うなくん、なんで「夜のお菓子」なの?【浜松/うなぎパイファクトリー】

 2016-07-15
 前編「浜松夜の聖地めぐり 前編



名湖名産 夜のお菓子 春華堂の「うなぎパイ」。

東京で働くOLの80%が、たまたま浜松あたりに出張に行ったおっちゃん上司に、

「ほら、夜のお菓子だよ。今日はこれ食べて精力付けて頑張って、うひひひ~」
と言われたことがある、という統計もあるようですが(ないか・・・)、まあ誰もが「にやっ」としてしまう、有名なお菓子であることは間違いありません。

P5083208 (640x480)


このうなぎパイの工場、「うなぎパイファクトリー」は、工場というよりは、もう立派な観光スポットになっている感じです。
中に入ると、まるでどこぞのミュージアムかのような造り。

P5083191 (640x480)


個人の見学客も予約なしで入ることができて、こんなお土産がもらえます。結構うれしい!

P5083170 (640x480)


最初に2階から製造ラインを見学することができます。

P5083156 (640x480)


おおおおおおおお、うなぎパイが流れてる。
これ全部食いたい!

P5083157 (640x480)


そのあとはシアターでうなぎパイができるまで、という映像の上映。これはよくあるパターンですね。

P5083177 (640x480)


そしてこれもよくあるパターンで、通路にはうなぎパイQ&Aのボードがあるのですが、なんといきなりお約束のこの質問が。

P5083180 (640x480)

さあ、みなさん、声を合わせて答えてみましょう!
恥ずかしがることはないですよ!
さん、にい、いちっ!









P5083179 (640x480)

答え:うなぎパイの『夜のお菓子』とは、家族団らんのひとときに召し上がっていただきたい、という意味です。

・・・・・・間違えてちょっと妄想しちゃった方、恥ずかしくないですよ!ドンマイ!


ちなみにさっきの坊やは「うなくん」という浜松出身の男の子。
趣味はうなぎのじゅもん体操を踊ることで、口癖は「うなぎパイは『手作り』がいのち!」。
小春ちゃんという彼女と夜のお菓子を一緒に食べるのが日課だそうです。。。(団らんですよ、団らん!)


どデカいうなぎパイと記念撮影できるスペースもあります。ちゃんとセルフタイマー撮影用の台も用意されて。

P5083163 (640x480)


若いカップルが、うなぎパイを挟んで両側に立って、ピースとかしてると、どうしても夜のお菓子後のムフフな妄想しちゃいます。
あっ、もちろんほほえましい団らんの姿ですよ。。。


よく見ると、手すりもうなぎになってますねー。結構芸が細かい。

P5083192 (640x480)


そして館内には「UNAGI PIE CAFE」という、結構しゃれおつな感じのカフェが。
この「うなぎパイカフェ」、東京・表参道に期間限定で出店して、大人気だったそうです。
その時の人気メニューが、なんとここでも表参道価格で絶賛発売中のよう。

P5083187 (640x480)


これは定番の「うなぎパイミルフィーユ仕立て」なのでまあそこそこの値段ですが、表参道で一番人気だった「4種のうなぎパイ&メルティングショコラ」セット1.980円(税込)とか、つつましい4人家族のガストランチ並みやでー!

P5083188 (640x480)


1階にはショッピングコーナーがあり、うなぎパイが山のように売られているのですが、そこでなんと「真夜中のお菓子」を発見!

P5083197 (640x480)


「うなぎパイV.S.O.P」
うなぎパイを極めた、『真夜中のお菓子』・・・・・そんなにスゴイ効果があるのかぁぁぁぁぁぁぁ!!!

って、絶対狙ってますよね。
やるなあー春華堂。

product_05-thumb-587xauto-357.jpg
ⓒ春華堂


5本入り981円、とつつましいカップルのガストランチ並みのお値段だったのですが、真夜中の幸せをプレゼントしたくて、会社の仲間のために25本も買ってしましました!



うなぎパイファクトリーの中庭には、移動カフェ、うなくん号が。

P5083202 (640x480)


この自転車の坊やが、うなくん。
小春ちゃんと真夜中のお菓子友達です。
若いのに、やるなぁ~

P5083198 (640x480)


いろいろメニューはあったのですが、やはりフツーのかき氷とか食べても面白くないだろう、ということで、「うなぎパイジェラート」に挑戦!

P5083203 (640x480)


開けてみるとまあ、アイスクリームの上にうなぎパイが載ってるってことだけなんですけどね。

P5083204 (640x480)


そのままでは食べられないので、いったんうなぎパイは上蓋に移して、適宜アイスに混ぜながらサクサク感とともにお楽しみください、ということでした。
おいしゅうございました。

P5083205 (640x480)



この日は自転車で50キロくらい走ったのでしょうか。
最終日、ということでハードな東海道テキトー完歩を回避したはずだったのですが、結局、疲労困憊のまま翌日会社に行き、日に焼けた精悍な顔になりすぎて、GW明けで5月病の女子たちの心をひとり占めしてしまう、というなかなかチャレンジングで素敵な会社生活を送ることになりそうです。。。



<2016年5月8日訪問>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
今の会社に転職したばかりの頃、同僚だったおっちゃんが帰省みやげに必ずコレを買ってきたなあ。いつもニヤニヤしながら職場の女性たちにも配るもんだから、それってセクハラになっちゃうかも、って思ってたんだけど、夜の団らんのお菓子ということなんだね。そのおっちゃんも配られた女性たちも知らなかったみたいだけどね(;^_^A
【2016/07/15 08:14】 | とりよた #- | [edit]
まあ、昭和のおじさんはたいていそういう感じだね。
昭和のおねーさんもそれはそれで喜んでるんじゃない?
【2016/07/19 19:59】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/364-241e18ca

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫