌山駅、御坊駅、紀伊田辺駅と乗り継いで串本まで行き、今回の最初の目的地、本州最南端の潮岬へ。

途中の紀伊田辺駅。
南国っぽくカラフルでなかなかいいですね。

PC298303 (640x480)


なぜ潮岬か、というと、この潮岬観光タワーに登りたかった、

PC298313 (640x480)

・・・・・・というわけじゃなく、ここのレストランで食べられる近大マグロってやつが気になっていたからなのです。

PC298322 (640x480)


近大マグロは結構有名なのでご存知の方も多いかと思うのですが、近畿大学が世界で初めて卵からふ化させて完全養殖に成功したクロマグロのこと。ここ串本で育てられているのです。
養殖とはいえ、普通の養殖場よりかなりいい環境できちんと管理されて育てられているため。、おいしくて安全なのだそうです。
なんてったって大卒マグロですからね。
「あなたは近畿大学の水産養殖課程を優秀な成績で卒業され、お客様にご満足いただけるよう立派に成長したことをここに証します」
という卒業証書の付いたメニューもあるようです。

そんなわけで、近大本まぐろ丼 を食べてみます。

PC298316 (640x480)


マグロ丼のアップ。本マグロの3種類の刺身がのっていたので、僕は勝手に大トロ、中トロ、赤身と想像して食べてみました。

PC298320 (640x480)


いやー、どれもおいしい。
まあ街なかのすし屋で普通に大トロ、中トロを食べてもおいしい、と思ってしまう僕の舌のレベルでは味の違いを表現するのは難しいんですが、おいしい、と評判なので本当においしいのでしょう。

僕が行ったのはかなり遅い時間だったので、お客さんはもうほとんどいなかったのですが、広い店内のほとんどの席にはたくさんの人(団体かも)が食事をした痕跡がまだ片づけられずに残っていて、相当賑わっていたことが想像されます。

余裕があればこんなのにもチャレンジしてみたかったんですが、これはまた次回に。。。

PC298324 (640x480)


さて、せっかくなので本州最南端の碑まで行ったあと、潮岬タワーに上ってみます。
これが本州最南端の碑。
あっ、ちなみに読み方は「しおのみさき」ですからね。

PC298336 (640x480)


タワーの展望台から東側を望みます。素晴らしい天気でした。

PC298344 (640x480)


タワーの展望台から西側。遠くに潮岬灯台が見えますね。

PC298342 (640x480)


灯台にも行ってみることにしました。
PC298340 (640x480)


潮岬灯台は、幕末に開国を迫る黒船集団と結んだ条約によって、明治初期に建設された8基の洋式灯台の一つで、条約灯台とも呼ばれ、歴史的・文化的に非常に価値が高く、「日本の灯台50選」にも選ばれているのだそう。

PC298348 (640x480)


展望台まで登れるようになっているのですが、グルグルとらせん階段をのぼった先の最後の踊り場から上は、細い急な梯子を上って小さな穴倉をくぐらなければたどり着けないのです。

高いところが苦手な僕は、できれば梯子も登りたくなかったのですが、目の前で細くきれいな脚をスカートの下からのぞかせた可憐な女性が登っていたので、あんな華奢でか弱そうな女の子でも登れるなら俺にだってできるはず、と一大決心し、すぐその下からあとに続こうと思ったのですが、あっという間にその3倍はありそうなおばさまに割り込みされ、しかもおばさまが穴倉に詰まってなかなかくぐれない間、梯子の途中でおばさまの魅惑のお尻の下で待たされる、という羽目になってしまいました。


やっと上った灯台からの眺め。
外にも出られるんですけどね。。。

PC298356 (640x480)


潮岬からはちょっと離れているのですが、紀伊大島というところにトルコがある、というので行ってみることにしました。
トルコって言っても、あのトルコじゃないですよ。若い人は意味わからないと思いますが・・・。



<2015年12月29日訪問 つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/297-d8bf4fb9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫