ローソク島遊覧船で日頃の悪事を懺悔【隠岐島流れ旅‐5 隠岐島後一周】

 2017-06-11
 前編「トカゲ岩とか、竹島もどきとか


岐に懺悔に来たならは、必ず行かなければならない、ローソク島の夕日。

真っ赤な夕日で灯された、ローソクの火に向かって手を合わせ、日頃のプチ悪事とか煩悩とかを懺悔し、オレたちひょうきん族に出てきたエセキリストみたいな神様が現れて両手をまるぅぅぅぅぅぅぅとしてくれれば、今までのあなたの罪は解かれ、また新たなプチ悪事とか煩悩とかやり放題になる、と言われています。言われてないか。。。

しかし断崖絶壁が続くこの付近の海岸には陸上からは近づくことができないため、ローソク島がローソクのように燃える姿を見るためには海上からアクセスするしか方法がないのです。

そのため、この島後の西海岸からは、ローソク島遊覧船という定期船が毎日日没の時間に合わせて運航されているのです。


そんなわけでいったんホテルにチェックインして、夕刻を待って遊覧船乗り場の福浦港へ。
ホテルから歩いても行けるくらいの距離でした。

P5023190 (640x480)


この日はGW後半連休の前日でしたが、それでもやはりお客さんが多かったようで、5隻の船が並んでいました。
ピーク期は7隻くらい出航するという話でした。
このローソク島遊覧船の予約は隠岐の島町観光協会が一括で受けていて、当日の午後、乗船する船と出航地の連絡があります。船によっては福浦港ではなく、ここから3キロほど離れた赤崎岸壁から出航する場合もあるようです。

P5023193 (640x480)

僕が乗った船は清光丸。
遊覧船と言っても、それは定員11人という小さな漁船でした。


17時45分、11人定員いっぱいの懺悔客を乗せて出航!

P5023197 (640x480)

きっと僕が一番懺悔が必要なのでしょう。
船長は僕の顔を見るなり、はい、あなたはココ、と一番先頭の座席を与えられました。


ローソク島に着くまで、時間的には20分くらいでしょうか、その途中途中も断崖絶壁や奇岩のオンパレード。
同じ隠岐の知夫里島の赤壁ほどではありませんが、どうですかこの赤い断崖絶壁。
きっとこれも地質学的に言うとすごい地層なんでしょう。

P5023203 (640x480)


清光丸のおとーさんは、このローソク島案内の第一人者らしく、右へ左へ角度を変えながら、途中に見える奇岩の説明をしてくれます。

P5023220 (640x480)

おとーさんは名付けの名手らしく、自身で考えた奇岩の名前をたくさん披露してくれたのですが、スミマセン、ぜーんぶ忘れちゃいました。。。
そんなわけで、僕が写真を見返して、代わりに名付けてみます。


これは「異界入口」。

P5023218 (640x480)


これは「●▲■岩」でしょう。

P5023241 (640x480)

●▲■の文字は皆様の意のままに。。。


なーんてそんなこんなで楽しんでいると、やがて見えてきましたローソク岩。

P5023226 (640x480)


普段の皆さんの行いがいいから、今日は大丈夫ですよ!
船長がそういって乗船客を鼓舞してくれます。

P5023224 (640x480)

いや僕、普段の行いが悪いから懺悔のためにここにきてるんですけど・・・・・

やがて西の空がオレンジ色に染まってきて、いよいよ懺悔タイムが近づいてきます。

P5023235 (640x480)


船長はたくみに舵を操作して、船とローソク島、そして太陽が一直線になる場所へ第1回目のチャレンジ。

P5023233 (640x480)


おっ、近づいてきた。

P5023246 (640x480)


よし、重なった!

P5023247 (640x480)

が、なんか船の一部が入っちまった!!!

うぉぉぉぉぉぉぉぉー通り過ぎちまった!

P5023251 (640x480)


それでは一度離れまーす。
えええええええ、マジですか。


<2017年5月2日 訪問つづく>    続き⇒「絶景のローソク島に向かって懺悔完遂!



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/477-034d5baa

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫