のびしろ日本一!?鯨ケ丘の古い町並み【常陸太田】

 2017-03-18
戸からJRで30分ちょっとのところに常陸太田というまちがあります。
以前、仕事でこのまちの方と知り合いになり、いろいろ話を聞いているうちにいつか行ってみたいと思っていたのでした。

そんなわけで、今回のテキトー旅が絶好の機会。
雨もなんとなく上がった感じなので、朝さっそく水戸駅から出発します。

P1091297 (640x480)


常陸太田は、水戸と郡山を結ぶJR水郡線の、本線ではなく途中から分岐する支線の終点にあります。

P1091300 (640x480)


駅は改装されて新しく、三角屋根が特徴的な建物になっています。
なんとなく国技館みたいですね。

P1091371 (640x480)


常陸太田の旧市街は、駅前から緩やかな坂を上った先、鯨が丘と呼ばれる地区にあります。

P1091374 (640x480)


鯨が丘とよばれているのは、その名のとおり鯨のような形の町だから。
4世紀頃、日本武尊が東夷征伐のためにこの地を訪れた際、この丘の起伏があたかも鯨が海の上で浮かんでいるように見えたため「久自(くじ)」と名付けたと言われています。
この常陸太田より奥の山間部を、奥久慈(おくくじ)と呼ぶのもこの「鯨」と関係があるのでしょうかね。

P1091368 (640x480)


鯨が丘の入り口の広場にあるくじらのモニュメント。
こんな感じの鯨の背中の部分に旧市街が広がっているイメージです。

P1091365 (640x480)


坂を上りきったところで道は二股に分かれ、その2本のメインストリートに沿って旧市街が広がっています。


こっちが西側のメインストリート。
古い建物が多くて落ち着いた感じなのが西側。

P1091338 (640x480)


こっちが東側のメインストリート。
商店街としてやや賑やかなのが東側。

P1091344 (640x480)


まずは西側の通りを進みます。

P1091312 (640x480)


これは薬屋さんの壁にはめ込まれた看板。
一番右の龍角散はわかるけど、その隣は「猫イラズ?」

P1091317 (640x480)


なんか怖い名前ですが、これは昔の殺鼠剤で、結構毒性の強いものだったとか。


これは常陸太田の郷土資料館梅津会館。
昭和53年までは常陸太田市庁舎として利用されていた、由緒ある建物だそうです。

P1091323 (640x480)


そのまま先へ進むと、常夜灯のある交差点が。

P1091329 (640x480)


このあたりが常陸太田の古い街並みの写真で、一番よく出てくる場所でしょうか。

P1091330 (640x480)


向かい側には立派な白壁の建物がありますが、震災の影響でしょうか、屋根が崩れて補修されています。
地図を見ると常陸太田市郷土資料館分館となっていますが、たぶん中には入れないでしょうね。

P1091328 (640x480)


その横にあるのは十王坂と呼ばれる坂。
常陸太田には、高台の鯨が丘に登るためのいくつもの坂があり、そのうちの主なものを太田七坂と呼んでいます。

P1091335 (640x480)


鯨ヶ丘では湧水が多く湧き、その湧水を利用した井戸がたくさんあるので、太田には七坂のほかに太田七井(井戸のこと)もあるみたいです。残念ながら今回は見つけられなかったのですが。


これは昔のままの床屋さんですね。

P1091339 (640x480)


鯨(が丘)の頭のほうから背中の一番奥あたりまで行き、しっぽの手前のくびれのところに出ると、坂の下に常陸太田の新しい市街が見下ろせます。

P1091343 (640x480)


今回は尻尾のほうには行かず、ここから折り返して東の通りを戻ります。
東の通りは、古い建物をそのまま活かした商店が並びます。

P1091345 (640x480)


東の通りの中心に建つ、くじら屋。
ここは無料休憩所として商店会が用意した施設で、「くじら焼き」というくじらの形をした、鯛焼きのようなスイーツも売ってるらしいのですが、朝早かったのか、まだやってない感じ。

P1091351 (640x480)


このクジラ屋の上の看板には、かつて佐竹氏の城下町として繁栄した常陸太田の姿が描かれています。
佐竹義重・・・信長の野望で結構実力ある大名だったぞ。
あの佐竹の本拠地、太田城はこのあたりだったのね。

P1091352 (640x480)


その横に絵クジラの奉納所があったのですが、まだちょっと告知不足なのか、やや過疎ってる感、否めません。

P1091360 (640x480)

P1091362 (640x480)

・・・・・・・・・・・・うむ、ちょっと残念?


さてその先にあるのが「板谷坂(ばんやざか)」。

P1091357 (640x480)


太田七坂の中でもここが一番見通しがいいためか、よく観光パンフレットでこの坂の写真が使われています。

P1091355 (2) (640x480)


常陸太田、かなりいい素材持ってますよ。
でも、伝統的街並み特集とかでもあまり見かけないし、ちょっと惜しいんですよね。


「のびしろ日本一。いばらき県」
これは全国都道府県魅力度ランキング最下位の茨城県のここ数年の観光キャンペーンのキャッチコピー。
栃木と群馬は都道府県魅力度ランキングの最下位脱出に血眼になってるようですが、47位の茨城は全体的に「それでいーじゃん」的な、かなり達観した態度だと言われています。

わかる人がわかればいいじゃん。
この常陸太田も町全体がそんなふうに言ってるみたい。

そういうの、嫌いじゃないですけどね。



<2017年 1月10日訪問>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。
私は以前、1年ほど常陸大宮に住んでいたことがあるのですが、
お隣の常陸太田市にはほとんど行った事がありません。
常陸太田ってこんな町だったんですね。
【2017/03/19 20:33】 | QooAIBO #- | [edit]
常陸大宮ですか、近いですね。
僕も初めての常陸太田でしたが、なかなかいいところでした!
【2017/03/20 15:34】 | #- | [edit]
はじめまして。
旅系のブログを読んでたら、たまたま辿りつきました。そしたら地元の常陸太田が載っていてビックリしました。生まれてからずーっと太田にいます。旧市街は歴史のある建物が多いですね。
田舎で遊ぶ所はないのですが、お蕎麦とか美味しいので良かったらまたいらして下さい。
【2017/03/20 17:41】 | あゆみ #- | [edit]
あゆみさん

初コメありがとうございます。
太田いいところでしたよ。山間部のバンジージャンプとかこいのぼりとかは知ってたけど、旧市街も味があってよかったです。またいい季節に行ってみます!
【2017/03/20 19:37】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/452-f823d02a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫