朝からアツい高松とか、レンタサイクル争奪戦とか【瀬戸内国際芸術祭-8 朝うどん~塩飽本島】

 2016-11-30
岐の朝は、早いのです。
朝の5時、6時から開いているうどん店に続々と人が来るのです。

我が家も、高松に泊まった朝はほぼ必ず早朝うどんを食べに行くのです。
今回は宿泊ホテルから歩いて10分ちょっとのところにある「うどんバカ一代」へ。

PA109647 (640x480)


高松市内のうどん店としては名の知れた名店であるとはいえ、朝6時の開店と同時に、すでにこの状態。
まあ3連休だったので、観光客が多かったのでしょうが、もちろんいつものように朝食として食べに来ているふうの高松市民もいます。

PA109645 (640x480)


うまくて安いさぬきうどん店の定番ともいえる、セルフサービス&トッピング。

PA109646 (640x480)


このお店の名物メニューは釜バターうどん。

PA109653 (640x480)


ということで、娘はそれに玉子をプラスしてましたが、さっぱりさわやか草食系の僕は朝からこってりはいかがなものか、ということで温かけにちくわ天のトッピング。
これでサイズ小ですからね。

PA109654 (640x480)


高松は朝からアツいのです。



さて、最終日の今日は高松からJRで丸亀まで行き、そこから西の島々の最後、本島へと向かいます。
高松駅、笑ってますね。ここは別名四国スマイルステーションなんだそうです。

PA109662 (640x480)


ホームにはたまたま高松駅に着いた寝台列車のサンライズ瀬戸が停車中でした。

PA109666 (640x480)


おお、乗りたかったぜ、サンライズ瀬戸。
3連休中はこんぴらさんの門前駅、琴平まで延長運転されているようです。


丸亀の駅前にある丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA/ミモカ)。
ここは全国でも類を見ない“駅前美術館”として1991年に開館し、丸亀市ゆかりの画家・猪熊弦一郎さんの作品を中心とした現代美術を展示しています。

PA109673 (640x480)


今回はまだ朝早くて開館していないので見られないのですが、この外観見るだけでも楽しそうですね。次回のセトゲーの際は行かないとですね。


丸亀駅から10分ほど歩くと丸亀港。
本島は、ここからフェリーで35分ほど。
フェリーを見送ってくれるのは、讃岐富士と呼ばれる飯野山でしょうか。

PA109687 (640x480)


この日のフェリーも一般座席は満員だったのですが、素晴らしい天気だったので、またも屋上デッキへ。

PA109683 (640x480)


本島へと向かうフェリーからは、瀬戸大橋がよく見えるので、船内よりもこっちの方が100倍楽しい!

PA109709 (640x480)


本島は、瀬戸大橋のほぼ真ん中にある与島のすぐ西にあるため、瀬戸大橋の眺めが素晴らしい島としても知られています。
これはのちほどの上陸後も、何度も楽しめる眺めです。

PA109708 (640x480)


本島は「塩飽本島(しわくほんじま)」とも言われ、塩飽諸島の中心。
この島の周辺は潮の流れが速く、腕利きの船乗りが多かったことから、戦国時代には塩飽水軍と呼ばれる海賊が活躍。信長や秀吉、家康らに重用され、自治を許されていたのだそうです。

PA109712 (640x480)


現在では人口400人にも満たない島となってしまいましたが、塩飽水軍の本拠「笠島」には美しい古い町並みが残る、歴史ある島です。



さて、この本島は周囲16キロで見どころが比較的分散しているため、歩いて回るには無理があり、島内のバスも本数が多くはないため、我が家恒例のレンタサイクル島一周にぴったりな場所なのです(当然島内にレンタカー、ありません)。

そんなわけで朝一番の船で行き、レンタサイクルを借りるつもりだったのですが、同じような考えの民衆がほとんどらしく、下船後はみんながレンタサイクル受付に殺到する始末。100台あった自転車はあっという間になくなってしまいました。

PA109715 (640x480)


おいおい大人げないぜ、走るな民衆、とか言いながら余裕くれて歩いていたのがいけなかったのでしょうか、一番最初のほうに下船したはずなのに、僕たちの前には結構な人の列ができてしまっていて、ゲットできたのは電動自転車最後の1台とママチャリ2台。
島はアップダウンがあるので電動自転車で余裕のサイクリングしようと思ったんですけどね。
まあ最後の1台だけでもゲットできてよかった、というべきなんでしょうかね。



港から西回りに進むとすぐにあるのが「そらあみ〈島巡り〉」

PA109722 (640x480)


天空へ向かいそそり立つ漁網は島民たちと編み込んだものだそうです。
しかし今日も素晴らしい青空。

PA109725 (640x480)


少し内陸に入ったところにある、カラフルな建物が、咸臨の家(かんりんのいえ)。
これは幕末、勝海舟やジョン万次郎がサンフランシスコに渡った船、咸臨丸の水夫だった横井松太郎の生家。
この塩飽諸島からは35人もの水夫が乗り込んだのだそうです。

PA109734 (640x480)


屋内はステンドグラスからの光を取り入れ、色彩豊かな空間になっています。

PA109729 (640x480)


雲一つない青空の下、左手に海を眺めながら快適に10分ほど走ると、いよいよ来ました、離島恒例のアップダウン。

PA109738 (640x480)


もちろんおとーさんに電動自転車があてがわれることはありません。。。



<2016年10月10日訪問つづく>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。
讃岐の人は朝からうどんなんですね。
しかも天ぷらもがっつりのせて。
なんだか胸焼けしそうです。
【2016/12/04 01:43】 | QooAIBO #- | [edit]
こんにちは。

たぶんうどんは普通に毎日食べるんじゃないですかね、讃岐の人は。
朝からうどん、意外とさっぱりですよ。出汁のせいかな。
天ぷらもすんなりです(笑)
【2016/12/04 10:28】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/414-a8ba8408

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫