旧東海道名物グルメ旅 とろろ汁とか安倍川もちとか【静岡】

 2016-05-28
 前編 「東海道テキトー完歩の原点 宇津ノ谷峠ふたたび



津ノ谷の町並みの一番奥の階段を登ったところを右に行くと旧東海道、左に行くと明治のトンネルと呼ばれる道へと続きます。

P5042046 (640x480)


眼下には旧東海道沿いの町並みが広がります。
素晴らしい眺めですよね。東海道というよりも中山道の木曽の宿場町のような雰囲気があります。

P5042056 (640x480)


この先、宇津ノ谷峠越えにはいくつもの道があって、本来の旧東海道はさらに山を登って越えて行くのですが、前回同様、どうしてもこの明治のトンネルを通りたくなってしまいます。

P5042057 (640x480)


明治9年に開通したこのトンネルは、当初は木造だったのですが、その後、失火により焼失してしまったため、現在のようなレンガ造りに修復されたのです。
ちなみに日本で初めての有料トンネルだったそうです。

P5042065 (640x480)


このあとできた大正のトンネル、昭和のトンネル、平成のトンネルと、トンネルもなく山道を越える旧東海道も含め宇津ノ谷峠越えの方法はたくさんありますが、ここだけは旧東海道よりも明治のトンネルを選んでしまいます。


明治のトンネルを出で少し先から旧東海道に入って、そのまま藤枝側へと下ります。

P5042069 (640x480)


国道1号に合流して、道の駅にあるバス停から静岡駅行きのバスに乗ると丁子屋のある丸子宿までももうすぐ。
バスに乗ること10分、今日のメインの丁子屋に到着。
しかし・・・

P5042083 (640x480)


まあGWなので多少は予想していたことなんですが、やっぱりめちゃくちゃ混んでました。
店に入り切れないお客さんの列のうしろに並んではみたものの、風の噂では待ち時間40分とのこと。。。

そんなときに生きてくるんですね、僕の旧東海道情報ネットワークが。
実は旧東海道の港港、もとい、宿場宿場にいるお世話係の女の子(飯盛り女ではありません・・・)から、実は丁子屋の隣りにある一松園というお店も、丁子屋に勝るとも劣らないとろろ汁が食べられる、と聞いていたのです。

どうする?多少は待ってでも、一番有名な丁子屋行ってみる?それとも知る人ぞ知る名店、ってのに入ってみる?

このイベントを心待ちにしてきた娘にとってはなかなか酷な質問だ・・・と思いつつ問うてみると、

「お腹空いたから早い方がいい」

と非常に単純明快な答えだったので、夏を思わせるような厳しい日差しの下、丁子屋前で腹をすかせながら並ぶ人々を横目に、僕たちは迷うことなく、この一松園に入ったのでした。

P5042082 (640x480)


中に入ってみると、店内の雰囲気もなかなかいい感じ。

P5042075 (640x480)


そしてこれが一松園の一番シンプルなとろろ汁定食。

P5042080 (640x480)


お櫃に入った麦ご飯に赤だし、小付、香の物、そしてとろろ汁、以上!
丁子屋のメニューとほぼ同じです。


ちなみに前回丁子屋に来た時のとろろ汁がこれ。

IMG_5459.jpg

もっとシンプルでしたね。。。

とろろ「汁」というだけあって、とろろにはあまり粘り気がなく、僕的にはもう少しコシがあってもよかったかなあ、とも思うのですが、娘は大満足らしく、3人分がまとめて入ったご飯もとろろも一番張り切って食べていたのでまあよしとしましょう。


こちらが、創業400年、十返舎一九の東海道中膝栗毛にも、安藤広重の東海道五十三次にも出てくる老舗中の老舗、丁子屋の全景。

P5042093 (640x480)


今回は食べてないんだけど、写真だけ撮らせてもらいました。スミマセン。

P5042091 (640x480)


ここから再びバスで静岡駅に向かう途中に安倍川という大きな川を渡るのですが、そのたもとの茶店で昔から出していたのが「あべかわもち」。

P5042098 (640x480)


徳川家康がこの安倍川を通った際、茶店に立ち寄ったところ、店主が安倍川上流で取れる砂金に見立て、つき立ての餅にきなこをまぶして献上したところ、家康がこれを喜び、安倍川にちなんで安倍川餅と名付けたという由来があるのだとか。

もちろんわざわざバスを途中下車して食べましたよ、あべかわもち。
前回僕がひとりで東海道を歩いた時に寄ったのは、おばあさんが一人でやっているようなお店だったのですが、今回は「元祖あべかわもち」というのぼりの出ていた「せきべや」。

P5042103 (640x480)


きな粉とあんこのセットで600円。

P5042100 (640x480)


つきたてのお餅ですから、そりゃおいしかったですよ。
とろろを食べた直後でしたが、僕もペロッといっちゃいました。


ベツバラ(別腹)の力ってすごいねー
今回のお茶ととろろと安倍川もちの旅、楽しかったねー

とか言いながら大満足の2人を静岡駅で上りの新幹線に乗せこんで、おとーさんはこのあとの4日間、孤独に東海道テキトー完歩の旅に向かうのでした。。。




<2016年5月4日訪問 >




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/350-4bd95116

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫