真っ赤に燃えるローソク島に向かって懺悔完遂!【2017隠岐島流れ旅‐6 ローソク島遊覧後編】

 2017-06-14
 前編「ローソク島遊覧船で日頃の悪事を懺悔


れでは一度離れまーす。
船長はそう言うとローソク島懺悔スポットから離れて、海岸沿いの岩場に向けて船の舵を切りはじめます。

そう、この日のように何隻も船が出ている日のローソク島遊覧船は、船長同士の阿吽の呼吸でベストポジションを交互に譲り合って航行するのです。

もちろんそれはそれで素晴らしいことなのですが、船長、ちょっとあっさりしすぎでないかい?
懺悔チャンス1回しかなかったんですけど!


船はローソク島から東の方へすすみ、海岸線沿いの奇岩の中を航行します。

P5023349 (640x480)

船長は、この岩の間からローソク島が見えます、とかこの岩の間を太陽が沈みますとか、張り切って紹介してくれるのですが、僕はさっきの唯一の懺悔チャンスを逃してしまったのがずっと心残りでそれどころではありません。

P5023348 (640x480)

とか言って写真はちゃんと撮ってましたが。


この岩場の中を太陽が沈みますよ、いいですが、見ててくださいね、と船長。

P5023353 (640x480)


おおお、さすが船長。
でももうそろそろローソク島に戻ろうよ。

P5023357 (640x480)



そんなわけで、僕の願いが通じたのか、船長は再度ローソク島に向けて船を走らせます。

ローソク島チャンレンジ2回目。
まだ別の船が目の前にいて、その影が入り込んでしまいます。

P5023360 (640x480)

せんちょー、ちょっとお人よしすぎまっせ!
もちょっとグイグイ前行こうよ!


やがて目の前の船の姿が消えて、いよいよ僕たちの船の番。
点火まであとちょっと。今度はゆっくり頼むよ、船長!

P5023361 (640x480)


そしてついに点火!

P5023369 (640x480)


おおローソク島よ、僕のプチ悪事とか煩悩とか許したまえー

P5023368 (640x480)

この日のローソク島、燃えまくってました。
これだけ激しく燃えてくれたので、きっと僕のプチ悪事やら煩悩はすっかりリセットされ、また今日からちょっとくらいなら悪さしても大丈夫、とお墨付きをいただいたも同然ですね!

船長、ありがとう!一回目にあっさり離れたときちょっと睨んでごめんよ。

2回目はシャッターチャンスも何回かあったので、乗客全員がちゃんと懺悔できたようでした。
こういうのを絶景、と呼ぶのでしょうか。
みんな今日はきっと大満足でしょう。

まあ天気が悪ければ、せっかく船に乗ってもこういう景色は望めないわけですから、やはり僕は超晴れ男ということなんですね。
もしかして懺悔なんか全く必要なく、日頃の行いがすこぶるいいのかもしれません。

・・・なーんてことはないな。胸に手をあててみると。



ローソク島の夕景を見終わると、遊覧船は一路、福浦港に向けて帰港します。

途中、遠くの方に垂直に切り立った断崖絶壁が見えました。

P5023382 (640x480)

あれがここから海を挟んだ島前(どうぜん)諸島の西ノ島にある摩天崖(まてんがい)。
望遠で写すと結構近くに見えますが、意外と離れているんですよ、あそこまで。

明日はフェリーに乗って島前に渡り、また遊覧船に乗ってあの摩天崖の下まで行く予定です。

遊覧船づいてますな、隠岐の旅。



<2017年5月2日 訪問>   続き→「檀鏡の滝とか、八百杉とか百万両とか




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
初めてコメントさせていただきます。
あまりの美しさに感動しました!

隠岐は昨年の冬に行ったのですが、冬季は遊覧船が出ず、崖の上からのローソク島見物となってしまいました。
冬もまた良いのですが、やはり夏の時期に再訪して、この絶景を拝みたいですね。
【2017/06/16 22:11】 | 代官 #- | [edit]
代官さん

コメントありがとうございます。
初めて行ってこの絵をとれたのはラッキーだったんだと思います。
ぜひまたグリーンシーズンにチャレンジしてみてください!
隠岐は素晴らしいですね。
【2017/06/17 18:09】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/478-1066b528

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫