射的に卓球、千と千尋の神隠しの宿【長野・渋温泉‐2】

 2016-02-10
 
 前編 成田エクスプレスに乗って湯田中へ


泉に来ると、普段はホテルでゆっくりすることが多く、特に夕食後に外を出歩くことはめったにないのですが、渋温泉は夜の温泉街散策も楽しい、と聞いていたので(というか、湯めぐりも半分残ってるし)、夕食を食べ終わると、またまた浴衣に下駄ばきで外に出てみたのでした。

P1109778 (640x480)


この渋温泉街の中心に、この温泉を象徴する宿があります。

P1109723 (640x480)


歴史の宿、金具屋。
国登録文化財の木造四階建て、数寄屋造りの重厚な建物は、あの「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルのひとつか、とも言われていますね。

P1109717 (640x480)


湯屋のモデルと言われている温泉旅館は結構あって、道後温泉本館や四万温泉の積善館、台湾の九份あたりが有名ですが、僕はこの金具屋のイメージが一番近いと思っています。

P1109775 (640x480)


ここは昼も夜も、晴れても雪でも絵になりますね。
素晴らしいです。いつもまでも残してほしい建物です。

P1109670 (640x480)


そして古き良き温泉街、といえば射的。

P1109768 (640x480)


500円で14発くらいだったかな、最初の3,4発は外したけど、コツをつかんじゃうとあとは簡単。
10個くらいの景品を落して、こりゃーすげーな、と思っていたら賞品にトランプもらいました。まあ遊びだからそんなもんでしょ。

P1109767 (640x480)


それでも結構繁盛してて、みんなわーっ、とかきゃーとか言って楽しんでました。

P1109756 (640x480)


そして温泉街の途中にはなんと無料の卓球場が。
歌恋会館って名前が渋いですねえ。。。

P1109729 (640x480)

娘がどーしてもやりたい、というので、家族対抗マッサージ10分間杯、ガチンコ卓球対決をやりました。
そして僕が大人げなく優勝しました。。。


そんな間に湯めぐりも3つ。
そう、ここは湯めぐりがあるから、夜でも温泉街に人がたくさん出ているんですね。
こんなに温泉街を楽しむ、って経験をしたのは、これが初めてかもしれません。1泊2日じゃ、時間が足りないくらいです。

P1109743 (640x480)


最後の9番結願湯「大湯」を残して湯めぐりが終わったところで、今日はホテルに帰ります。

P1109701 (640x480)


予報だと今夜半から冷えて雪が降るかも、ということでしたので、文字通りのスノーモンキーが見られることを期待しましょう。




<2016年1月10日訪問>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/312-849b8697

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫