東海道随一の奇祭、遠州新居の手筒花火ハイライト【東海道テキトー完歩 新居宿 後編】

 2016-08-05
 
  前編 「遠州新居の関所越えのち手筒花火



州新居の手筒花火の前夜祭(=本番)はやぐらの上から出す花火で始まります。
やぐらの上からとはいえ、手筒花火なのでもちろん手持ち。
3つのやぐらで各町の手筒花火が次々と点火されていきます。

P7233760 (640x480)


この花火をもつ人々は消費者と呼ばれているそうです。
彼らは自分でこの手筒花火をつくり、自分で消費(=点火)するのだそうです。

DSC05087 (640x480)


まさに火花の雨あられ状態なので熱かったり怖かったりしないのかなあ、と思うのですが、自分で作った手筒花火なので怖くないのだとか。

DSC05103 (640x480)



やぐらの上での花火がしばらく続き、8時を過ぎた頃からこの日のメインイベントが。
それは「猿田彦」と呼ばれる煙火。

P7233801 (640x480)


「猿田彦」とは新居の猪鼻湖神社(現在の諏訪神社)に祭られている猿田彦神のこと。
天照大神が天の岩戸から出られるとき、猿田彦大神が、たいまつをかざし道案内を務めたという伝説が元になっています。

DSC05314 (640x480)


これは新居の上西町が独自に行う花火で、腹にしみ込む太鼓とほら貝のリズムに乗って町の男衆が松明に見立てた手筒花火を手に輪になってぐるぐるとまわり続けるのです。
かつてはこれを上西町内でやっていたのだそうですが、危険防止のため、今はこの校庭で行われるようになったのだそうです。

P7233824 (640x480)


この猿田彦の男衆の振る舞いの、なんと土俗的なこと。

DSC05288 (640x480)


火とともに踊りながら、みんな楽しくってしょうがない、という笑顔なのです。

P7234063 (640x480)


ときどき、火薬で花火の底が抜けるのでしょうか、「ボンッ!」という大きな爆発音が響き渡るのですが、そんなのおかまいなし。
みんな平気な顔をして次の花火を持ってすぐに踊り始めます。

DSC05243 (640x480)


猿田彦煙火の終わりには、男衆みんなが集まってほら貝と太鼓に合わせて煙火囃子を唄っています。

DSC05334 (640x480)


遠州新居の手筒花火を東海道随一の奇祭、と呼ぶ人もいますが、手筒花火ではないにせよ、昔はこうした豪快で土俗的なお祭りはたくさんあったんだと思います。
ただ安全や風紀その他いろいろな制約が出てきたことにより、美しいけど毒もない、より近代的で効率的なお祭りに変わってしまったのでしょう。

今見ているこの手筒花火でさえ、昔から比べればかなり毒を抜かれたものなんだとは思いますが、それでもまだこんな日本が残っていたんだ、ということを、素直にうれしく思いました。


猿田彦が終わると半分くらいの観客は帰り始めます。
このあともプログラムは続くのですが、この猿田彦がこのお祭りのメインイベントなのでしょう。


この前を歩くお兄さんが手にしているのが使い終わった手筒花火。
こうしてきちんと持ち帰る、ということはまた来年もこの手筒を使うのでしょうか。

DSC05361 (640x480)


花火がはじまっても、最初はそれほど混雑していなかったのですが、猿田彦がはじまる頃にはいつの間にか会場にたくさんの人が駆けつけていたようでした。
おそらくそのほとんどは地元周辺の人なのでしょう。だから慌てることなくメインの時間に合わせて集まってきたのだと思います。
帰りの参道は、さながら新居町の人々の、年一回の同窓会状態です。

P7234203 (640x480)


こんなに特徴あるお祭りなのに、意外にもこのお祭りには地域の外からの観光客は(写真の会のおっさんおばはん団体を除くと)ほどんどいないような気がしました。
外に向けてあまり積極的に宣伝しているようにも見えないので、町の人々はむしろそれでいい、と思っているのかもしれません。

P7234204 (640x480)


祭りの夜は親戚縁者、ご近所隣組みんなが集まって庭でワイワイ食事をしたり花火をしたり。
ずっと昔から続いてきたお祭りの姿がここにはあるような気がしました。

P7234206 (640x480)


そう考えると、静かにこのまま、ずっとこの形を残していってほしいお祭りだと思いました。

P7234207 (640x480)



今日の結果:浜松宿~新居宿 17kmを制覇! 
東海道テキトー完歩まで:現在の合計 457㎞/512km


<2016年7月23日訪問>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『東海道テキトー完歩』とは・・・・・
とある本に触発され、旧東海道に沿って五十三次、約500㎞をテキトーに、しかし完歩しようという試み。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。歩く順番もランダム。よって何年かかるか不明。
名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想なんかも入れながら紹介する滑稽本(になったらいいな)。




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
なかなかのお祭りだね。確かにカメラおっさんが喜びそうf^_^;)
花火ではないけど、火のお祭りということで、野沢温泉の道祖神火祭りを思い出した。
結婚したばかりの25年前にスキーに行ったときたまたまやってたんだけど、間近で見たその迫力は本当にすごかった。
【2016/08/05 08:27】 | とりよた #- | [edit]
土俗的な火祭りはなんかいいよね。
群馬でも南牧村でお盆にやってるのがあるので、今度行ってみようかと。
【2016/08/05 09:40】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/375-b6acf5fb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫