絶景のちB級。白米千枚田とかせっぷんトンネルとか【2016夏北陸‐5/白米千枚田・曽々木海岸】

 2016-09-10
  
 前編「渚のバルコニーとかキューティーハニーとか



登半島に来るのは3回目なのですが、今回、一番楽しみにしていたのはこの眺めを目にすることでした。

P8185120 (640x480)


白米千枚田。
日本を代表する美しい棚田です。

白米千枚田は輪島から車で20分ほど行った道の駅の横にあります。
(というより千枚田の横に道の駅ができた、というべきでしょうが)

P8185115 (640x480)


日本海を見下ろす斜面に1004枚の小さな田んぼが重なり海岸まで続いています。
本当にほぼ千枚の田んぼがあるんですね。

P8185126 (640x480)


ここでは日本古来の農法「苗代田」という昔ながらの農法が現在も行われていて、日本で初めて世界農業遺産に認定された場所としても有名ですが、なんといってもこの眺めが素晴らしいですよね。

P8185135 (640x480)


最近はこの絶景が人気となっていて、千枚田で結婚式が行われたり、冬は棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置され、イルミネーションでライトアップされたりしています。
この日もなかなか混んでいて、道の駅の駐車場に入るのにも多少時間がかかるほどでした。

この美しい景観を守るために、ここ白米千枚田にはオーナー制度というのがあるのだそうです。
年会費を払うとマイ田んぼが与えられ、自分で農作業をしたり収穫米がもらえたりするようです。確かにそれぞれの田んぼの横には企業名や個人名のオーナー名の入った立札が立っていました。

P8185152 (640x480)


夕日も見たいし、春の田植え前の水田も見たい。もちろん冬のイルミネーションも見たい。
ここは一度だけではなく、また別の季節の別の時間に来てみたい場所です。

P8185157 (640x480)



千枚田の道の駅で何か食べようと思っていたのですが、店内には人がいっぱいだったので、その先をさらに能登半島を奥へとすすみます。

白米千米田から少し先に行った曽々木という集落にある窓岩。
秋にはこの岩の真ん中に開いている窓から夕日が差し込むレアなシーンも見られるようです。

P8185166 (640x480)


能登では夏から秋にかけてキリコと呼ばれるお祭りが各地で行われます。
キリコとは背が高い巨大な灯籠のようなもので、夜のなるとこれに灯りがともされて町内を練り歩くのです。
まあ青森のねぶたをもっと背を高く、直方体にしたようなものですね。
能登の出身者は、盆には帰ってこなくてもキリコの夜には自分の生まれた故郷に帰ってくるのだそうです。

kiriko04.jpg
Ⓒ輪島キリコ会館


この日はここ曽々木地区でキリコ祭りが行われる、と知人から聞いていたのですが、本番は夜なのでやはり昼間だとまだ人影はほとんどありません。

P8185168 (640x480)


今日は泊まりが和倉温泉なのでさすがにここまで見に来ることはできないのですが、いつか見てみたいですね、能登のキリコも。


この曽々木海岸沿いに何軒か食堂のようなものがあったので、先ほど食べそびれた食事を、と都度車をとめて店内をのぞきこむのですが、満席でおばちゃんがパンク状態になっていたり、仕入れのネタが切れたため早めに店じまいしていたりで、いつの間にか昼食難民状態に。
奥能登に向かう海沿いの道はここ1本しかないので、観光客が殺到するお店は限られるのでしょう。まあよくあるパターンですが。

しかしそのおかげでなんとウルトラB級スポットに出会うことができたのです。
海沿いの食堂の先になにやらかなり香ばしい看板というか樽?があったのを発見!

P8185170 (640x480)


ここが噂のせっぷんトンネルだそうですよ!

すると、せっぷんってなあに?と娘。
せっぷんの意味も知らんのかぁぁぁぁぁ、中2にもなって!

「接吻てのはだな、ちゅーのことだ」
「なあんだ、じゃあ知ってる」
「ええええええええ、知っちゃってるのか?せっぷんを」

さて、せっぷんトンネルとはこんな岩場に掘られた小さなトンネルです。
確かに男と女が二人っきりで入ったら、何か間違いがおきてもおかしくはなさそうなトンネルではあります。

P8185177 (640x480)


せっぷんという名前は昭和32年の東宝映画「忘却の花びら」の劇中で、主人公とヒロインが二人の愛を確かめ合い、この洞窟で接吻したことから由来するのだそうです。
今は恋人の聖地のひとつとしてラブパワースポットのひとつなんだそうな。

P8185179 (640x480)


トンネルを抜けて今来た道を振り返ると、ハートのライトアップの仕掛けが。

P8185184 (640x480)


二人っきりで来ても記念撮影できるように、ハートうつし台も完備されとりました。

P8185188 (640x480)


曽々木海岸は奇岩が連なる景勝地なので、眺めもなかなかですよ。

P8185190 (640x480)


そんなわけで、せっぷんしたいんだけど、なかなか言いだせない、という相手がいらっしゃいましたら、ぜひここに連れ出してみてください。

P8185198 (640x480)

この洞窟とか💛マークの下をくぐると、どうやらせっぷんしたくてしたくてたまらなくなる呪術的効果が・・・・・
あるといいですね!




<2016年8月18日訪問つづく>






行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
千枚田、こんな晴れた夏の日中もイイけど、季節や時間帯によって全然違った景観になりそう。
正直に行ってみたいと思う場所だね〜

せっぷんとんねるは、もう少し違ったアピールができなかったんだろうか(;^_^A
インパクトあるけど、B級スポットとしてもなんだか中途半端かなぁ
【2016/09/13 07:55】 | とりよた #- | [edit]
次は5月の田植え前、夕日が田んぼの水に映えるシーンを見てみたいね。

インパクトあるけどちょっと残念、というのがB級の定義だから、せっぷんトンネルはB級の王道じゃないか?
【2016/09/13 14:39】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/387-601c8260

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫