GODAIGO天皇とか、キムタクカップルとか【2017隠岐島流れ旅‐8 国賀海岸遊覧船】

 2017-06-20
 前編「檀鏡の滝とか、八百杉とか百万両とか


西郷港を出港して約1時間、島後水道から内湾に入り、「太郎・次郎・三郎」が並ぶ三郎岩が見えてくると隠岐島前の菱浦港に到着します。

P5033547 (640x480)


菱浦港は、中ノ島・西ノ島・知夫里島という島前3島のうちの中ノ島にあり、海士町(あまちょう)の玄関口。
この中ノ島・海士町には翌日の午後にあらためて再訪する予定になっていたので、この日はすぐに隠岐島前の3島を結ぶ島前内航船に乗り換えて、隣の西ノ島・別府港へ向かいます。

P5033554 (640x480)


別府港までは内航船でわずか10分たらず。
この日はこのあとバスに乗って浦郷という港まで行き、そこから国賀海岸遊覧船に乗るのですが、少し時間があったので港周辺を散策してみます。

P5033561 (640x480)



港から歩いて5分ほどのところにある黒木神社は、かつてこの西ノ島に流された後醍醐天皇が御所をかまえた場所。

P5033566 (640x480)

「建武中興発祥之地」というのは、隠岐を脱出するまでの1年間、後醍醐天皇がここに滞在し、のちに鎌倉幕府を倒し、建武の新政を成し遂げるきっかけとなった場所、ということなんでしょう。

家系図にはまったく残っていませんが、おそらく後鳥羽上皇、後醍醐天皇と同様なる高貴さを生まれ持ちながらも、不遇にして今は清く貧しくつつましい生活を送っている僕としては、ここはぜひ行かなくてはなりません。

P5033567 (640x480)

港を見下ろす小さな山の上に登ると黒木神社の小さな社殿がありました。

その奥のわずか10数坪の狭い場所にある黒木御所跡。

P5033570 (640x480)

それはまるで、未来の芥川賞を夢見て、大恋愛小説を書きまくっていた大学時代の僕の6畳一間のアパートをほうふつさせるようで、わかりますよー天皇、お互いに大変でしたねぇ。。。という気持ちがふつふつと湧いてきます。


黒木神社から港に向かってブラブラ歩いていると太平記通りという看板が。

P5033573 (640x480)

そーか、太平記ってこの後醍醐天皇の建武中興あたりを書いてたんだ!日本史で習ったはずなんですが、すっかり忘れてました。
でもこれでもう一生忘れないですね。エピソード記憶ってやつですね。
僕ももっと小さいころからガンガン旅行してたらスゴイ大人になってたかもしれないですね、残念!


別府港からバスで20分ほど、西ノ島町の中心にある浦郷港。
ここから国賀海岸観光船が出発します。
今回はGWだったので、予約までしちゃってました。普通は観光船の予約なんかまずめったにしないんだけど。

P5033578 (640x480)


なんだか昨日から遊覧船づいてて、いつもはクールでフリー、まるでキムタクがちょっと思い立ってひとり旅してるみたいないつもの僕の旅らしくないですなー、とおっしゃるご貴兄に私は言いたい。
わざわざ隠岐に来て、この海岸美を見なくてどーするんですか、と。


そんなわけで国賀海岸観光船は、満員のお客さんを乗せて浦郷港を出発!(よかったじゃん、予約してて・・・)

P5033579 (640x480)

浦郷港は入り組んだ内湾にあるので、日本海の外洋に面した国賀海岸に行くには地図上ではぐるっと島を回らなくてはならないのですが、ここには船引運河と呼ばれる水路が作られていて、こうして民家の脇を通り抜けて日本海の外洋へとショートカットできるようになっています。


運河を走ること数分、外浜と呼ばれる海水浴場の横を通り過ぎ、日本海の外洋に出ると観光船はスピードをあげ、国賀海岸の断崖、奇岩が現れてきます。

P5033584 (640x480)


どうですか、これ。
まるで海のグランドキャニオンみたいじゃないですか!
ちょっと言い過ぎ感は否めませんが。

P5033589 (640x480)



そして昨日のローソク島遊覧船から、そして今日の午前中の展望台から、島後の島からもくっきり見えたあの垂直の崖がこれ。

P5033614 (640x480)

これがこの国賀海岸のハイライトのひとつ、摩天崖(まてんがい)。巨大なナイフで垂直に切り取ったよう、と例えられますが、海蝕作用によってできた海抜257mの大絶壁で、日本有数の高さを誇ります。
そう、僕は海からこの姿を見たくてこの観光船に乗ったのです。

この、なんびとをも寄せ付けぬ、孤高の断崖のように、
ああ、欲多き我が煩悩よ、断ち切れたまえー



ところが、そんな気持ちで摩天崖を見つめる僕の視線の先に、どうも気になる姿が映るのです。

涼しげな白いロングのスカート、潮風に揺れるナチュラルなひし形ボブの髪、長いつばの帽子の下で、眩しそうに目を細めて、摩天崖を見つめる横顔。

おおお、いいじゃないか摩天崖のマドンナ!
というか、昔の彼女に似てるぞ。

そんなわけで摩天崖を見る彼女越しに摩天崖を見る、という煩悩断ち切りにはまったく適さぬ環境におかれた僕が、ええい、煩悩延長!と思いかけた時、まるで普通の旅人のごとくにさりげなく大衆に紛れ込んでいるキムタクのような、麦わらのカンカン帽をかぶったよく日焼けしたオトコが船内から現れ、彼女の横に座ったのでした。

うーむ、いつもは俺もキムタクなんだが、今日は観光船に、しかも予約までしちゃって乗ってるから、気持ち的にちょっとキムタクっぽくないんだよな。
・・・・・無駄な戦いを挑むのはやめよう。


やはり隠岐は僕に「煩悩を断ち切れ」と暗示しているようでした。



さて、海面から垂直に切り立った段崖絶壁の下には、いくつもの自然の洞窟ができていて、海が穏やかな日はこの観光船でその洞窟の中に潜入できるのです。

P5033601 (640x480)


その中のひとつ、摩天崖のすぐ横の乙姫御殿に潜入した様子がこれ。

[広告] VPS


この日はこのほか2つの洞窟をくぐったのですが、観光船は結構狭い岩場の中を、器用に通り抜けていきました。


国賀海岸のもうひとつのハイライト、通天橋。
浸食されて繰り抜かれた岩の門の姿もスゴイのですが、この地表の色もスゴイ。
まさにジオパーク隠岐、って感じですね。

P5033608 (640x480)

この通天橋や摩天崖は明日、もう一度山の上から、そして地上から、いろんな角度で眺めようと思っています。


この先も途中で観音岩があったり(これもローソク岩と言われることもあるようです)

P5033617 (640x480)


人面岩があったり(ガイドブックにないので、僕の発見、命名)、

P5033612 (640x480)

まあ、ここで紹介しきれないくらいの見どころがあり、国賀海岸、さすが!という感じでした。


ということで皆さんもカッコつけずに、ぜひ国賀海岸観光船に乗っていただきたい、と思います。
(そういえばキムタクも乗ってたしね)



<2017年5月3日 訪問つづく> 続き⇒ 島のおねーさんもうっとり。激坂サイクリング



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/480-871e27ad

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫