幻のタウシュベツ橋梁と、森のくまさん【2014‐秋‐北海道_14】 

 2014-11-12
■10月11日(土)


池肉林があったかどうかは皆様のご想像にお任せするとして、さて、翌朝。

いよいよ、幻の鉄道遺産、タウシュベツ橋梁探索へ向かいます。

タウシュベツ橋梁とは、旧国鉄士幌線にかかっていた鉄道橋で、糠平ダムの完成によってダム湖に沈む運命となりましたが、湖の水位によって見えたり隠れたりするため、幻の橋と言われています。

IMG_7407 (640x480)

例年は6月頃から湖に沈みはじめ、この時期には完全に沈んでしまっていることが多いようですが、今年はまだわずかに頭を出しているようです。

糠平の温泉街から三国峠に向かって車で10キロちょっと進むと、タウシュベツへ向かう林道の入り口となります。
しかし林道の入り口はこの通りクローズされています。

IMG_7397 (640x480)


その理由はこれ。

IMG_7396 (640x480)


それだけでなく、この先は悪路極まりないため、一般車両の通行は規制されていて入れないのです。
要は徒歩もダメ、自転車もダメ、車もバイクもダメ。
タウシュベツに行く方法は、糠平にあるNPO団体が主催するツアーに参加するしかない、と思っていましたが、帯広の知人曰く、管理する上士幌町で通行許可証をもらって鍵を借りれば行けるとのこと。

その結果、こうして開かずの門が開いたのです。

IMG_7350 (640x480)


僕たちのクルマ以外は誰もいないであろうダートの道を慎重に進みます。


ゲゲッ。


びっくりしたのはこの看板に対してではありません。

IMG_7351 (640x480)


どうみてもヒグマのフンにしか見えない物体を道路の真ん中に発見したからです。

IMG_7394 (640x480)


うーむ。
まだ車だからいいようなものの、確かに歩くのは100万円もらっても、ダメよ、ダメダメって感じです。


林道の駐車スペースに車を止めてから、糠平湖畔のタウシュベツ橋梁に向かうために歩かなければならない数百メートルの道が、怖いこと。

IMG_7390 (640x480)


実はこの日も風速10メートルはあろうかと思えるほどの強風で、森は終始ゴーゴー鳴っていて、熊除けの鈴とか音楽なんてとてもじゃないけど効き目がないのです。

気休めに、二人で大声で森のくまさんを唄いながら歩いたら、何とか無事でした。


たとりついた糠平湖畔は、もの凄い風。
湖が、まるで海のように波立っているのがわかりますか?

IMG_7377 (640x480)


風でしぶきが上がって虹ができています。

IMG_7376 (640x480)


そして振り返ると、そこにはタウシュベツ橋梁が。

IMG_7361 (640x480)


かろうじて頭の部分だけが水没を逃れていましたが、真ん中からうしろはすでに水の中に沈んでいます。

IMG_7358 (640x480)


もう少し水位が低ければ、水上に出ている半円が湖面に反射して、ちょうど眼鏡のように丸く映るはずなのです。

IMG_7365 (640x480)

 
IMG_7387 (640x480)


近づいて見ると、さすがに老朽化が激しく、いまにも崩れ落ちそうにも見えます。

IMG_7372 (640x480)


風さえこんなに強くなければ、タウシュベツ橋梁の上をコトコトと音を立てながら、古めかしい3両くらいのディーゼル列車が走る姿を思い浮かべながら、しばらくここにぼーっとたたずんでいたいところでした。



帰りは森のくまさんの2番を唄いながらスタコラサッサと森を抜け、なんとか車のある場所までたどり着き、無事に探索を終えたのでした。
もう少し水位の低い時期にまた来てみたいのですが、ちょうど冬眠前の活動期で、おまけに熊除けの鈴がまったく役に立たないほど森が轟くような強風の日にはもう二度と来たくない、と思いました・・・


帰り際、国道から湖越しにタウシュベツを展望できるスポットにも寄ってみました。

IMG_7402 (640x480)

遠くに、うすーく水面から顔を出しているのがタウシュベツ橋梁です。


タウシュベツがないところでも、糠平湖はちょうど紅葉の真っ盛りで、これらもまた絶景でした。

IMG_7409 (640x480)

IMG_7432 (640x480)

IMG_7431 (640x480)



<タウシュベツ編、終わり>






行きたくなったら1票ずつお願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  

よかったら、また来てください! →
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは
タウシュベツは冬に行ってきました
老朽化が激しいですよね
あと何年もつのでしょう・・・

とても浪漫を感じる場所です

私のブログにもタウシュベツの日記がありますので、よろしければ見てくださいね
【2014/11/15 00:05】 | 零 #- | [edit]
コメントありがとうございました。

北海道はかなり回られいてるようですね。
あとでブログの方にもお邪魔しますね。

よろしくお願いします。
【2014/11/15 01:43】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]
2度もタウシュベツ橋の近くを自家用車で行きながら、あまり興味が沸かずに見ることなく通り過ぎてしまった愚か者の私です。
なぜせめて展望台からでも見なかったのか、今になっては残念で仕方ありません。
でも、また車で行くことを信じて・・・。
そしてまだ橋が残っていることを祈りつつ・・・。
【2014/11/22 01:59】 | よっチィ #- | [edit]
こんにちは。
いつもありがとうございます。

僕もずっと昔、バイクで三国峠越えたことあるんですが、当時はまだ士幌線も糠平までは走っていたので廃線遺跡も今のように注目されることもなく、当然素通りでした(タウシュベツ橋梁なんてもちろん知りませんでした)。
次回ぜひ行ってみてください。橋はまだしばらく大丈夫でしょう。
【2014/11/22 21:22】 | Wanderlust (ワンダーラスト) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/94-9b7beb34

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫