ジェットコースターの路をママチャリで爆走! 【2014‐秋‐北海道_8】

 2014-10-30
■10月8日(水) つづき


IMG_6727 (640x480)

馬牛という美しい名前の場所が美瑛のとなりにあります。
ノロッコ号に乗ったときなど、何度か駅を通ったことはあるのですが、まだ下りたことはなく、いつか行ってみたいと思っていました。


青い池の次は、「ジェットコースターの路」へ向かいます。

美瑛でバスを降りて、そのままレンタサイクルでも借りて行こうかと思っていたのですが、結構寒いし、間に合えば、2時間で戻ってきて、どんどん先に進みたいので、ジェットコースターの路に一番近い美馬牛にレンタサイクルがないか調べてみたところ、1軒だけレンタルショップがあることがわかりました。そこでそのまますぐ列車に乗って、念願だった美馬牛に行くことができました。ここからであれば2時間で戻って来られるかもしれません。


ジェットコースターの路は、その名の通り、激しいアップダウンがあるため、電動自転車は必須だ、と思っていましたが、電動自転車にもいろいろな種類があるようです。
100キロ走行可能な強力タイプ、30キロ程度の半日タイプ、そして10キロ程度の2時間タイプ。

僕は、間に合えば1時間50分後の列車に乗るつもりだったので、どのみち2時間くらいで戻ってくるつもりでした。
そこで一番安い2時間10キロタイプをレンタル。
ママチャリに電動機がついた、昔、我が家にもあったようなタイプです。



美馬牛駅は、赤い屋根で白い壁の小さな駅。この名前に似合った姿形に見えます。

IMG_6725 (640x480)


美馬牛の駅前の小さな集落を通り抜けます。

IMG_6786 (640x480)


やがて急な下り坂になるのですが、その向こう側にジェットコースターの路が見えてきます。

IMG_6731 (640x480)



坂を下り終えると国道に出て、その斜め前あたりにジェットコースターの路の入口があります。
誰が付けたかジェットコースター、という愛称は言い得て妙ですが、本当は西11線農免農道という名前でした。

IMG_6732 (640x480)


最初にグッとひと上り、ちょっと下って軽めにふた上り、最後にちょっと三上りすると見晴らしのいい場所に出て展望所のような感じになっていました。
(写真はひと上り目の頂上からふた上り、三上り目の坂を眺めた図)

IMG_6734 (640x480)



ここがジェットコースターの路の最高地点なのでしょうか、意外と軽く到着した感じです。

IMG_6735 (640x480)

IMG_6740 (640x480)


天気が良ければ、きっと十勝岳の眺めが素晴らしいのだと思いますが、今日は残念ながら曇り空。ときどきポツリポツリと雨も落ちてきます。

IMG_6747 (640x480)



僕の今日の相棒のママチャリ。この時はまだ仲睦まじかったのですが・・・

IMG_6749 (640x480)



ここから南西側を見下ろす眺めが、いろいろな写真で最もよく使われているカットです。
2、3回軽くジャンプしながら、一気に谷底まで下り、また一気に上る様子が一望できるのです。
この図です。

IMG_6746 (640x480)



さて、どうしましようか。。。
ここを降りるというとは、帰りにこの一直線の坂を上ってこなくてはなりません。
さらに、谷底まで降りたら、向こう側の丘の上まで上りたくなるに違いありません。
要は2回最大高低差のアップダウンをするかしないか、ということです。

ここで問題になってくるのが、自転車です。
このママチャリ、電動なんですが、やはりリーズナブルだけあって、パワーがママさんレベルだったのです。もちろん電動でのアシストはしてくれるのですが、坂が長く続いたり、急勾配になったりすると、パワーダウンするのです。
なので、今までも頂上付近は、やや立ちこぎ状態だったのです。


ここで写真を撮って、とりあえず行ってきました、的に済ませてしまうか、ジェットコースターの路を制覇したぜ、と自信をもって言うのか。
勇気の必要な決断でしたが、結局、えい!と坂を下りました。

ママチャリはカタカタと音をたててジェットコースターのように2回3回と小刻みにジャンプしながら、谷底へと爆走をはじめました。
(降下中の図)

IMG_6783 (640x480)



反対側の頂上にようやく到着し、今来た方向(美馬牛駅方面)を見た図。

IMG_6761 (640x480)


このカットもわりと有名ですね。

IMG_6759 (480x640)



かなり奥まで来てしまったおかげで、帰りはバッテリーが少なくなり、パワーもますます弱くなりましたが、坂を降りるときの惰性を活かし、なんとかギブアップして手押ししたりせずに乗り切りました。

IMG_6777 (640x480)



時間も余ったので、美馬牛小学校まで行ってみることにします。
ここはとんがり屋根に白い壁が特徴で、美しい小学校(多分に名前も影響しているのでしょうが)として観光客に人気のスポットです。

田舎の小さくて美しい学校マニアの僕としては、この、たぶん日本一観光客が訪れる小学校を楽しみにしていたのですが、なんと工事中で自慢の白い壁が囲われていました。

IMG_6790 (480x640)

IMG_6792 (640x480)


しかも僕は何も知らずに敷地内に入り(もちろん授業の邪魔はしていません)バチバチと写真を写していたのですが、帰り際によく見ると観光客の敷地内立ち入りは禁止という掲示が出ていたのでした。
あまりにも観光地として有名なので、平日の昼間は今もなお学校として普通に使われている、ということを忘れていました。

それくらい静かな、静かな小学校で生徒の気配はしませんでした。



自転車を返して美馬牛駅に戻る途中、草の道を歩いていると、たくさんの雪虫に出会いました。

IMG_6798 (640x480)

IMG_6801 (480x640)

雪虫は、僕にずっと昔のある出来事を思い出させてくれました。

IMG_6809 (480x640)

なのでこの話は、あとでまた書きたいと思います。



<10月8日 前編はコチラから>
 青い池





行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/87-b4e40850

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫