さくら前線を突き抜けて、奄美大島へ【2014奄美の旅‐2】

 2016-03-09
 
 前編「甲子園、和歌山経由奄美大島へ


大阪から山陽・九州新幹線「さくら」に乗ります。
駅の列車表示板もさくら色なのがいいですね。

IMG_4339 (640x480)


九州新幹線は普通車でも4列シートで座席も広々としています。
いいですよね。普通に新大阪から博多に行くのでも、のぞみじゃなくってこっちに乗りたくなります。

IMG_4345 (640x480)


新大阪から鹿児島まで4時間ちょっと。
ずいぶん早くなったなあ、というのが実感です。
九州新幹線の全線開通前に「つばめ」には乗ったことがあるのですが、九州新幹線全線開業後はこの時が初乗車だったので、新鳥栖とか久留米とか熊本の新幹線駅を通るのは初めてでした。

IMG_4346 (640x480)


鹿児島中央駅から奄美大島行きのフェリーが発着する鹿児島新港まで30分ちょっとなので、ぶらぶらと歩いて行ってみます。
和歌山城ではつぼみだったさくらは、鹿児島市内では咲き始めの状態。
さくら号に乗っている間に桜が満開になっていればよかったんですが、いくら南国とはいえ、まだちょっと早かったみたいです。
でも奄美に着いたらきっと桜前線を突き抜けちゃってるんだろうな。。。

IMG_4351 (640x480)


鹿児島から奄美群島を経由して沖縄までは向かうフェリーは毎日運航されています。
この航路はA'Lineと呼ばれるマルエーフェリーとマリックスラインの2社が毎日交互に運航していて、今日の下り(沖縄行き)はA'Lineのフェリーあけぼの。

IMG_4365 (640x480)

鹿児島出港は18:00
南国の鹿児島の陽はまだ高く、鹿児島湾から見える桜島もくっきり。

IMG_4366 (640x480)


船内のレストランはこんな感じ。
ここはまだ大丈夫ですが、ロビースペースのテーブル席は入船と同時に奄美や沖縄の島んちゅのおじさんたちの酒盛り場としてあっという間に占拠されてしまいました。

IMG_4355 (640x480)


2等船室。
一人分のスペースが区切られているのはいいですね。
これなら同じ雑魚寝でも、たまたま隣り合わせた一人旅女子と船に揺られて偶然絡まってしまい、知らぬ間に間違いが起こってしまうこともなさそうです。あーよかった。
以前、対馬航路や五島航路の時に船が揺れて、おでこだけじゃなくって危うく唇が触れ合ってしまいそうになったことがあったんですよね、それも島のおとうさんと。
ま、これならそういったリスクはなさそうです。

IMG_4367 (640x480)




鹿児島を出て、フェリーで11時間。
朝4時50分に奄美大島の中心、名瀬港に到着。
波が荒れるとめちゃくちゃ揺れる、といわれる奄美航路ですが、今回は平穏そのものでした。

IMG_4368 (640x480)


僕以外のほとんどの人たちには、港に迎えが来ていて、船が着くとみんなどこかに消えてしまいましたが、僕は原チャリを借りて島を一周しようと思っていたので、少し明るくなるのを待って、港から歩いて15分くらいのホテルビックマリン奄美(ビックリマンではない・・・)というところまで行き、そこでバイクをレンタルすることにします。

料金は、9時間で2000円。
レンタカーに比べて安いし、なによりも小回りが利くので、離島に来ると原チャリで一周、というのが僕のお決まりのパターン。
気に入った景色に出会ったら、その場で路肩に止めて、すぐに写真に撮れるし、気になったらどんな細い道でも急な坂でもズンズン入っていけるし、最高です。
みなさんもぜひ一度試しを。最初はちょっと怖いかも知れないけど、そのうち慣れると思います。

今回は島の東部を除いた部分を反時計回りに1周することにしました(紫色の部分)。
結果的に寄り道含め、終わってみたら距離は180kmくらい。東京から静岡市くらいまで走った感じでした。

56347714_2060963699_138large.jpg




<2014年3月22日訪問 つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/322-1d087c97

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫