快速ルパン号、最果てを行く。 【2014‐秋‐北海道_10】

 2014-11-04
■10月9日(木)

いもので、もうこの10日間の旅も折り返して今日から後半戦。
まだ残り5日間もあるはずなのに、なんとなく寂しさが漂ってくるから不思議です。
それに、折り返し地点を過ぎると、時間の経ち方は急激に早くなってくるのです。

そんな寂しさ漂う頃に、さらに追い打ちをかけるように、今日は今回の旅の最果て、根室と納沙布岬を訪れます。


AM5:00 目覚めると、釧路のホテルの窓から、素晴らしい朝日。
今日はこれからあの朝日が日本で一番近くに見られるところに行くんだぞ、と気合も入ります。

IMG_6973 (640x480)


釧路名物の霧もなく、雲ひとつない朝なので、釧路駅も昨夜ほど寂しくは見えません。

IMG_6977 (640x480)


そしてホームには朝日に燦然と輝く列車が待っています。

IMG_6978 (640x480)


快速はなさき、根室行き。

IMG_6983 (640x480)


な、な、なんと、ルパンのラッピング列車でした。

IMG_6982 (640x480)


なぜにルパン?という理由はまたあとで紹介しますね。


■釧路駅発 5:55 →(快速はなさき)→根室駅着 8:13


快速はなさき号は、釧路の隣りの東釧路駅を出ると、厚岸までの40分間、ひとつの駅にも停車せずに根釧台地を走り続けます。
釧路の市街地を抜けてしまうと時折現れる小さな駅の周辺以外、人家はまったくなく、車窓からはほとんど原生林と湿地帯しか見えません。
昔はもっと人家があったような気もします。
このあたりまで来ると、人が自然から領地を奪っていた時代はもうはるか昔に過ぎ去って、自然がまた自分たちの領地をどんどん取り戻しつつある、ということなのかもしれません。

晴れてはいますが、うっすらと朝靄が立ち込めて、幻想的な眺めです。

IMG_6992 (640x480)

IMG_6991 (640x480)


乗客は7人。

1両のディーゼルカーは、ピーピーと甲高い汽笛を鳴らして原野を駆け抜けます。
ときどきエゾシカが線路際から慌てて森の中に逃げ込むのが見えます。


やがて右側に海が見えてくると、沿線で最も大きな町、厚岸に到着します。

IMG_7002 (640x480)


厚岸で高校生やらなにやらが、さぞかしたくさん乗ってくるんだろうな、と思っていると、2人降りて誰も乗らず、乗客は5人になってしまいました。

IMG_7007 (640x480)


8分の停車時間の間に、ホームに出てみると、かなりB級のアイテムを発見しました!

IMG_7010 (640x480)

どーなんでしょう、これ。。。

機会あったら、清楚な感じの女子高生とかが顔ハメしているところを、ぜひ写真に撮りたいと思いますが、そんなシーンがはたして現実にあるのでしょうか?


厚岸を出ると、根室本線の釧路以東の車窓のハイライト、厚岸湖畔の湿地帯が現れてきます。

IMG_7020 (640x480)

僕が最初にここを通ったのは大学時代の時でしたが、ノーマークだっただけにこの景色には圧倒されました。
宗谷本線の稚内に行くまでのサロベツ原野を越える荒涼さです。

IMG_7027 (640x480)


でも素晴らしい景色です。
僕の中では、北海道の鉄道車窓の中でも、かなり上位にランクインするんじゃないかと思います。

IMG_7023 (640x480)


厚岸の次の停車駅、茶内に到着すると、今度は銭形のとっつあんがお出迎えです。
列車交換のため、しばらく停車するので、駅のルパンを見に行ってみます。

IMG_7035 (640x480)


なるほど、そういうことだったんですね。

IMG_7031 (640x480)


モンキーパンチの出身地がこの浜中町だったので、このあたりがルパンだらけなのだ、ということです。

IMG_7032 (640x480)

IMG_7033 (640x480)

ルパンはこの後もさらに形を変えて登場するので、その時にまたお話しします。


さて、列車はしばらくやや内陸部を走りますが、浜中、厚床と過ぎると、再び海岸段丘から海を望む車窓となります。

IMG_7041 (640x480)


茶内で一人降りて4人、落石で高校生が2人乗り、乗客6人で終点の根室に向かいます。
距離にして135km、約2時間15分の列車にのった乗客、都合9人。
根室本線という名前の、北海道では幹線扱いの大動脈です。
朝早かったとはいえ、朝の通勤通学時間に走る列車です。

本当に、大丈夫なんでしょうか。
こんな調子だと、近い将来この線路がなくなってしまいそうで、心配です。

IMG_7050 (640x480)


根室駅にも顔ハメ看板がありました。
厚岸にくらべると、普通すぎて面白くありませんが、このあたりでは顔ハメ、流行っているのでしょうか?

IMG_7049 (640x480)

IMG_7051 (640x480)


札幌から根室まで530km、東京から大阪までの距離とだいたい同じ感じです。
やっぱり北海道は広いですね。

IMG_7048 (640x480)

根室は何度か来ていますが、納沙布岬まで行くのは、今回がはじめてなのでした。


<つづく>




行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/89-74b37358

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫