fc2ブログ

四万十川サイクリング【2018GW四国B級たび‐9】

 2018-06-26
 
 前編「道路に刺さるクールなB級スポット手結港可動橋


万十川というと日本一の清流と沈下橋で、最近すっかり高知を代表する観光スポットとなりましたが、小学生だった僕がおばーちゃんちに遊びに行ってた昭和の頃はまだ観光客なんて誰もいなくて、近所のみーちゃんと一緒にすっ裸で川に飛び込んで、そのままいつまでもどこまでも泳いでいられるくらいだったのでした。

・・・と、いかんいかん、いきなり妄想に入ってた。
四万十にばーちゃんちなんてなかったし、みーちゃんも小学生になってさすがにすっ裸じゃマズイだろ。。。

ま、でもちょっと前までは、四万十川なんて沈下橋から川に飛び込む「川ガキ」の遊び場だったんですよね。
だから井上陽水さんの「少年時代」が僕の四万十川のイメージ。日本人のDNAにしみこんでいる甘酸っぱい夏の思い出、みたいな感じですかね。

summer-03.jpg
🄫四万十市観光協会


おととしの初夏、何日か四国を回ったときにちょっと時間を作って初めて夏の沈下橋に行ってみたのですが、これがやっぱりよかった。それで今度はいつかこの四万十の沈下橋めぐりをしてみたいな、と思っていたのでした。


晴れてなければ四万十へ行くのはやめようと思っていたのですが、3日目、高知の朝は素晴らしい天気。

DSC08518 (640x480)


土佐電鉄沿いのホテルに泊まっていたので、高知駅に戻らずに、路面電車でJRの朝倉駅まで行って、そこから列車に乗ることにしたら、朝倉駅のすぐ近くに高知大学がありました。

DSC08520 (640x480)

おおお、高知大学!
僕には縁もゆかりもなさそうな地方の国立大だけど、新入社員研修で同じクラスだった女の子が高知大学出身だったな。
南国高知の出身っぽくない、色白でちっちゃくてかわいらしい女の子だったけど、僕のこと覚えてるかな?

なーんてまたまた妄想しながら構内をぶらぶらしてたら危うく列車に乗り遅れそうになりました。。。


朝倉駅から特急で四万十川河口の町、中村へ。

DSC08529 (640x480)



続きは新サイトに移動しました。
ぜひお読みください
     ↓

四万十川の沈下橋めぐりサイクリングに挑戦!【高知県】



ブログランキングに参加しています!
行きたくなったら1票お願いします(笑)→ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ  
関連記事
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://mousoukiko.blog.fc2.com/tb.php/603-4f38df18

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫