夢の吊橋渡れば、今夜はしっぽりスマタナイト【静岡・寸又峡温泉】

 2016-06-12
 
 前編「これぞ絶景の秘境駅 奥大井湖上駅



又峡温泉には、実は15年前頃に一度泊まったことがあります。

奥泉の駅から寸又峡に向かう路線バスが、何百メートルも下の谷底を見下ろすような、まさに崖っぷちスレスレの細い道を通るのでめちゃくちゃ怖かったのと(当時は路線バスなのに女性の車掌さんが乗っていました。すれ違いも難しい区間が多かったんだと思います)、山中の渋~い温泉街がかなりいい味を出していて、老後はここに籠って執筆活動をしたい、と思った記憶があります。


バスにはもう車掌さんも乗っていなかったので、道も多少はよくなったのかもしれませんが、それでも相変わらずこんな道です。

P5052547 (640x480)

このガードレールの下は、落ちたら確実にお陀仏、という感じの高さなので、やっぱり今回もヒヤヒヤもんでした。。。


寸又峡の温泉街は、奥泉の谷底から高い峠を越えて、再び深い谷底まで下った場所にあります。

P5052484 (640x480)


以前来た時は、深ーい山に四方を囲まれた、まさに訪れる人も少ない秘湯、という感じだったのですが、今回来てみると、なんかちょっとあか抜けているんですよ。

P5052543 (640x480)


寸又峡温泉バス停横のメインストリート。
昔よりこぎれいになってる気がする。

P5052546 (640x480)


その先には「足湯カフェ」なんてしゃれおつなお店ももできていて、このあとめくるめくスマタナイトを過ごすのだと思われるおにーさんとおねーさんが仲良く混浴なんかしています。

P5052539 (640x480)


そもそもGWとはいえ、こんな奥地にかなりの観光客、しかも今までこんな秘湯の温泉地では見たこともなかったような若者がたくさん来ているんですよ。
その理由はこの看板の左上にある「夢の吊橋」。
聞いたことありませんか?

P5052487 (640x480)

トリップアドバイザーの「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊り橋ベスト10」にランクインしたのをきっかけに、大注目を浴びているようで、寸又峡に来る観光客のほとんどはココ目当てではないかと思うのです。

ま、吊り橋なんてどうせ怖くて渡れないんだろうけど、写真くらいは撮りたいな、と思って僕も行ってみます。
右手に寸又川を見下ろしながらゆるやかな坂を上り、狭いトンネルをくぐります。

P5052494 (640x480)


トンネルを出ると、あら、レトロな公衆電話がこんなところに。

P5052495 (640x480)


うーん、こんな山奥に公衆電話必要なんだろうか。
遭難者の緊急用電話くらいしか考えられないなーと思っていたのですが、こんな深い谷を見てふと思い出したことがあります。

P5052500 (640x480)


それは福井の東尋坊にある「救いの電話」。
自殺の名所と言われる東尋坊で、身投げする前にもう一度誰かに相談して思い直させるように用意されている電話ボックスですね。
この先もっと奥深くまで登って、谷底まで滑落したら間違いなくお陀仏、という感じなので、そういう意味ではここも東尋坊に似てるな、と。

ま、電話には何も書いてないですけど、もしかしたらそんな使い方もあるのかもしれませんね。


そのまま進むといよいよ夢の吊橋へと下る別れ道が。
しかし、そこにはこんな看板があったのです。

P5052528 (640x479)


『ここから遊歩道が狭くなるためGW、紅葉シーズンなどは一方通行となります。
 歩行に自信のない方は「飛龍橋」方面の散策をお楽しみください

なぬっ、吊り橋を渡れないヘタレ野郎はこの先は行っちゃいけねえ、ってことかい旦那ァ~。

と、心の中でひとり啖呵を切ったのはいいものの、やはり吊り橋を渡れる自信は100%ありません。

そんなわけで、「わぁ~こわそ~」とか言いながら吊り橋方面に降りていくスマタカップルを横目に、僕だけがそのまま崖の上の道を奥へと進んだのでした。

お前らあとでビビッてしょんべん漏らすなよ!

・・・失礼しました。。。


やがて遠く谷底に、見えてきました夢の吊橋。

P5052505 (640x480)


おぉぉぉぉ、渡ってるよ、みんな。。。
予想通り、へっぴり腰で今にも漏らしそうなおねーちゃんもいるけど。

P5052502 (640x480)


ちょっと別の角度からみるとこんな感じ。
いやー、これはムリでしょ。
しょーべんどころか、もっとスゴイの出ちゃいそうです。。。

P5052527 (640x480)


まあ、ありがちな都市伝説、というか秘境伝説、というかまあどっちでもいいんですが、この橋の真ん中で若い女性が恋のお祈りをすると夢が叶うとされているんだそうな。

なんで若い女性じゃなきゃあかんのや!
おじさん、おばさんの幸せはどうなっているんや!

ということで、そんな伝承では不公平すぎるので、全国2500万人の恋がしたいおじさん、おばさんと寸又峡温泉関係者のために

「この橋の真ん中でおじさん、おばさんが恋の祈りをして寸又峡温泉に泊まると、その夜はもれなくムフフなスマタナイト」

という秘境伝説を唱えたいと思いますので、みなさん拡散よろしくお願いします。




<2016年5月5日訪問>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/06/13 07:55】 | # | [edit]
ひさしぶり!

そうかな?
いつもこんな感じだぜ(笑)


> なんか今回はテンション高いね( ^ω^ )
【2016/06/13 08:21】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]
オイオイ、鍵コメに履歴付きで返事しちゃダメだろ(⌒-⌒; )
まあいいけどね(笑)
せっかくURL貼ったんだから、クリックぐらいしてよね;^_^A
あ、足跡つかない設定にしてたらゴメン。
【2016/06/13 19:14】 | とりよた #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/355-d562aa5c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫