庭園見るか、人見るか。GWの足立美術館 【隠岐島流れ旅-12】

 2017-07-05
 
 前編「島の未来を変えた町と学校


岐から本土に戻り、その日は松江に宿泊。

P5043859 (640x480)

おそらくこの連休で一番ピークだと思われるGW後半2日目の夜、松江駅前の飲食街はカップルや家族づれ、小グループの旅行者で溢れかえっていました。

こーゆーとき、ひとり旅だとちょっと寂しさを感じるんですよね。
昼間は自分の好きなよーに動けるのでひとりが気楽で最高なのですが、旅先の夕飯、ひとりだと寂しいときありますよね。

日本中の港港に、僕を待ってる女(ヒト)がいる、というプロフィール通り、かつては松江にも港の女、もとい、湖の女がいて、よく混浴とかしてたのですが(ただし松江しんじ湖温泉駅前の足湯で)、彼女が神戸に引っ越してしまったので、現在島根県は空白地域。
さあ奥さん、今なら早いもん勝ちですよ!!


・・・ってなことはなく、隠岐で懺悔してきたこともあり、プチ悪事も煩悩もなく、淡々と食事をしてホテルに帰ると、島から帰ってきてしまったことがまたちょっと寂しくなりました。


翌日朝、駅前から宍道湖大橋のあたりまで歩いてみます。

P5053866 (640x480)

対岸のホテルには何回か泊まったことがありますが、宍道湖と松江、いいですよね。

斬新なデザインの島根県立美術館も間近に見えました。

P5053868 (640x480)

ここにも行ってみたいですね。
この美術館で一番美しい作品は、おそらく宍道湖に沈む夕日だと思うのですが、今回は朝なのでまた次の機会にしようと思います。


そのかわりと言っちゃーなんですが、この日最初に出かけたのはここ。

P5053930 (640x480)

そう、あの足立美術館に(恥ずかしながら)初訪問ですよ。


松江を早めに出て、JRと路線バスを乗り継いで開館と同時に着いたつもりでしたが、この状態。

P5053928 (640x480)

あらまー、もう並んでますわ。
まあ5連休の中日の、一番人出が多い日なので仕方ないんですけどね。

みなさまご存知の通り、この足立美術館はミシュラングリーンガイドジャポン三ツ星で、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」によるランキングでも、2003年から14年連続で日本一を続けている庭園がつとに有名。

P5053889 (640x480)

この石碑の「2003年から14年連続」という部分が毎年入れ替えられるようにできているのが小憎らしいですが、でもまあそれだけ自信があるのでしょう。

足立美術館の主庭、枯山水庭が見えてきました。

P5053880 (640x480)

おおお、さすがにこれは壮観。


庭園前が混みあう前に、と他の展示はそこそこに、スタコラやってきましたが、ああやはりこの状態。
スマホの普及で1人1台デジカメ時代になったこともあり、ほとんどの人が写真撮りまくってます。

P5053884 (640x480)

うーん、なんだか庭園を見に来たつもりが、人を見てるような感じ。

それでもなんとか人垣の間をぬって僕もパチリ。
これは苔庭。

P5053886 (640x480)


この庭園の庭師は神の目を持っているようで、どんなに遠くから見ても庭に落ちているゴミを見逃さないんだ、と聞いたことがあります。

P5053907 (640x480)


創立者の足立全康(あだちぜんこう)さん。

P5053892 (480x640)

ほれ、あそこにゴミ落ちとるぞ!
と言って・・・・ないか。

自らの身体一つで興した事業で財を得てこの美術館を作った足立さんは、横山大観の画と庭園には徹底的にこだわりがあったとのことですが、そのこだわりが、この美術館をここまで有名にしたんでしょうね。


庭園を目の前に見渡せる喫茶室もありましたが、窓際は早くも埋まってました。

P5053912 (640x480)


足立美術館、通常の鑑賞所要時間は最低2時間、この日のように混んでいる日は2時間半とも3時間とも言われています。
バスツアーのガイドさんが入り口前で

「いいですかー、出発時間は1時間半後、全部ゆっくり見てたら絶対間に合いませんからお庭を中心にポイントを絞って鑑賞してくださいねー」

と叫んでいます。

僕もそのアドバイスを忠実に従ったわけじゃないのですが、1時間ちょっとで出てきちゃいました。
どこに行っても人ばっかり見てるようで落ち着かないので、庭園以外はササっと、というかほとんど通過。

時間があれば行ってみようと思っていたところがあったので、路線バスでさらに奥に向かいます。


<2017年5月5日 訪問>    続き⇒ 「難攻不落の知られざる天空の城



行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/485-3a1ba606

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫