2016セトゲーの旅完結編!さようなら、また3年後まで【2016瀬戸内国際芸術祭-9 本島】

 2016-12-03
 前編「朝からアツい高松とか、レンタサイクル争奪戦とか



初の坂を上って、途中で小休止。
眼下には瀬戸内の青、遠くに瀬戸大橋。
あれだけみんなレンタサイクルに殺到していたのに、このあたりまで来ると誰もいません。
みんな島一周なんてしないのでしょう。こんなに素晴らしい島一周日和なのに、ホントにもったいないことです。

PA109747 (640x480)


丸亀の町の向こうに讃岐富士もくっきりと見えます。

PA109748 (640x480)


本島港がある島の南東側からちょっとした峠を越えて西海岸に出ると、まるでそこは奄美とか五島あたりの誰も知らない秘密のビーチのよう。
島をぐるっと一周する海岸道路沿いにみどころが点在しているのが本島の特徴なので、レンタサイクル、大活躍なのです。

PA109754 (640x480)


西海岸にある夫婦蔵。
江戸時代の薪廻船業長尾家の倉だったそうです。

PA109757 (640x480)


ここは映画「機関車先生」のロケ地となった水見色小学校。

PA109760 (640x480)


この映画は伊集院静さんの小説を映画化したもので、この水見色小学校という名前はこの作品に出てくる架空の小学校の名前。
この校舎は戦前に建てられたものなんだそうです。
教室の黒板の上には主演の坂口憲二さんの写真が貼ってありました。
映画は見てないですね。小説はなんだか読んだことがあるような気もするけど・・・微妙ですね。

PA109770 (640x480)


そのまま島の北東側に回りこむと、正面に瀬戸大橋が現れます。
これは笠島北のバス停付近からの眺め。

PA109791 (640x480)


このあたりから瀬戸大橋までは直線距離で2キロくらいしか離れていないので、通過する列車もはっきり見えます。

PA109789 (640x480)


ここから笠島地区のアートがはじまります。

PA109794 (640x480)


アレクサンドル・ポノマリョフ(ロシア)作、水の下の空。

PA109814 (640x480)


やがて本島第2の集落、笠島地区へと入ります。

PA109827 (640x480)


ここは「塩飽大工」と呼ばれた名工たちによって江戸時代から昭和初期にかけて建てられた漆喰塗りの白壁やなまこ壁などの古い町並みが残っている国の伝統的建造物群保存地区。

PA109875 (640x480)


カッコいいですよね。
ここは前からずっと来てみたかったのです。

PA109834 (640x480)

PA109879 (640x480)

PA109888 (640x480)


そしてこれが消防士自衛隊員大好きガール必見の「マッチョ通り」
この先にどんなハーレムが待っているのかはご希望の方のみ各自お調べください。

PA109868 (640x480)

ちなみにマッチョ通りとは『町通り』が転じたもので、いわゆるマッチョの人とは関係ないみたいですので悪しからず・・・


笠島の町並みの中にあるセトゲー作品「Moony Tunes」

PA109836 (640x480)


そしてこれが本島の最後、すなわち今回のセトゲーの最後のアート「12島の物語」

PA109923 (640x480)


これはセトゲーの会場となっている12の島の物語がパラパラマンガになっているのです。

PA109922 (640x480)


全部見ちゃいました。
そしてまた、全部行きたくなりました。


2016年瀬戸内国際芸術祭。
西の島の4島+大島の計5島、すべてのアートを回りました。

でもまた3年後、必ずセトゲーには戻ってきたいと思っています。



<2016年10月10日訪問 このシリーズ終了>



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/416-f0c3158f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫