ただいま、セトゲー&はじめまして西の島々!【2016瀬戸内国際芸術祭‐1 粟島】

 2016-11-09
トゲーこと、瀬戸内国際芸術祭。
僕は瀬戸内の美しい島々を舞台に3年に一度開催される、この現代アートの祭典が大好きなのです。

娘がまだ小さいとき、夏休みに苗場とか越後湯沢とか上越国際とか、よく新潟の高原に泊まりに行っていたのですが、その時にたまたま触れた「越後妻有 大地の芸術祭」という、日本で最初に広大な里山の自然を活かして行われていたアートの祭典に出会ったことで、右脳の奥深くでぐーぐー眠っていたクリエイティブ感性がガツン!と刺激を受け、それ以来、我が家はすっかり現代アートに目覚めてしまったのです。

その大地の芸術祭の海洋バージョンが、このセトゲーだということで、初めての訪問が前回の2013年。
 →貸切ナイトミュージアム 瀬戸内国際芸術祭 直島ベネッセハウス

そんなわけで、ただいまーセトゲー!という感じの、待ちに待った3年ぶりの訪問なのです。



PA109933.jpg


今回は、前回のセトゲーとはちょっと趣を変えて10月8日から始まる秋会期に来てみたのでした。
夏の容赦ない日差しの下で、汗をダラダラ流しながら、アートを巡って小さな島の細くて急な坂道を登り下りするのもセトゲーの醍醐味なのですが、実はこの秋会期にしか芸術祭が開催されない島々もあるからなのです。

セトゲーでは直島や小豆島といったこの芸術祭のメインになるような有名な島々を「東の島」と呼ぶのに対して、秋または春の短い会期でのみ開催される小さな島々を「西の島」と呼んでいます(もちろん地理的にも名前の通り東と西に分かれています)。
この西の島々、セトゲーがなければ、日本人の99.9%が名前も聞くこともなく、99.999%の人は生涯で一度も訪れることがないような島に違いありません。
でもセトゲーのよさはこういう小さい島にあるのです。
それを前回の訪問で知った僕たちは、今度はぜひ西の島々に行ってみたい、と思っていたのでした。


2016年のセトゲーの秋会期は10月8日の3連休の土曜日から約1か月間の開催。
子供の学校があるので今回の旅行は連休中の3日間なのですが、西の島4島と、前回行けなかった大島の計5島をまわるとなると結構ハードなスケジュールなので、前日の金曜の夜行で四国に向かって、朝一から行動することにしました。

ホントはJRの寝台列車「サンライズ瀬戸」に乗ってみたかったんだけど、さすがに人気の寝台特急なので3連休前の金曜日にとれるはずもなく、結局夜行バスになってしまったのですが、まあ3列シートだし、嫁も子供もおもしろそーだから乗ってみたいとかなり前向き発言だったので、このルミナス号に乗っていざ新宿から岡山へ。

PA078778 (640x480)


岡山からはJRで瀬戸大橋を越えて四国に入り、列車を降りたのはこの詫間という駅。

PA088811 (640x480)


場所的には丸亀と観音寺の間くらいですかね。
高松からJRで松山に向かう途中、車窓からきれいな瀬戸内海が見える区間がありますが、まさにそのあたりです。
この詫間駅から芸術祭の期間中は無料のシャトルバスで結ばれている須田港へ。

PA088822 (640x480)


ここから西の島の最初の一つ、粟島に渡ります。
桟橋もセトゲー仕様になってますね。
この青。かなりウキウキしてきました!

PA088824 (640x480)


高速船でほんの15分ほど。
鮮やかなエメラルドグリーンの建物が見えてくると、そこはもう粟島の港です。

PA088832 (640x480)



船を降りると、粟島の小さな港の前の広場では、なにやら式典のようなものが。

PA088840 (640x480)


そう、この日はセトゲーの秋会期の初日であり、この粟島にとっては、まさに3年ぶりの大イベントの開幕日。なおかつ僕らの乗った船が、セトゲーを見に来る観光客が乗ってくる最初の船だったので、その時間に合わせて記念式典をやっていたのでしょう。

船を降りた僕たちにも風船が渡され、式典のテープカットが行われると同時に風船を飛ばします。

PA088846 (640x480)


たくさんの風船が揺ら揺らと、ゆっくりと、秋色の空に吸い込まれていきます。
こののんきな感じ、瀬戸内に帰ってきたなあ、と実感します。

PA088849 (640x480)



粟島は人口約250人。
3つの島が潮の流れでつながってひとつづきになったため、スクリューのような形をしています。
比較的起伏の少ない中央部に主要なアートや建物が固まっているので、島内は徒歩で移動できるほどの距離。

PA088850 (640x480)


港の近くにある島のコンビニ的なお店。

PA088856 (640x480)


島の人々も、こうしてたくさんの観光客を迎えるのは今日が3年ぶりとなるので、まだちょっと緊張が残っていてぎこちない感じ。
そのうちだんだん慣れてくるんだと思いますが、島のおじちゃんおばちゃんは基本はみんなシャイなんでしょう。



さて、粟島といえば、日本で最古の海員養成学校が作られた島。
まだあどけなさを残す少年たちがかつては全国からここにやって来て、世界の大海へと旅立っていったのでした。

船から見えたこの鮮やかなエメラルドグリーンの建物が「粟島海洋記念館」。
もとの国立粟島海員学校跡です。

PA088858 (640x480)


この建物の中で展開されているアートが日比野克彦さんの瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト。
これは海底から引き揚げられたものを展示する美術館「ソコソコ想像所」。

PA088866 (640x480)


このアートを外人さんが一生懸命スケッチしています。
セトゲーの特徴はアジア系ではなく西欧系の外国人観光客が多いことですね。

PA088870 (640x480)


かつての海員学校の教室は資料館となっています。

PA088879 (640x480)


ここでは「むかし粟島ボーイ」がガイド役。

PA088877 (640x480)


かつて海員学校の生活や卒業生たちが訪れた世界の国々、港々のことが展示されています。

PA088880 (640x480)


教室跡には海の遺物をテーマにした作品がいくつか続きます。

PA088895 (640x480)


あ、これは我が家のアート作品ですね。
3つのリュック@2016セトゲー。

PA088899 (640x480)


校庭に出てみると貝殻でできた朝礼台と校旗掲揚ポールが。

PA088927 (640x480)


この校舎や校庭のすぐ横にコテージのようなものがあるのですが、これがル・ポール粟島と呼ばれる宿泊施設。

PA088908 (640x480)


最初は島に泊まるのもいいかなあ、とこのコテージに1泊するつもりだったんですが、結局は日程の関係で高松に変更してしまったのです。

PA088923 (640x480)


でもこんなにアートに近いのであれば、やっぱり無理してでもここに泊まるべきだったかなあ、とちょっと後悔ですね。




<2016年10月8日訪問つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/407-8ca05a23

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫